一覧へ戻る

メディアアートについてのいくつかのこと。

高校1年生 「メディアに自分なりの線を与える」の意味が分かった。
高校1年生 ・メディアアートをあまり知らなかったけれど講義を聞いてよく理解できた。
高校2年生 いろんなことがきっかけとなってこの道に進んでいると分かった。作品を見てこめられたメッセージがちゃんとあってすごいと思った。
高校1年生 インターネットなどをつかった作業がおもしろかった。美しさについて学べてためになった。
高校1年生 おもしろいアートの分野で、興味がわきました。
高校1年生 メディアアートについてしれたのでよかったです。
高校2年生 視覚による表現への興味がさらにわき、夢を叶えたいという気持ちがよく大きくなり、とても良い経験になりました。
高校1年生 色々なことをアートとつなげてみていてすごいと思いました。展示会とか行ってみたいです。
高校2年生 先生の作品をたくさん見ることができたのがとても興味深かったです。
高校1年生 地震を想定しての徳島がどれだけ浸水するかとか、ハザードマップでみてもたしかに分からないので画期的だと思いました。
関心ワード
  • メディアアート 、
  • 芸術 、
  • 作品 、
  • メディア 、
  • アート 、
  • 表現 、
  • 科学

講義No.g007048

アートで社会や人々に問いかける

メディアとアート

 「メディアアート」は1990年頃から定着し始めた芸術領域です。
 大きくは2つに分かれていて、1つはテレビやインターネットなどのメディアを使った表現方法です。プロジェクションマッピングなどの技術を組み合わせたアートもこれに分類されます。もう1つは、メディアそのものについて考えるアートです。

本物かどうかわからない

 ある作品を紹介しましょう。ギャラリーに本物の切り花と造花を半々の数にして一緒に生けます。水には青いインクと除草剤が混ぜられています。インターネットのサイトには、その花を1本ずつ撮影した小さな写真を並べ、クリックすると写真が大きく表示されるように設定しておきます。写真ではどの花が本物なのか、造花なのかはわかりません。毎日どの花が何回クリックされたかをカウントして、翌日には、一番多くクリックされた花を真水に移します。本物の花は、放っておけばどんどん青くなって枯れていきますが、多くクリックされた花は少し青さが抑えられて寿命も延びます。これは「テレビを見るだけでは本物の情報かどうかはわかりにくく、視聴率によって花の生命が左右されること」を表すアート作品です。
 また、別の作品では、ギャラリーに入るとオレンジのいい香りが充満しています。誰もがオレンジの香りだと感じます。そしてその人に布に包まれた丸いものを渡してつぶしてもらいます。それは本物のオレンジで、つぶすと本当の香りがして、ギャラリーに入った時の香りは芳香剤だったことに気づきます。つまり、「本物だと思っているものが実はニセモノで、技術で生み出されたものであること」を表現したアート作品です。

アートで疑問を投げかける

 科学技術は飛躍的な発展を続けています。例えば、人工知能の技術がもっと進展すれば、人間を超える日がくるかもしれません。メディアアートは本当にそれでいいのかを、「アート」という表現で社会や人々に問いかける、新しい時代の表現形式なのです。

この学問が向いているかも メディアアート

徳島大学
総合科学部 社会総合科学科 准教授
河原崎 貴光 先生

メッセージ

 私の専門領域は「メディアアート」です。さまざまな技法を駆使して、メディアについて考えるアートです。世の中の倫理観や価値観は、昔からアートによってつくられてきました。
 いろいろなことに挑戦してみたい、世界をおもしろく変えたいと考えているあなた、ぜひ研究室に来てください。一緒に、世界を楽しくしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃、絵を描くのが大好きでした。中学時代に野球をしていてボールが目を直撃して、一晩たったら失明していました。医療技術によって、視力を回復しましたが、この体験によって「見る」ということについて真剣に考えるようになり、絵画コースに入りました。
 手術で視力を取り戻した経験などによって、自分もサイボーグだなと考えるようになりました。技術は世の中と大きくかかわっていることを知り、表現方法を模索していくうちにメディアアートとかかわるようになりました。

大学アイコン
河原崎 貴光 先生がいらっしゃる
徳島大学に関心を持ったら

 徳島大学は有為な人材の育成と学術研究を推進することにより、人類の福祉と文化の向上に資するため、自主・自律の精神に基づき、真理の探究と知の創造に努め、卓越した学術及び文化を継承し、世界に開かれた大学として豊かで健全な未来社会の実現に貢献することを理念としています。豊かな緑、澄み切った水、爽やかな風、温暖な気候に恵まれた徳島の地にあって、「知を創り、地域に生き、世界に羽ばたく徳島大学」として、発展を目指しています。