一覧へ戻る

ことばの決まりごとは「文法」だけではない

高校1年生 ことばの決まりは文法だけでなく文よりも大きい談話や文よりも小さい単語ごとにもつながりがありことがよく分かった。もっと様々な英語を知りたい。
高校2年生 英語にもいろいろあるのだなと思った。こういう特別な事は少し興味がある。
その他 とても優しく分かりやすい授業をありがとうございました!これからもがんばって下さい。
高校2年生 大学の専門的な内容だったが、わかりやすい説明でよく理解できました。もっと文法にこだわろうと思いました。
高校1年生 具体例をとりあげてくださったので分かりやすかったです。
高校1年生 とても興味深かったです!!
高校1年生 文法だけではないとしって英語は奥が深いなと思いました。
高校1年生 普段あまり考えないことを知れました。これから英語を勉強するとき、少し考えてみようと思いました。英語は難しいですが、少し興味をもてたと思います。
高校1年生 英語についての興味が高まりました。
高校2年生 とてもご貴重な構演をありがとうございました。興味深い内容で、新たな発見があったのでこれからも、構成に注目していきたいと思います。
高校1年生 自分も英語を強みにしたいので文法はもちろん別の要素にも力を入れたいと思いました。
高校1年生 私は文係に進もうと思っているので、文法について学べてうれしかったです。
高校1年生 細かい所まで1から教えてくれました。とても分かりやすかったです。
高校1年生 タイトルにひかれて受講しましたが、本当におもしろかったです。
高校1年生 英文法についてじっくり考えることが新鮮で、とてもハイレベルな講義だったなと思います!
高校1年生 自分で理解するのは難しいが、いつかわかるようになりたい。まずは基礎的な英語を修得できるようにしたい。
高校1年生 文章だけでなく段落や単語についても知ることができてよかったです。
高校2年生 文法いがいにも決まりがあることを知った。少しむずかしかったけど、自分でしらべてもう少し理解したいと思いました。
高校1年生 難しく考えがちな文法でも、決まりを理解することで訳すことが簡単とまではいかないが訳しやすく感じた。
高校2年生 私も3つの例文を学生さんと同じように訳してしまいました。まだまだたくさん決まり事はあると思うけれどこれからの勉強を通して、もっと知識を広げていきたいと思います。
高校2年生 プリントがとても分かりやすく見やすかったです。複雑な英文を自然な日本語に和訳するのはとても難しいなと思いました。
高校2年生 様々なことを知ることができた。
高校1年生 今まで考えでことのなかったことがよく理解できた。
高校1年生 自分自身かんちがいしていてことが多いのではないかと思いました。このこうぎで、もっとそういったことを知りたいと思いました。
高校1年生 今は単語やイディオムで覚えるので精一杯ですが、今日の講義のように、規則をみつけることができたらもっと英語を学ぼうと思うことができると思いました。
その他 文より小さな単位(語)文より大きい単位(談話)の決まり事について理解がよくできました とても分かりやすかった。
高校2年生 単語の使い方がよくわかってよかったです!
高校2年生 英語の文法やそれよりさらに根本的なプロセスの話をした。英語のつくりについて興味をもった。
高校2年生 英語の文法について、普段勉強していた内容と違う視点から考えることができたのでよかったです。
高校2年生 そういうことだったのか、とよくわかり、英語が少しおもしろいのでは?と思いました。ありがとうございました。
高校1年生 細かな英語のちがい(「が」と「は」)の説明がわかりやすく、面白く、少し興味が湧きました。
高校1年生 英語がそんなに好きじゃなかったのですが、先生の教え方が上手で少し興味を持てました。
高校1年生 少しむずかしくてついていけないところがあった。
高校1年生 英語は学校で学んでいる文法だけでなく前後の文脈や単語、塾語の意味もしっかり理解することが大切だと知った。
その他 英語に対する新たな道が開けました。
高校1年生 分かりやすかった。
高校2年生 英語の長文を読むのが苦手だったが、話しを聴いて、できそうな気がしてきました。
高校1年生 文法はもちろんですが、単語や談話といったものにも決まりがあることを学べて良かったです。談話にも決まりがあるということにややこしいと感じました。
高校2年生 節や句をこえて、語や談話にも決まりごとがあり、とても勉強になった。新しい発見ができました。
高校1年生 英語のことを深く知れました。
高校1年生 英語には文だけでなく単語や文とのつながりにも決まりごとがあると知って面白かった。
その他 主語の次にくる「が」、「は」の違いまでも英語にはあるということが分かりました。
その他 先生に最初に出していただいた問題は間違えてしまいましたが、その仕組みは分かりました。今後、意味を意識し、学習していきます。
高校2年生 英語といったら文法だと思っていたので予想外の視点からのお話で面白かったです。
高校2年生 今までは、言葉の決まりと言われても頭に浮かぶ言葉は「文法」くらいしかありませんでした。しかし、この講義を通して、言葉には様々な決まりがあるということがわかりよかったです。
高校2年生 ずっと英語が苦手で理解できないかと思っていたが、初歩的なところから教えてくれて安心した。
高校1年生 いままでなんとなく文法どおりにやっておけばいいという考えが変わったので、これから色々な規則を理解していきたいと思います。
高校1年生 まず、英語に古いものと現代のものがあることを初めて知りました。談話の決まりごとがとても興味深かったです。貴重な講義をありがとうございました。
高校2年生 おもしろかった。文法だけでなく“語”という単位でルールを知れた。
高校3年生 今は受験に向けて形で覚えている文法にも、そういう決まりが生まれた理由や背景があることを知りとてもおもしろかったです。
高校2年生 英語の中で1番苦手な文法についてポイントをピックアップしてくださってとても分かりやすかったです。文法がんばりたいと思います。
高校1年生 英語のやくし方で悩んでいましたが、少し解消された気がしました。
高校1年生 正しい英語を目指すためには文法必要なのだとあらためて感じることができました。
高校2年生 ことばの決まりごとについてよく理解できました。文法だけでなく大切なこともあると分かりました。
高校1年生 文法をまずしっかりと覚えること、そしてことばのきまりを知ることが大切と言うことがわかりました。
高校1年生 英語は難しいけど、重要なポイントをりかいすれば簡単だということが分かりましタ。
高校1年生 英語の長文の読み方の姿勢を変えてくれるきっかけとなりそうな授業だった。
高校2年生 文法についてしれた。
高校1年生 後半は自分にとって少し難しい内容でしたが、英語の知識を増やすことができてよかったです。これからの英語の学習に役立てていけたらいいなと思います。
高校1年生 英語の単語にも、決まりごとがあるということを知れて良かったです。
高校1年生 文法や単語の決まりごとを知らないと過ちをおかしてしまうということを知りました。文法や単語の決まりごとをこれからも学んでいきたいです。
高校1年生 文法というのは助動詞や前置詞などの文構成のものだけだと思っていたのですが単語自体や談話にもあると思うと少し気が遠くなりました。
高校1年生 英語の決まりごとを1つずつ慎重に理解することで、文法などの理解度がだんだん深まっていくんだなと思いました。
高校1年生 最初はとても難しいと感じましたが、例文の解説(?)が分かりやすかったです。
高校2年生 私は、英語が苦手で勉強の仕方がわからなかったけれどやり方がわかってよかったです。
高校2年生 普段は文法ばかり学んでいてあまり意識することがなかった部分に触れることができて、面白かったです。
高校1年生 説明がわかりやすかったです。
その他 ・文法の決まり事が理解できた。今後さらに理解を深めたい。
高校2年生 とても間違うことの多い、英語のパターンをいくつも紹介していただき、とても勉強になりました。
高校1年生 英語での単語や文章の日本語のやくしかたについて色々と学べました。
高校1年生 やはり英語は奥深いと思った。もっと学びたい。
高校1年生 英語の文法についてあまり深く考えたことがなかったので、新しい視点から考えれて面白かった。
高校1年生 まだちゃんと知らなかった、習ってなかった事も教えて下さったので、予習になりました。今日は分かり易い説明、ありがとうございました。
高校2年生 質問ブースにて丁寧な対応ありがとうございました。
高校1年生 高校英語では学べない、単語の構成の法則や、文の集まりにおいての規則など、これからの英語で役立ちそうだ。
高校2年生 講義の2つ目「談話」についてはとても興味がわきました。英語をさらに好きになれるような気がします。
その他 un+動詞、他動詞+able、名詞+形容詞の複合語などの訳し方がわかった。私も間違いを恐れず英語を使おうと思った。
高校2年生 すごい分かりやすくて聞くことができてよかったです。ありがとうございました。
高校3年生 私は英語が得意ではないんですが、とても分かりやすくて、すぐ理解ができました。テストなどの時に教わったことを活用してみたいと思いました。
高校2年生 とても勉強になりました。今回学んだことを、これからの、英語の勉強に生かしていきたいと思います。
高校2年生 長文がよみやすくなりそうだった。
高校2年生 自分が今まで習ってきた英語の中では、得られなかった文法・単語の決まりごとを新しく知ることができました。
高校1年生 文法では文法にとりしばられるだけでなくそもそも視点を変えてとらえればいいと思った。
高校1年生 文法のほかに単語や文のかたまりにもきまりがあることをはじめて知った。とくに単語はルールなんてないと思っていたからおどろいた。
高校2年生 自分に足りない文法について勉強できてよかったです。
高校1年生 談話と語も分かるように勉強をがんばりたいと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 いわゆる文法だけではない決まりを知っていくと、もっと英語の魅力を感じるなと思いました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • ネイティブスピーカー 、
  • 日本人 、
  • 語源 、
  • 歴史 、
  • 単語 、
  • 翻訳 、
  • 意味 、
  • 英語 、
  • ラテン語 、
  • バイキング 、
  • イギリス

講義No.g009606

「smoke-free」、どう訳しますか? 翻訳の落とし穴に要注意

smoke-freeを誤訳してしまう理由

 日本人が意味を間違えやすい英語に、smoke-freeのような名詞と形容詞のくっついた複合語があります。「自由に喫煙していい」と訳してしまいがちですが、freeは名詞とくっつくと「~から逃れられる」という意味を持つため、smoke-freeの正しい訳は「禁煙の」です。tax-freeやbarrier-freeと同じです。こうしたことは英語が母国語なら感覚的に判断できるのですが、日本人はなぜか特定の名詞を動詞的にとらえてしまうことがあります。

目的語が文頭にくるときの訳し方

 例えばBananas, John likes.という英文があります。バナナを強調するため文頭に持ってきたと考えて「ジョンはバナナが大好きだ(ジョンが好きなのはバナナなんだ)!」と訳すのもあながち間違いではないのですが、ネイティブスピーカーからすればニュアンスが違います。厳密に言えば、「バナナと言えば、ジョンが好きなものですが」くらいの感覚なのです。目的語を文頭に出しているのは強調というより話題の宣言で、後の文でそのことについて語るため、あらかじめトピックを提示しているのです。

シャツとスカートは同じもの?

 自転車のpedal、歩行者はpedestrian、足に塗るマニキュアをpedicureと言います。いずれもpedで始まるのは、そこに「足」という意味があるからです。一方、足を意味する単語にfootがあります。これら ped と footははるか大昔に同じ語であったと考えられています。今の英語に両者が存在するのは英語にラテン語 (フランス語) が混じりあった結果にすぎません。
 ほかにも同種の例があります。シャツとスカートは共にshortが語源ですが、シャツは英語、スカートは北欧人由来の語です。英語には、バイキングやノルマン人がイギリスに入り込んだことにより、少し意味や発音の異なる、対(ペア)をなす語が多くありますが、歴史をたどることでその謎が解けるのです。

この学問が向いているかも 英語学、(歴史)言語学

立正大学
文学部 文学科 英語英米文学専攻コース 教授
児馬 修 先生

メッセージ

 言葉にはさまざまな決まりごとがあり、その上で成り立っています。目の前にあるひとつの単語、ひとつの文にとらわれるのではなく、前後の文脈も踏まえながら書き手の言いたいことをくみ取るようにしてください。また言葉は世代間で引き継がれながら、少しずつ変化してきたという側面も持っています。英語も例外ではなく、今から1000年前に書かれた文章となるとネイティブでも読むことができません。しかし少しずつ探っていくと腑(ふ)に落ちるところがあり、そこが言語学の面白さでもあります。

先生の学問へのきっかけ

 英語が好きで、将来は英語の教員になるつもりでした。進学先の大学には、1学年30名ほどの学生に対し、20名近くの英語の先生がいて恵まれた環境でした。樹系図のように言葉の構造を説明できるのが面白く、英語という言語そのものに興味を持ちました。英語の研究は大きく分けて、今使われている言葉に注目するのと、言葉を歴史的にとらえるのとの2通りあるのですが、共に魅力的な教授がいてどちらも捨てがたく、両者をまたがる形で研究を始めました。そして古い英語で書かれた文献を読むうちに、歴史的な研究にひかれていきました。

大学アイコン
児馬 修 先生がいらっしゃる
立正大学に関心を持ったら

 立正大学は、人間・社会・地球をトータルでケアできる人材を育成する8学部15学科を有し、多彩な学問分野において広く深く学ぶことができます。加えて充実したキャリア形成支援により、社会の多方面で活躍する優れた人材を輩出しています。本学は1872年(明治5年)東京・芝に開校の起点となる小教院を設立し、2019年で開校147年を迎えました。品川キャンパスは山手線2駅から徒歩5分の都市型キャンパス、熊谷キャンパスは東京ドーム約8個分の広大な自然環境型キャンパスをもつ、学生数1万人を超える総合大学です。