一覧へ戻る

ソーシャルワーカーとコミュニケーション

夢ナビライブ2018大阪会場にて収録

1分動画1

講義を視聴する(1分)

1分動画2

講義を視聴する(1分 その2)

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 疑似体験をいろいろさせていただいて、すごくわかりやすかったです。私にむいていると言われていた仕事でもともと興味がありましたが、もっとたくさんのことを知りたいと思いました。
高校2年生 私は福祉系の仕事につきたいと思っていたので、先生の話が聞けてよかったし、もっと福祉系の道に進みたくなりました。
高校1年生 社会の福祉の基本を知ることが出来てよかったです。
高校2年生 どのような態度で人の話を聞くと、より話し手の気分が上がるのかが分かった。
高校1年生 話し手、聞き手に分かれて、体験する機会があり、表情やうなずきが大切なんだな、とよく分かりました。思っていた以上に楽しかったし、分かりやすかったです!
高校1年生 実技でやるものが多く、分かりやすかった。先生ハキハキしてよかった。
高校2年生 初めはソーシャルワーカーの役割が分からなかったが、くわしく説明され、よく分かった。私は人助けの仕事がしてみたいと思うので介護やコミュニケーションの分野にも興味を持てました。
高校2年生 参加型の議義でおもしろかった。自分たちで、ソーシャルワーカーの大切な所を実感できた。
高校2年生 1分間のがあったりしてたのしかったです。表現や姿勢などが大切だとわかりました。非げんご的コミュニケーションがわかりました。
高校1年生 ソーシャルワーカーに必要なことがよく分かりました。そして、ぎじ体験をすることで、よりよく理解することが出来ました。ありがとうございました。
高校1年生 「ソーシャルワーカーって何?」と、全く知らなかったのですが、講義で知ることができました。ありがとうございました。
高校1年生 ソーシャルワーカーが、どんなコミュニケーションをしたらよいか分かりました。
高校1年生 コミュニケーションについてよくわかりました。人との接しかたについてもっと気にかけたいです。
高校2年生 福祉について具体的にイメージすることができました。自分がどんな角度からどんな人を支えていきたいのか考える機会になりました。
高校2年生 コミュニケーションはいろいろなことに注意しなければいけないことがわかりました。
高校2年生 コミュ力が低いという理由で、受講しましたが、コミュニケーションを取るには受容・姿勢・共感の3つが大事だし、また傾聴も大事ということが分かりました。
高校1年生 実際に体験することができたりしてとても理解しやすかったし、より感心を持てました。ありがとうございました。
高校1年生 ソーシャルワーカーは、非言語的コミュニケーションが大切で、相手に対して傾聴、共感、受容が大切であるということを知れて良かったです。
高校1年生 相談員の話すときの方法などを知って困っている人を助けるときは気をつけることがたくさんあるなと思いました。
高校2年生 擬似体けんをすることができて、ソーシャルワークについてとても理解できた。
高校3年生 ただ相談にのるだけでなく愛容、傾聴、先感の3つなどが大切であることがよくわかったです。
高校1年生 模擬体験授業であることによって、ソーシャルワーカーの意識のあり方みたいなものがよくわかりました。楽しく授業がきけました。
高校1年生 知らない人と話すのは少し怖かったけど、親しくなれたし楽しかったです。
高校2年生 コミュニケーションをとるとき、受容、聴く力、共感がとても大切だとわかりました。将来、社会で生かせることを学べてよかったです。
高校1年生 ソーシャルワーカーは何をするのかまったく分からなかったけど、今回の講義で知ることができた。基本的な態度や非言語コミュニケーションは日々の生活で役に立つと感じました。
高校1年生 聞くだけでなく、ペアワークなど飽きない授業だった。
高校2年生 少し興味がわいた。分かりやすくてよく頭に入った。コミュニケーションの大事なことを学べた。福祉もいいなぁと思った。
高校1年生 聞き手になった時に、無表情でいようと思っても無理でした。非言語的コミュニケーションも大事だなとあらためて思いました。グループを作って演習するのが楽しかったです。
高校2年生 “コミュニケーション”を、言語的なものとしかとらえていなかったのですが、講義で非言語的な部分の重要さを知りました。ありがとうございました。社会学に興味がわきました。
高校2年生 コミュニケーション力のない自分は、うまく、人と話せることができるかいつも不安です。でも勇気がでました。ありがとうございました。
高校1年生 自分たちが参加してできる授業だったのですごく楽しかったです。ソーシャルワーカーは色々なことに気をつけないといけないのですごい職業だと思った。
高校2年生 わかりやすく、ロールプレイを通して楽しく学べました。福祉への関心が今までよりも高まりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 非言語コミュニケーション 、
  • 児童 、
  • 面接 、
  • 社会福祉士 、
  • 高齢者 、
  • ソーシャルワーカー 、
  • ビジネス 、
  • 地域 、
  • 共生 、
  • 社会福祉 、
  • 生活 、
  • 人権 、
  • 障がい 、
  • 教育 、
  • 医療 、
  • コミュニケーション

講義No.g009141

社会福祉の専門職―ソーシャルワーカーの役割と基本態度・技術

社会福祉とソーシャルワーカーの役割

 社会福祉とは人権がまもられ、誰もが社会から排除されることなく、自分らしく生きていける、そして共生できる社会の実現をめざす総体のことです。そして、社会福祉の実践を担う専門職がソーシャルワーカーであり、国家資格の名称が社会福祉士です。
 ソーシャルワーカーの役割は生活課題のある人に対して、その人の能力を生かすとともに、さまざまな人々と連携しながら、福祉関連の支援や制度を活用し課題を解決、軽減することです。加えて、地域の福祉課題を発見し、その解決に向けて地域の人々を結びつけたり、新たな支援をつくりだす役割もあります。
 ソーシャルワーカーが活躍する分野は児童、障がい者、高齢者をはじめ、生活困窮、地域、医療、教育、司法、福祉ビジネスなど幅広くなっています。

ソーシャルワーカーが備えるべき基本態度

 ソーシャルワーカーによる支援では、人とのコミュニケーションが欠かせません。また、利用者から信頼されることが重要です。そのためには利用者と出会う場面、例えば、利用者との相談支援面接における態度が大切になります。
 この面接におけるソーシャルワーカーの基本態度としては、受容・傾聴・共感が求められます。受容とは利用者の存在をあるがままに、温かみをもって受け入れること、傾聴とは利用者の話にじっくりと耳を傾けること、そして、共感とは利用者の気持ちや感情をわが身のことのようにとらえ、その心情を深く理解することを意味します。

必要となるコミュニケーション技術

 ソーシャルワーカーが利用者とかかわる際には上記の基本態度、そして言語的コミュニケーション(音声や文字によるメッセージのやりとり)とあわせて、非言語的コミュニケーションが大切になります。非言語的コミュニケーションとは、表情、動作、服装など非言語的な記号によるメッセージのやりとりのことです。ソーシャルワーカーは、非言語的コミュニケーションにも留意して利用者とかかわり、良好な支援関係を築くことが求められます。

この学問が向いているかも 社会福祉学

桃山学院大学
社会学部 社会福祉学科 准教授
梅谷 進康 先生

メッセージ

 人は、さまざまな生活課題を抱える場合があります。例えば、育児・介護と仕事の両立、居場所や人とのつながりがない社会的孤立、経済的困窮、障がいなどです。
 そのような生きづらさに対して、社会保障制度、地域社会、福祉専門職による支援、利用者本人や家族などの取り組みによって、解決していくものが社会福祉です。
 この学問では人権について学ぶとともに、人と人との関わりや地域づくり、社会の仕組みを学びます。あなたも、生活に直結し、人の役に立つことが直接的にわかる学問である社会福祉について学びませんか。

先生の学問へのきっかけ

 大学卒業後、高齢者福祉施設でソーシャルワーカーの仕事をしていました。福祉現場で実際に利用者とかかわりをもちながら、社会福祉をさらに専門的に学ぶため大学院に通い、その後、研究者の道へと進みました。専門はソーシャルワークと高齢者福祉で、現在は地域包括ケアシステムの研究を主にしています。研究とあわせて、大学生のみならず地域住民や福祉専門職を対象にした教育活動、社会貢献として複数の市の行政計画策定や進捗管理の委員、そして社会福祉法人の理事も務めています。

大学アイコン
梅谷 進康 先生がいらっしゃる
桃山学院大学に関心を持ったら

 大学4年間は、実社会で活躍する前の最終教育期間です。実社会で問われるのは、解決すべき課題を見出し、その課題を具体的に解き、そして実行する力です。この課題解決と実行のためには物事の本質を見抜く力を自らが獲得していかなければなりません。
 桃山学院大学は「自ら学ぶ力」をはぐぐむ大学。勉学、クラブ活動、ボランティア活動、海外研修、キャリア支援など、学生が自身の能力を自覚し、4年間で磨き上げていくための環境整備に力を入れています。
 みなさんも桃山学院大学で「自ら学ぶ力」を身につけませんか。