一覧へ戻る

微量だけど命に関わる大切な元素とは?

高校1年生 講話の内容がおもしろく、元々薬学部志望だったので、より行きたくなった。
高校1年生 人間の中にも色々な分子があってそれで構成されていることがよくわかりとてもわかりやすかった。先生みたいに私も目標をはっきりときめてがんばりたい。
高校2年生 “You are what you eat”自分が自分を作っていると考えると、普段からの食事を改めて、考えるべきであると思いました。
高校2年生 話が面白かったです。スーパー元素のセレンを忘れないようにしていきたいです。
高校1年生 人体を構成している元素がどんなものかを知れた。セリンや鉄がすごく重要だということが印象に残った。
高校1年生 薬学部にいけるよう日々、がんばっていきます。
高校1年生 周期表にあるほぼ全ての元素で人間の体が構成されていることに驚いた。薬学にも少し興味がわいた。
高校2年生 その他と表されるごく微量な元素が人体にとって重要なものだと理解できました。セレンという元素はあまりなじみが無かったので知れてよかったです。
高校1年生 鉄とセレンについてよく知ることができました。体内に少しでもなくなってしまうと体調が悪くなることをしっておどろきました。
高校1年生 地球を作りあげている元素と、海水を作りあげている元素と人体を作りあげている元素が同じものでできていることを知って、とてもおどろきました。
高校2年生 人体が元素によって構成されているということについて考えたことがなかったので、セレンが微量でも、とても大事な存在だということに驚いた。
高校1年生 元素がすきなので、とってもおもしろかったです!
高校1年生 少しの量で人間の命を助けてくれる元素があるなんて知りませんでした。すごくおもしろかったです。
高校1年生 私たちの体をつくっている重要な栄養について知れました。
高校1年生 鉄は人の命を支えているのだと初めて知りました。難しかったけれど楽しかったです。
高校1年生 Seは人にとってかかせないものだと知れました。でも採りすぎても採らなすぎてもダメで、適当な量摂採するということが大事としりました。なのでこれから、ほとほどに食べようと思いました。
高校1年生 セレンって初めて聞いたけど、とても大切な元素なんだ、と思いました。とりすぎもよくない、というのもおもしろかったです。ありがとうございました。
高校1年生 周期表の元素すべてが人間の体にあることを知っておどろきました。ありがとうございました。
高校2年生 薬の元素について詳しく知ることができた。
高校2年生 いろいろなことが聞けてよかったです。
高校1年生 地・海・人は同じ元素を持っていることが分かった。
高校1年生 原子の詳しい説明をして下さってすごく分かりやすかったです。
高校2年生 鉄(Fe)は人間にとって大切なものだとしれました。
高校2年生 地殻を構成している元素と海水を構成している元素が人の体を構成している元素と関係があると初めて知り、とても驚きました。
高校1年生 この講義が一番わかりやすく、ためになったと思う。
高校1年生 体の中に、SEやPなど色々な原素が入っているなんて全々しりませんでした。本当に少しか入っていない原素が、命に関わっているとしり、驚きました。ありがとうございました!!
高校2年生 この講義を通して、数学という分野は医学にしかかかわりがないと思っていたけど、さまざまな分野にかかわっていて、元素はすべて海の中にあるものからきていると知った。
高校2年生 人の体は、O・C・H・Nで95%以上が構成されていることを知り、意外と単純なんだなと思いました。
高校1年生 セレンのおかげで人類が続いて生きたというので元素の研究はやっぱり大切なんだなと思いました。
高校1年生 命に関わる大切な元素を知ることもでき、改めて命の大切さを知ることができました。今日はありがとうございました。
高校1年生 知らなかった元素が、自分たちの体内で重要な役割を果たしてくれているんだな、と思いました。
高校2年生 元素について、よく知ることができました!
高校1年生 ZnやCrなどが出てきたり、いろんなことを学べてよかったです。
高校1年生 人や海など色々なものが元素でできているということが分かった。
高校1年生 鉄とセリンという体の中で0.25%しかない元素が体にとても関わるということを知ってびっくりした。
高校1年生 非常に少ない量でも人間が生きるためには必要なものがあるだなと思い、とても面白かったです。
高校2年生 あまり聞いたり見たりしない元素も、人体には重要な働きである、とこの講義で知って、驚きました。ますます興味を持ちました。ありがとうございました。
高校1年生 本当に極微量なのに命にかかわるなんて驚きでした。これからの生物の授業が楽しみです。もっと詳しく知りたいと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 わからないこともあったけどとてもおもしろかったです。
高校1年生 人が必要なものについて改めて考えることができました。
高校1年生 詳しく薬について知ることができた。
高校2年生 人体に含まれている元素は、海や地上に含まれている元素と変わりがないという事に驚きました。たくさんの事を学べたので今後に生かそうと思いました。
高校1年生 「化学構造を知らないと顔を見ないで会話をしているのと同じです」という一説がおもしろかったです。
高校1年生 元素について考える機会になりよかったです。人体を構成する元素を詳しくしれて貴重な体験になりました。
高校1年生 人の中でたくさんの原子がある中でセレンが失くなると命に関わることもあるのは驚いた。
高校1年生 身近なことから、元素の話までとてもおもしろかった。
高校2年生 ヒトに含まれている元素の量に驚きました。微量な元素があるからこそ私たちは生きることができるので構成されるのはすごいことだと思いました。
高校1年生 化学の知識を更に深めることができた。
高校2年生 生物や化学で習っていることが基本として出てきてもっと勉強しようと思えた。
高校1年生 おもしろかったです。体の原素や海の元素などで、多くの同じ元素があることにおどろきました。微量でも大切なんだと思いました。
高校1年生 ありがとうございました。元素はとてもとても微量ですが、とてもとても大事だと分かりました。
高校2年生 分かりやすい言葉で、理解しやすかったです。
高校2年生 微量な元素でも、私たちの身体に必要な物だと理解できました。ありがとうございました。
高校1年生 Se(セリン)などについて学びました。自分が良く食べている物に多く含まれていると知って、体に良い物を食べているんだなと改めて実感しました。
高校1年生 難しい化学の話を分かりやすく説明してくれました。化学に興味が湧きました。
高校2年生 テーマが元素ということで前に授業で習ったことがたくさん出てきて分かりやすかったです。
高校1年生 2年生になったら、生物専攻なので、これから楽しみになった。
高校1年生 体は、水とたんぱく質ぐらいしかないと思っていたけど、少しでも欠けていたら体に多大な影響を受けると聞いて改めて人間のすごさを感じた。
高校2年生 人体などにごく微量に存在するSe(セレン)は身体に対して大きな役割を果たす。まさにSuper Elementであることがわかりました。
高校1年生 セレンが印象的でした。
高校2年生 元は受けるつもりではなかったけれど、とても興味深い内容でした。
高校1年生 まだよく知らない元素の特性や体に必要な元素を知ることができ、良い勉強になりました。
高校1年生 体に微量に含まれる鉄でも大きな役割を果たしていることがわかりました。
高校2年生 ヒトの体にある元素についてお話を聞き、少量の元素に注目したことがなかったので、新しい視点でヒトの体を構成する元素について詳しく知ることができおもしろかったです。
高校2年生 “化学構造を知らないのは顔を見ないで話すようなもの”という名言がすごく良かった。
高校1年生 学校で習ったことがたくさん出てきてとても楽しい講義でした。
高校1年生 21個目のタンパク質についてもう少し深く知りたいと思いました。理系に対する興味が少し出ました。
高校2年生 微量でも大切な元素をしれて本当によかったです。
高校1年生 命にかかわる元素がseだということを知り、おどろきました。
高校2年生 少しむずかしかったけど、すごく専門的なことまで知ることができて勉強になりました。
高校1年生 人間にとってほんとうに微量だけど絶対必要な元素についてよく考えることができました!
高校1年生 自分たちの体をつくる元素がたくさんあり、またその中でもごくわずかなものがなくなると、体に変化が起こることがわかりました。
高校1年生 人の体にある元素のうち、ごく微量の元素も人の体をつくるもとになっているんだなと思いました。
高校1年生 知らないことを知ることができました。ありがとうございました。
高校1年生 微量だけど、鉄やセレニウムが体にとって大切だということがよくわかりました。薬学への関心がさらに高まりました。ありがとうございました。
高校1年生 初めて知ったことが多く有意義な時間になった。
高校2年生 人体の構成元素が地殻や海とほぼ同じだったり、構成物質がトウモロコシや大腸菌と同じことにおどろきました。セレンは大切な元素とは言っても、多すぎても少なすぎてもだめだということを知りました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 肉 、
  • 食生活 、
  • 健康 、
  • ミネラル 、
  • 栄養素 、
  • 魚介類 、
  • 微量元素

講義No.g008701

生命維持に不可欠な、耳かき1杯分にも満たない微量な栄養素とは?

微量だけど、不足すると大変なことに!

 私たちの体は、さまざまな栄養素で支えられています。中には、ごく微量ながら欠乏すると生命維持が困難になる、非常に重要な元素が複数あります。
 その1つが、「セレン」という必須ミネラルで、錆び付いた(酸化された)膜の成分やタンパク質を還元する抗酸化機能を発揮します。専門的に説明すると、生体内に生成する過酸化物を還元するグルタチオンペルオキシダーゼの活性中心であり、還元反応を促す「触媒」として機能する元素です。健康な体には、10~15mgほど存在していますが、これが極端に不足すると、心筋症などを発症して死に至ったり、体の恒常性を保つ甲状腺の機能が低下したりします。

日本の食文化が、欠乏症を防いでいた

 セレンは体内で生成されないので、食べ物を通じて摂取しなければなりません。主に、魚や肉のたんぱく質にアミノ酸の状態で存在し、野菜にはわずかしか含まれていません。そのため、世界各地の菜食が中心で土壌のセレン含有量が少ない地域では、セレン欠乏症と見られる風土病が発生しています。日本では今のところ、セレン欠乏症の報告例はないのですが、これは、魚類を多く摂取する日本の食文化のおかげと言えそうです。

微量元素は、多すぎても「毒」になる諸刃の剣

 セレンが発見されたのは19世紀のはじめ頃ですが、その後50年間ほど「毒」として認識されていました。摂取しすぎると毒性が現れ、「セレン中毒」となるからです。もともと、体内にはわずかしか存在しない微量元素なので、ほんの少し増えただけでも必要量を大幅に超え、心臓などに重大な悪影響を与えるのです。
 セレンをはじめとする必須ミネラルは、いずれも体内には微量しか存在しないため、生体内での働きがはっきりとわかっていない面も少なくありません。最近は、特定の栄養素を摂らないダイエット法が流行していますが、体重が減っても健康を害しては何の意味もありません。バランスの良い食生活が、健康維持には欠かせないのです。

この学問が向いているかも 栄養化学

崇城大学
薬学部 薬学科 教授
原武 衛 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 薬学部をめざす人にとって、特に大切な科目は何だと思いますか? 化学や生物が大切なのは言うまでもありませんが、それらと同じくらい力を入れてほしいのは、国語や英語など「言語力」を習得する科目です。情報は、文字なり声なりの言葉として伝達されますから、それを理解するにも、まとめたり内容を付け加えたりして伝えるにも、言語の能力が必要だからです。
 ちなみに英語圏の国々では、「博士」の学位を「ドクター・オブ・フィロソフィ(哲学)」と呼びます。専門的な知識ばかりでなく、諸科学全般の知識が大切だということなのです。

先生の学問へのきっかけ

 薬局を営む親戚がいたため、子どもの頃からいろいろな薬を見慣れていて、薬の名前にも詳しくなり、薬に対する関心が自然と高まっていきました。
 大学の進路選択では、病院や調剤薬局ばかりでなく、製薬メーカーや化学工業系メーカー、さらに保健所など公共施設にも就職可能な薬学の将来性に魅力を感じ、薬学部への進学を決めました。大学で専門的に学んでいるうちに、化学や生物学ばかりではなく、物理や数学、そのほかの社会科学まで、さまざまな学問分野の知識が必要となる薬学という学問が、ますます面白く感じるようになりました。

大学アイコン
原武 衛 先生がいらっしゃる
崇城大学に関心を持ったら

 崇城(そうじょう)大学は薬学、生物生命、工学、情報、芸術の5学部からなる総合大学です。“世界で活躍できるプロフェッショナルの育成”を目指し、最先端の施設・設備・研究を備え、学生一人ひとりを厳しく育てる実践的な教育プログラムにより、高い就職率や国家資格合格率を維持しています。理系私立大学では全国初の英語を公用語とする学習施設「SILC(シルク)」があり、英語ネイティブ講師による英語教育が成果を上げています。本学の地である熊本から産業界の未来を切り拓く若者を輩出する学舎でありたいと決意しています。