一覧へ戻る

「家族」を問い直す、家族ソーシャルワーク

高校2年生 もともとソーシャルワークに興味がありましたが、さらに興味がわきました。1人ひとりを支えていくソーシャルワーカーはとてもすてきな職業だと思いました。ありがとうございました!
高校1年生 家族にも色々な形があるんだなと思いました。
高校1年生 改めて家族について考えることができた、非常に良い講話でした。
高校2年生 「家族」という当たり前だと感じていた集団のつながりを見つめなおす良い機会になりました。
高校2年生 家族の現状についてよく分かりました。
高校2年生 家族とはなにかや、家族は定義では難しいということを知ることができました。
高校1年生 家族をもっと大切にしていこうと感じました。
高校2年生 家族について、やっぱり、あたり前のものだと思っていたので、この講義で家族のこと、ぎゃくたいのことが知れてとてもためになりました。
高校2年生 「家族」は理想と現実で違うものだということがわかりました。
高校2年生 家族についてどう思っているのか、家族とはどういう事なのかがよく分かった。
高校1年生 家属のことについてよく考えることができました!わかりやすかったです。今日は、ありがとうございました。
高校2年生 家族ソーシャルワークについて、あまりよく知らなかったけど、もう一度、家族に対して考えることができた時間になりました。
高校1年生 説明がとても分かりやすかった。
高校1年生 最終的に1人が幸せになる為にはまわりをとりまく家族を支援しなければいけないことがわかった。理想的な家族を思いこんでしまうことで暴力などに気づかない。
高校2年生 家族は自然現状でなく、作っているものだとわかった。今、生活様式での個人化が増加しているので、しっかり家族の生活、団らんをしたいです。
高校3年生 今の私は、自分の立場だけで、家族に対して様々な感情を持ってしまうと自分でも思っています。だから、改めて「家族」がどういうものなのかを見つめ直す、良い機会になりました。
高校1年生 分かりやすくて良かったです。社会福祉学について知れて良かったです。
高校2年生 もっと知りたいと思った。
高校2年生 家族の定義は難しいことがわかりました。今日をきっかけに、社会福祉への関心が高まりました。
高校2年生 家族ソーシャルワークという分野についてどのようなことを学ぶのかまた家族の現状について知れたのでよかった。
高校2年生 家族ソーシャルワークについてよく知ることができ、社会福祉学科で学べることを知ることができたのでよかったです
高校2年生 分かりやすく、素人の自分が聞いていても分かりました!
高校1年生 いままで興味をあまりもったことがなかったけれど、今回の講義に参加して社会福祉に興味がわいてきました。
高校2年生 家族についての説明から始まったのでとてもわかりやすく講義の内容を理解することができました。
高校2年生 福祉に少し興味があって今回のお話をきいてもっと知りたいと思いました。
高校1年生 1人1人が幸せになるには、まず「家族」を社会で支えていかなければいけないということを知れて良かった。
高校1年生 家族とは何か、そう問われると難しいですね…今、発覚しずらくなっているDVなどを見つけることが課題なのだと思いました。
高校2年生 話を聞いて家族のカタチについて考えさせられました。子どもに対する虐待なども、はやくなくなってほしいし、それを解決することにだすさわっていきたいです。
高校1年生 変わっていく家族や社会の中でのソーシャルワークの役割がよくわかりました。わかりやすいお話をありがとうございました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。私は将来、社会福祉が関係する仕事がしたいと思っているので、おもしろかったです。
高校1年生 家族には自分の知らない様々な問題があった。
高校2年生 わかりやすい議義でしたありがとうございました
高校1年生 家族の定義が難しくてさらに興味深くなりました。家族の中での個人化や虐待、DVなどたくさんの問題を知ることができました。
高校1年生 社会福祉についてもっと知りたくなりました。
高校1年生 福祉系にも進みたいと思っていて、今の社会を支えるソーシャルワーカーのこともくわしく知れてすごく勉強になった。
高校1年生 家族だからといって簡単につながるのは良くない。
高校1年生 具体例を提示しながら話をしてくださり分かりやすかったです。「家族」という集団の在り方について考え直してみたいと思いました。
高校1年生 家族についての定義がないことをはっきりと説明できない自分にモヤモヤしていたので授業をきけてよかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 母子家庭 、
  • 社会問題 、
  • 学校 、
  • コミュニケーション 、
  • 貧困 、
  • 子ども 、
  • 家族 、
  • 公務員 、
  • 医療 、
  • 社会福祉士 、
  • ソーシャルワーカー 、
  • 幸せ

講義No.g008306

人を幸せにするために「ソーシャルワーカー」がすることとは?

幅広い「ソーシャルワーカー」の活躍の場

 「ソーシャルワーカー」とは、一般的には社会福祉士の国家資格を持ち、人々が生活していく上で出会う問題や課題を解決するための援助を行う専門職です。困りごとを抱え、社会の中で弱い立場にいる人たちが幸せに暮らせるように、相談にのり、必要な社会福祉サービスを組み合わせ、周囲や地域の人々との連携と調整を図ります。
 比較的新しくできた職業ですが、福祉職の公務員として自治体に勤めるのをはじめ、病気で困っている人をサポートするために病院に勤務する「医療ソーシャルワーカー」や、学校で児童生徒の相談にのる「スクールソーシャルワーカー」など、活躍の場は広がっています。

家族という単位にも目を向ける

 子どもの貧困や虐待が社会問題化するなかで、家族という単位に目を向けた「家族ソーシャルワーク」が、今後重要になってくると考えられています。例えば不登校の子どもがいたとして、その原因が母子家庭で母親が働いている間は弟妹の面倒を見なくてはならないというケースの場合、心の悩みを聞くだけでは問題は解決しません。ソーシャルワーカーはヘルパーの手配、場合によっては生活保護の申請など社会資源も活用しながら、具体的な解決をめざします。その際、家族という「関係」、家族間のコミュニケーションに着目することも大事になります。家族間の関係性をとらえ直し調整することで、より望ましい状態を実現していくことが必要なのです。

社会を相対化し一人ひとりの物語と幸せを大切に

 支援を必要とする人々とのコミュニケーションによって、浮かび上がってくる一人ひとりの物語を尊重することも大切です。人は社会的によいとされる「こういう人生が立派である」とか、「こんな家族が理想的である」といった物語に影響され、そこから外れた人生は不幸だと思いがちです。しかし、大事なのはかけがえのない生き生きとした、「自分自身の物語を描き、生きること」です。それができるように物語をともに書いていくのもソーシャルワーカーの役割なのです。

この学問が向いているかも 社会福祉学

立正大学
社会福祉学部 社会福祉学科 教授
安達 映子 先生

メッセージ

 「家族ソーシャルワーク」とは、人々が生活していくにあたって出会うさまざまな課題や困難について、家族やコミュニケーションという観点からアプローチし、取り組むための実践的な学問です。
 すでに知っていると思っていることを問い直していくことができるのもこの学問の面白さです。家族のあり方が子どもや高齢者、障がい者の生活や人生に関わっている現状をふまえ、具体的かつ一人ひとりの幸せを実現できるよう支援を進める「ソーシャルワーカー」の仕事を知って、興味を持ってもらえればと思います。

先生の学問へのきっかけ

 「人はどうして、こういう行動をするのだろう」という疑問や「家族間のコミュニケーション」について関心を持っており、この2つを学ぶために大学では社会学を専攻しました。そこで出会った恩師が、アメリカでいち早く家族療法を学んだ方だったことが、現在の専門の「家族ソーシャルワーク」の道に進む大きなきっかけとなりました。
 人を個人ではなく家族という「関係性」でとらえ、その人が持つ物語を丁寧に拾い上げていく家族ソーシャルワークのアプローチは、「人間への興味」を追究したいと考えていた私にぴったりあてはまりました。

大学アイコン
安達 映子 先生がいらっしゃる
立正大学に関心を持ったら

 立正大学は、人間・社会・地球をトータルでケアできる人材を育成する8学部15学科を有し、多彩な学問分野において広く深く学ぶことができます。加えて充実したキャリア形成支援により、社会の多方面で活躍する優れた人材を輩出しています。本学は1872年(明治5年)東京・芝に開校の起点となる小教院を設立し、2019年で開校147年を迎えました。品川キャンパスは山手線2駅から徒歩5分の都市型キャンパス、熊谷キャンパスは東京ドーム約8個分の広大な自然環境型キャンパスをもつ、学生数1万人を超える総合大学です。