一覧へ戻る

「プロジェクトマネジメント」って、なに?

夢ナビライブ2016東京会場にて収録

1分動画1

プロジェクトって

1分動画2

講義を視聴する(1分 その2)

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 僕は今文化祭の実行委員会セクション長をやっています。なので今日の講義はとても役に立ちました。ありがとうございました。
高校1年生 具体的な説明を用いて話されていたので分かりやすかった。合唱コンクールでみんながバラバラになるのは動乱期だからだと分かり、とてもスッキリした。とても面白かった。
高校2年生 プロマネの要旨と応用の可能性について良くわかりました。学校教育の中でいかにしてマネジメント教育を行うか考えてみたいと思います。是非またお話ししたいです。
高校1年生 本当に楽しかったです。 千葉工業大学のブースに行った時も詳しくお話してくださってありがとうございました!
高校1年生 ○わかりやすい○ていねいだった。
高校2年生 ・意外と面白かった。
高校2年生 “プロジェクトマネジメント”の予備知識がなく、少し不安だったのですが、どういう学問なのか、社会でどう役立つのかを知れておもしろかったです。
高校1年生 1度きりのものと、作っているのは、すごいと思いました。ハイリスク、ノーリターンなのに、すごいです。すごかったな。
高校1年生 PMは今まで自分の身近にはないものでしたが、生活に有効なものだと分かりました。
高校1年生 ありがとうございます。
高校2年生 これを聞いて自分が疑問に思ったことがあることを教えてくれたので、良かったです。
高校2年生 とてもためになりました。マネジメントについてもっと知らべて視野に入れていきたいと思いました。
高校2年生 とてもわかりやすかったです。
高校2年生 とてもわかりやすかったです。これから先の生活において、行事などでプロジェクトマネジメントを行っていきたいと思います。
高校1年生 とても理解しやすいような話だった。
高校1年生 プロジェクトはコストパフォーマンスにかかっていると思いました。
高校1年生 プロジェクトマネジメントがよく分かりました。
高校2年生 プロジェクトマネジメントについて、とてもきょうみがでた。
高校3年生 プロジェクトマネジメントはあまり聞いたことがなかったけれど、意外と身近なものでもあるのだなと思いました。
高校1年生 プロジェクマネジメントのことがよく分かった。PMBOKを読んでみたいと思った。
高校1年生 わかりやすい説明ありがとうございました。
高校1年生 競争に勝つためには、プロジェクトマネジメントの実力をつけないといきないことがわかりました。
高校2年生 興味を持てて良かった。
高校1年生 興味深かったです。
高校1年生 今のよの中にどれだけプロジェクトマネジメントとしての人材が必要なのかがわかった。
高校2年生 私がやりたいことは少し違いましたがマネジメントについてすごい学べて、やる気がでました。ありがとうございました!!
高校1年生 自分の思っているよりも深い職業だとわかりました。より興味のわく内容でした。ありがとうございました。
高校2年生 身近なところにプロジェクトマネジメントがあると知っておもしろいなと思いました。社会や世間に求められている分野とわかり、興味をもちました。
高校1年生 人のコントロール(成立→動乱→安定→遂行→解欺)についてガイドブックに明白に示されていることは知らなくて、おどろいた。
高校2年生 早く、安く、高品質という基そ的なことが大事なのだと考えさせられました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 開発 、
  • 計画 、
  • 管理 、
  • スケジュール 、
  • 予算 、
  • 東京オリンピック 、
  • マネジメント 、
  • プロジェクト

講義No.g007912

「プロジェクト」を成功へと導くために必要なこととは?

「プロジェクト」とは何か?

 「プロジェクト」とは、企業や政治の世界でよく使われる言葉ですが、「今までにないものを創り上げていく活動」のことを指します。宇宙開発計画、企業の新製品開発、地域の活性化事業など、大小さまざまな活動が含まれます。プロジェクトとは、一定期間内に決められた予算と人員で行われる活動で、予定の期間、予算、人数を超えることなく目的の成果を収められれば、プロジェクトは成功したと言えます。つまり、プロジェクトの成功には、予算やスケジュールの管理、人員の的確な指揮が不可欠なのです。

アポロ計画と新国立競技場建設

 1960年から70年代にかけて、アメリカでは人類を月へ送り込む「アポロ計画」が実行されました。綿密なスケジュールのもとに管理されたプロジェクトにより、人類の月面着陸を6回成功させ、アメリカは宇宙開発において世界をリードする存在となりました。このプロジェクトは成功を収めたのです。
 一方、東京オリンピックでメイン会場となる新国立競技場の建設では、建設費が予定を大幅に上回ることが判明したため、当初の案は白紙撤回されました。建設プロジェクトの第1段階は、失敗したと言えるでしょう。

プロジェクトマネジメントの重要性

 プロジェクトの遂行に必要とされるのが、全体を把握しスムーズな進行を促す「プロジェクトマネジメント」という手法です。これを担当するのが「プロジェクトマネジャー」であり、プロジェクトの目的に応じて期間、予算、人員の配分やリスク対策などを考え、必要であれば修正を加えます。
 プロジェクトマネジメントという発想は比較的新しいものですが、古くはお城やピラミッドの建設など大きな事業を統括するプロジェクトマネジャーのような存在がいたと考えられています。その時代には勘と経験に頼っていましたが、現在は数値的な分析に基づいて、科学的・合理的に進められるようになりました。この方法を学び、さらに発展させていくのが「プロジェクトマネジメント学」なのです。

この学問が向いているかも プロジェクトマネジメント学

千葉工業大学
社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 准教授
田隈 広紀 先生

メッセージ

 プロジェクトマネジメント学科では、「早く、安く、よいものを作る」プロジェクトマネジメントを研究しています。「プロジェクト」というと難しく聞こえるかもしれませんが、例えば、高校の文化祭での出し物もプロジェクトで、それをどう運営(マネジメント)するかを考えることです。
 この学問を学ぶことで、社会に出てから「革新的な製品を作る」「価値のある活動を行う」ことなどに携わることができます。価値のあるものを自分自身で作り上げていきたい、あるいは、合理的に物事を進めていきたいと考えているあなたを歓迎します。

先生の学問へのきっかけ

 高校3年生の時、大学案内の「プロジェクトマネジメント学科」の紹介欄に載っていた在学生がきれいだったのでつい読み込んでしまい、「工学・IT・経営などの分野を横断的に学べる」と考えこの学科をめざしました。
 いざ大学で学んでみると、プロジェクトマネージャーは「事業を合理的かつ効率的にやりとげるプロ」だとわかり、さらにこの分野に強くひかれるようになりました。卒業後に会社で働く中で、プロジェクトマネジメントの重要性を再認識すると共に、まだ改善の余地があると実感したので、大学に戻り研究するようになったのです。

大学アイコン
田隈 広紀 先生がいらっしゃる
千葉工業大学に関心を持ったら

 芸の上達には、向き不向きというより、好きか嫌いかが大きく影響すると言われます。学問の道もそれに違わず、まずは興味・関心を持てることが大切です。そしてそれができたら、あとはちょっぴり努力とともに創造力を働かせればいいのです。いま「できない」ことはまったく問題ではありませんし、気にすることもありません。本学では、基礎から学べるカリキュラムが充実していますので、安心してあなたの未来が築けることでしょう。