一覧へ戻る

栄養・食生活に関する質問にお答えします!

高校1年生 管理栄養士に興味が前からあって、話をとても聞きたいと思っていて、話を聞いた後、天野先生の話をもっともっと聞きたいと思ったし、もっともっと学びたいと思いました。
高校1年生 自分の興味のあることについて深く理解できて良かった。
高校1年生 今の私達の年代に興味がありそうな事を話題に取り上げて、わかりやすく説明されていて、こういう学問なんだと知ることができました。
高校1年生 栄養士の仕事についてわかりました。
高校2年生 管理栄養士いろいろな所で活躍していることをしった。
高校2年生 管理栄養士に求められる思考、科学的根拠に基づく答えが必要など、とてもよくわかりました。また医療の現場でも管理栄養士が活やくしていることは、初めて知りおどろきました。
高校2年生 脳は体重の2%しかないのにもかかわらず、消費エネルギーの20%ものエネルギーを使っていることを知り、大変おどろきました。また、因果関係と相関関係の違いについてもお話され、より食事と人間の関係性を知ることができました。
高校1年生 因果関係・相関など国語や数学の用語がここまでおもしろかったです。でも、検証など科学根拠に基づきすぎていて難しかったです。
高校1年生 普段気になっている食への疑問を解決することができました。ダイエットに効く食品はないんだなと思いました。
高校1年生 管理栄養士がどのようなところで働けるか、仕事の内容がくわしく知れて、将来に役立てることができるなと思いました。
高校2年生 栄養について学び栄養についてまた知識が高まりました。
高校2年生 よく聞く疑問を様々な観点から考えて、答えていくのが大変そうだけど楽しそうだなぁと思った。
高校2年生 かんりえいようしがいろいろな所でかつやくしているのが分かった。分かりやすくせつめいしてくれてきょうみがわいた。
高校1年生 もっと興味がわきました。
高校1年生 元々、食生活の事に関して知識はあまりありませんでしたが、30分間で高校生に関する質問の答えなどで良く分かりました。ありがとうございました。
高校1年生 QとAで経験しながらきくことができてよかった。
高校1年生 私はアレルギーの人のために役立ちたいということからこの講座を受講しました。多くの働く場があることを知れてよかったです。
高校1年生 管理栄養士の活やくや、分野があるということを知れて良かったです。「食」対する質問と答えについてもくわしく知ることができました。
高校2年生 生活リズムは、とても大切だと思いました。特に朝食を食べる食べないで全く違う事を学びました。これからしっかり朝ご飯を食べます。
高校1年生 管理栄養士についてぜんぜん知らなかったけど、今回でいろんなことを知ることができました!ありがとうございました!
高校1年生 より強くこの分野の仕事につきたいと思えた。
高校2年生 管理栄養士とは、どのような職場で働くのか、どのような力を身につけるべきかわかった。
高校1年生 食事や栄養についてのぎもんの答えが分かってよかったです。
高校1年生 医療栄養士は病院だけじゃなく福祉や企業など幅広いところで活やくしていることを知りました。
高校1年生 私は小さい頃から看護師をめざしていましたが先生の話を聞いて、栄養士もたのしそうだなと思ったのでこれから調べてみようと思います。
高校1年生 とても参考になりました。将来の進路にしたいです。
高校1年生 先生の話を聞き、知らなかったことをたくさん知ることができ、もっと興味を持ちました。
高校1年生 管理栄養士は栄養だけでなく、医療の知識も必要とされるとは知りませんでした。仕事の種類も沢山あって、将来の夢が広がりました。もっと深く学びたいです!
高校2年生 「管理栄養士としてだったら、この質問には、このようにして答える」というように、一つ一つに納得させられる講義でした。将来に役立ちそうです。
高校1年生 栄養学についてくわしく知ることができうれしかった。
高校2年生 とても参考になりました。栄養士とはどのような仕事かを知れてよかったです。
高校2年生 管理栄養士にも、さまざまな種類があることがよくわかりました。講義を受けて、ぜひ人を助ける管理栄養士になりたいと思いました。
高校1年生 かんりえいようしをもっとがんばってめざしていきたいとかんじています。
高校2年生 管理栄養士の仕事内容をはじめ、自分達の聞きたいと思う疑問を論理的に解決して頂いたので、聞いてためになり、楽しかった。
高校1年生 栄養学に興味があったのできけてよかったです。
高校1年生 管理栄養士についていろいろ教えてくれてありがとうございました。成績を伸ばすためには朝食をしっかり食べることが大切なことをよく分かりました。
高校1年生 とてもわかりやすく自分の中で持っていた疑問などが解決しました。栄養学というのは科学的に基づいた指導をしているとうことがわかりました。
高校2年生 とても分かりやすい説明をして頂いて、管理栄養士さんへの興味が高くなりました。また身近な話題で栄養の答えをしてくださって分かりやすかったです!!ありがとうございました。
高校2年生 栄養学は食だけと思っていたけどそんなことなくて、医療や保健に深くかかわっていて、おもしろいと思いました。
高校1年生 身近な疑問を元に講義をしていただき、分かりやすかったです。更に興味が深まりました。
高校2年生 栄養学についてすごく分かった気がします。これからもっと調べていこうと思います。ありがとうございました。
高校2年生 栄養士には2つの種類があり健康や治療のためにいろんな場所で活躍できることが分かった。
高校1年生 優しい対応でとても聞きやすかったです。
高校1年生 食べ物の情報を、うのみにせず、考え、知識を増やしていこうとおもった。
高校1年生 興味ある話が聞けてうれしかったです。
高校1年生 管理栄養師はチーム医療を行う時に大切な役割だと思いました。また、疑問に対して様々な面から見ることが分かりました。
高校1年生 管理栄養師にもたくさんの種類があることにびっくりしました。その中にも、病棟栄養管理かチーム医療をやりたいなぁーと思いました。
高校2年生 元から、この分野には興味があったので、聞けてよかったです。知らないことも知れたので、いい経験ができました。
高校2年生 年齢によって、食生活の悩みが違うのだと思った。
高校1年生 もっと勉強してくわしくしりたいと思いました。
高校3年生 管理栄養士のことがよく分かった。栄養に対する疑問を科学的な根拠にもとづいて結果を出すことがよく分かった。
高校1年生 生活にかかわるような問題について知りました。高校生目線の講義でとてもためになりました。もっといろんなことを知りたいと思えたのでよかったです。
高校2年生 あまり、知らない職業だったので知れてよかったです。とても深い講義でした。
高校2年生 その仕事につけるようがんばりたい。
高校1年生 とてもわかりやすかったし、栄養の興味がさらにわきました。
高校1年生 話し方が聞きとりやすくて、いろんなことを理解できました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 栄養学 、
  • 情報 、
  • 食品学 、
  • 治療 、
  • 予防 、
  • 病気 、
  • 健康 、
  • 医療 、
  • ダイエット 、
  • 食事 、
  • 管理栄養士

講義No.g008252

高度な専門知識と技術で健康な人も病気の人も「食」で支える管理栄養士

予防栄養と治療栄養の2つの分野

 管理栄養士の仕事は、「予防栄養」と「治療栄養(栄養療法)」の2つの分野に分かれます。
 「予防栄養」の分野では、健康な人がより健康を持続できるように地域の保健所・保健センターなどで栄養指導にあたります。また、学校や企業などでの給食管理や食育教育もこの分野です。一方、「治療栄養」の分野では、病院などの医療施設で、医師の指示のもと、病気の治療や再発防止のために、病気の人の栄養状態を判定して必要な栄養素量を算出し、適切な栄養処方を行います。

食や栄養に関する質問の回答の導き方

 世の中には食や栄養に関する情報がたくさんあふれています。例えば「ダイエットに効く食べ物○○」は関心の高い情報ですが、果たしてダイエットに効く食べ物はあるのでしょうか? 答えは、「ありません」。「効く」という言葉は用法・用量が定められている医薬品などに使われるもので、その意味では一般的な食べ物は「効かない」のです。このように、科学的な根拠に基づいて情報の取捨選択の方法を伝えることも管理栄養士の役割のひとつです。

高度な専門知識や技術があるから適切な支援が可能

 管理栄養士の免許取得には、「食品学」「食品衛生学」「基礎栄養学」「調理学」など基礎科目の修得が必要になります。また、人間の身体の仕組みを知る「解剖学」、食べ物が体の中で代謝変換されることを知る「生化学」、病気の原因を学ぶ「病理学」など、基礎知識の修得範囲はかなり広くなります。さらに、臨床栄養学、応用栄養学、公衆栄養学などの専門科目や実験・実習・臨地実習科目の習得が必要です。
 これらの高度な専門知識や技術を習得した管理栄養士は、病気の人の血液や尿などの検査データや、身長や体重、体脂肪率などの測定データ、臓器の画像解析データなどを基に栄養状態を判定し、適切な栄養処方のプランニングができるのです。また、健康な人には栄養バランスのとれた食事のとり方など健康づくりのための食生活習慣の確立と自己管理法をアドバイスできるのです。

この学問が向いているかも 栄養学、臨床栄養学、公衆栄養学

甲南女子大学
医療栄養学部 医療栄養学科 准教授
天野 信子 先生

メッセージ

 「食」は、すべての人にとって生きる基盤です。食と栄養のプロフェッショナルである管理栄養士の業務は、健康な人にも、病気の人にも役立てることができます。そのために管理栄養士は食と栄養、人体に関する基礎を学び、さらに専門性を培うための高度な知識や技術を習得します。
 その結果、科学的根拠に基づいて適切な栄養処方を行う能力が養われ、身の回りのさまざまな栄養情報を正しく取捨選択することもできるようになります。大学で高度な学問を学ぶことは、生涯を通した健康の自己管理にも生かすことができるので、価値あることです。

先生の学問へのきっかけ

 管理栄養士として、地域住民を対象にした生活習慣病の予防教室や健康づくり教室を担当していました。この経験を生かして、厚生労働省研究班による血清コレステロールの低下教育や減塩指導による血圧の低下教育など栄養教育の効果判定を行う研究プログラムに参加することになりました。この研究は公衆衛生分野の研究室との共同研究で主に食事調査と栄養教育を担当したのですが、これを機に疫学研究手法の修得の必要性に気づき、医科大学で学び、現在の栄養と疾病の関係を明らかにする栄養疫学や食育などの研究の道に入ることになりました。

大学アイコン
天野 信子 先生がいらっしゃる
甲南女子大学に関心を持ったら

 学園創立から間もなく100年。甲南女子大学は、長い歴史と伝統を受け継ぎながら、国際都市・神戸で女性の自立と活躍を支えます。
 
 2018年4月に、【医療栄養学部医療栄養学科】を開設しました。今、医療の現場では、管理栄養士がチーム医療の一員として活躍する動きが進んでいます。あらゆる病気の予防・治療をうながす「食」の正しい知識が、医療の各分野で求められているからです。そんな未来を見すえ、「医療に強い あしたの管理栄養士」を育てます。