一覧へ戻る

高校生×わかりやすいリハビリテーション

夢ナビライブ2018大阪会場にて収録

1分動画1

リハビリの医療スタッフとは?

1分動画2

様々なケガやその症状

1分動画3

理学療法について

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 りょうほう士には種類が2種類あって、それぞれやっていることがちがうことがわかりました。
高校1年生 理学療法と作業療法の違いがあまりよくわかっていませんでしたが、違いがよくわかりました。
高校1年生 リハビリテーションについて簡単にわかりやすく知ることができ興味がわいた。
高校2年生 私が思っていたリハビリテーションだけではなく、もっと幅広いリハビリテーションがしれたのでよかったです。
高校1年生 リハビリテーションには理学療法と作業療法があることが分かった。目的の違う2つの療法を知れて、考えが深まりよい話が聞けた。将来、生きていくうえで何かのプラスにしたい。
高校1年生 リハビリテーションの仕事の内容がよく分かりました。
高校1年生 リハビリについて、理解が深まった。理学療法と作業療法のちがいについて知れた。
高校2年生 今回の講義を聞いて私は、中学生の時に右膝脱臼骨折になって毎日の生活がたいへんで理学療法士にたすけられ憧れを持つようになり今日の講義を聞いて本気でこれから考えていこうと思いました。
高校1年生 理学療法と作業療法のちがいがわかりやすかったです。最後のまとめの表も見やすかったです。
高校2年生 すごくわかりやすくてたのしかった。
高校1年生 説明が分かりやすかったです。
高校2年生 リハビリテーションのことをよく知れるきっかけになったので、とてもよい時間が過ごせました。
高校2年生 産まれた時、また突然、障害にあった人たちの力になれならいいなと思えた講義でした。理学療法と作業療法の違いがよく分かりました。
高校2年生 理学療法と作業療法の違いを理解することができました。理学療法士への興味が分かりました。
高校1年生 リハビリテーションでは、理学療法と作業療法の2つがあることを知りませんでした。今回くわしく知ることができて良かったです。
高校1年生 リハビリテーションについて、表面的なことしか分からなかったけど、詳しく知れてよかった。
高校2年生 1つ1つていねいな説明をありがとうございました。すごくわかりやすかったし、もっと知ってみたいと思いました。
高校2年生 リハビリのことをざっくりとしたことだけ知ってたのですが、講義をきいて、細かいところを知り、リハビリについて、とても興味がでました。
高校1年生 将来についてよく勉強になった。
高校1年生 1つも情報を知らないまま、講義を受けたんですけど、とても分かりやすく興味をもちました!!
高校1年生 リハビリっていう言葉はきいたことがあったけど、くわしくは知らなかったので、おおくのことを知れてよかったです。
高校1年生 とてもくわしくわかりやすくリハビリテーションについて説明してくださったので、少し興味がわきました。
高校1年生 自分が将来したい仕事なのでためになった。
高校2年生 リハビリテーションについて、少し理解できた。けがや病気でつらい思いをしてる人を治すことはとても重要だと思った。
高校2年生 リハビリテーションという言葉しか知らなかったけど講義をきいてよく理解することができました。講義をきくことができてよかったです。
高校2年生 理学療法と作業療法について違いとかが改めて分かりました。知らなかったことも知れて、勉強になりました。
高校1年生 リハビリテーションについて、少しでも知れたのでよかった。少しむずかしいところもあったけど、きょうみをもてたし、たのしかったです!
高校2年生 リハビリのことについてたくさん知れました。これからの進路に役立てます。
高校2年生 丁寧でわかりやすく、すごくおもしろかったです。
高校2年生 作業療法と理学療法のちがいがよくわかりました。
高校1年生 リハビリはただ能力をもどすだけだと思っていたが、リハビリにも2種類あることや精神的なリハビリもあるとわかった。
高校2年生 とてもためになりました。ありがとうございました。
高校1年生 理学療法士が、どのような仕事を、どのような人を対象にするのかを知れました。
高校1年生 リハビリの中にも理学療法と作業療法があることをはじめて知りました。とても興味がでてよかったです。
高校1年生 将来について考えれました。
高校1年生 理学療法と作業療法について学びました。リハビリは、患者さんの日常生活を支えるすばらしい存在なのだとよくわかったのでよかったです。
高校1年生 父がリハビリの必要な体になってしまったことがきっかけできょうみをもちましたが、話をきいてもっと関心をもつことができました。
高校2年生 お疲れ様でした。理学療法などのリハビリに対する知識を深めることができてよかったです!
高校1年生 リハビリテーションの中でも、2つの療法があることを初めて知りました。最後の表にまとめられていたのが分かりやすかったです。
高校1年生 理学・作業療法のちがい、リハビリテーションについて知ることができてよかったです。
高校1年生 先生がその学問について学び、どういった知識を手に入れたか等がわかりました。リハビリにも多くの種類があり驚きました。
高校2年生 おもしろかった。
高校1年生 内容もわかりやすく医療に関するたくさんのことが知れたのでよかったです。
高校1年生 医りょう関係にきょう味を持てた。
高校1年生 理学療法士と作業療法士の違いがよくわかっていなかったので講義を受けれてよかったと思いました。
高校1年生 リハビリは、体のケアだけでなく心のちりょうもするとわかりました。
高校2年生 タイトルでわかりやすいと書いていたので私でも理解できるかなと思い講義を聞くととてもわかりやすく理解することができました。
高校1年生 これから、高齢化が進んでいく中で、リハビリを求める人が多くなると思うので大事だと思った。
高校1年生 分かりやすくて、理学療法と作業療法についてよく分かった。すごく楽しそうで、近くに良い学校があったらそこに進学したいと思った。
高校2年生 今までは、理学療法だけがリハビリテーションの仕事だと思っていたけど、作業療法などいろいろな仕事を知れて、関心が高まりました。
高校1年生 リハビリテーションの理学療法と作業療法の仕事について、理解できた。2つの仕事のちがいが初めてわかった。
高校1年生 リハビリにも、色々な役割があると分かりました。分かりやすかったです。
高校1年生 リハビリにもいろいろな種類があるということが分かりました。
高校1年生 作業療法士と理学療法士には、けっこう違いがあるんだなと思いました。
高校1年生 リハビリについて分かりやすかったです。
高校1年生 同じような内容の講義は聞いたことがあったけどさらに関心を深めることができた。
高校1年生 リハビリのやり方がしっかりわかった。わかりやすくて良かった!
高校2年生 リハビリケーションについてやリハビリの役割などについて知れてよかった。
高校1年生 リハビリステーションの役割についてよく分かりました。
高校2年生 とてもわかりやすくためになりました。リハビリについてもっと知りたいと思いました。
高校1年生 リハビリステーションのことをぜんぜん知らなかったけど聞いてとてもやりがいのある仕事だと思います。
高校1年生 正直、リハビリなどについては興味がなかったのですが友達についていって、講義を受けておもしろいなと興味が少しわきました。
高校1年生 高校生にも分かりやすい講義をありがとうございました。リハビリテーションのことがよく分かりました。
高校1年生 自分の将来についてよく考えれてよかったです。
高校1年生 題名通り分かりやすかった。
高校1年生 リハビリとは、何か、そのケガの治し方など、色々わかった。はなしがとても聞きやすく、リハビリに興味が持てた。
高校1年生 理学療法と作業療法のちがいがよくわかりました。
高校1年生 看護師のやることの一部が知れて良かったです。ありがとうございました。
高校2年生 理学療法と作業療法2つの違いが分かり易く学べた。
高校2年生 新たな生活を築いていくことが、中心的なリハビリテーション。すごく興味深い話ばかりで、とても面白かった。
高校2年生 ありがとうございました。
高校2年生 理学療法と作業療法の違いが今までよりもわかるようになりました。作業療法についてもう少し知りたいと思いました。
高校1年生 今までリハビリステーションについてあまり興味がなかったけど今回の講義でとても興味を持てました。
高校2年生 リハビリについての詳しい説明ありがとうございました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 心(こころ) 、
  • 身体 、
  • スポーツ選手 、
  • 障がい 、
  • 運動能力 、
  • 医学 、
  • 予防医学 、
  • 作業療法 、
  • 理学療法 、
  • リハビリテーション

講義No.g005439

理学療法と作業療法の違い

リハビリテーションは第3の医学

 医学は病気の根本的治療をめざして発展してきました。しかし、原因不明の病気や治療方法が確立していない病気もあり、障がいが残る病気も多くあります。治療を行っても残ってしまう肩のマヒや体の一部の切断などの身体的障がいや、精神的障がいがある場合、家庭や社会において生活することを目的とした支援をするのがリハビリテーション医学です。予防医学、治療医学に次ぐ第3の医学と呼ばれています。
 リハビリテーションの対象には、病気によって障がいが残った人だけではなく、生活上の困難、不自由、不利益がある人、例えば手足の弱った高齢者や妊婦も含まれます。また、現状の体の使い方を続ければ将来に障がいが起こることが予測されるスポーツ選手なども対象となります。リハビリテーションは、このような生活上の障がいのある人に対して行う、人生の質を高める支援です。

運動能力の回復をめざす理学療法

 リハビリテーションには大きく分けて、理学療法と作業療法があります。理学療法の対象は身体に障がいのある人です。運動によって訓練をしたり、温めたり冷やしたりして基本的な運動能力の回復をめざすものです。つまり、立つ、歩く、座る、寝返る、立ち上がるといった、生活に必要な基本的で大きな動作を行えるようにするのが理学療法です。

こころの障がいも対象とする作業療法

 作業療法は理学療法によって回復した大きな動作を使って、生活に必要な活動ができるようにするものです。例えば座って仕事をすることや、歩いて階段を上る、料理をするといった日常生活に必要な活動です。また作業療法では身体に障がいのある人だけでなく、こころに障がいのある人も対象となります。さまざまな作業を通じて生活能力を復活させ、社会適応能力の回復をめざします。
 理学療法と作業療法では対象・手段・目的が違いますが、両者は緊密に連携して、障がいのある人に対してリハビリテーションを行うのです。

この学問が向いているかも 作業療法学

藍野大学
医療保健学部 作業療法学科 教授
大西 満 先生

メッセージ

 あなたが将来、リハビリテーションの仕事をしたいと思っているなら、理学療法と作業療法の違いをよく調べて、自分はどちらに行きたいのかの意志をきちんと持って進んでほしいと思います。
 また、コミュニケーションする力を高校時代にしっかりと培って、磨いてほしいと思います。リハビリテーションにはいろいろな患者さんや医療従事者との出会いがあります。あなたのコミュニケーションする力が役に立つ場面がたくさんあります。この世界で出会えることを楽しみに待っています。

先生の学問へのきっかけ

 リハビリに興味をもったきっかけは3つあります。1つめは、陸上競技の選手が、事故で下半身に麻痺が残りながらも、リハビリによって元のように戻っていくというテレビドラマに感動したことです。「リハビリテーション」という言葉を聞いたこともなかった私にとって、ドラマの内容が心に強く残りました。2つめは、私自身が高校生のときバレー部で腰を痛め、なかなか完治せず、学校や部活などの生活で困った経験をしたことです。3つめは、子どもが好きだったので、病気や事故で困っている子どもたちを助けたいと思ったことでした。

大学アイコン
大西 満 先生がいらっしゃる
藍野大学に関心を持ったら

 藍野大学は、医療法人恒昭会藍野病院附属准看護学院として指定を受けて以来、40年以上の間、看護教育を中心とし、医療分野の養成校として、培ってきた教育ノウハウにより、日々高度化されていく医療に対応の出来る医療人を育てます。「教育」「臨床」「研究」の三位一体で行なう教育体制のもと、医師中心の医療体制から、患者さんとそのご家族を中心に展開するチーム医療「シン・メディカル」を各学科の共通テーマとし、それぞれの分野で活躍し、シン・メディカルの実践者として、広く社会へ羽ばたいてほしいと願っています。