一覧へ戻る

犯罪心理学が解き明かす心の闇

夢ナビライブ2018仙台会場にて収録

1分動画1

犯罪を犯した少年はどのように審判される?

1分動画2

少年審判のポイントとは

1分動画3

非行と向き合う職業とは

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 心理学にもいろいろな種類があったのを知り、今日初めて聞いた職業もありました。自分の中でとても興味がわいたし、本を買ってもっと知りたいと思いました。きっかけをくれてありがとうございました。
高校1年生 分かりやすい説明や例を用いていて面白かった。
高校1年生 犯罪を起こす人は、その人自身が悪いのではなく、家族など、周りの環境のせいという事が分かって犯罪者に対しての思いが少し変わりました。
高校1年生 今の私たちの犯罪について学べた。14歳以上~20歳以下は女の子でも少年とよぶと気づかされた。
高校1年生 犯罪を起こした後についてとカードの話に興味をもてました。
高校1年生 実際の事例をもとにお話いただけたので分かりやすかったです。
高校1年生 未成年の犯罪の心情について深く分かった気がする。人事ではなく、私も気をつけていきたいです。
高校2年生 今回、犯罪や非行を犯す少年の心の裏にある闇というものを知り、非行に走るに至った経緯を理解することが少年犯罪を減らしていくための第一歩なんだと思いました。
高校2年生 犯罪心理学では具体的にどのようなことを学んでいるのか知ることができました。犯罪者の心理や社会的な要因を解き明かしながら学んでいく心理学に興味を持ちました。
高校1年生 質問コーナーでもお話してくださり、ありがとうございました。犯罪心理学について調べてみたいと思います。
高校2年生 非常に聞とりやすく分かりやすいものでした。
高校1年生 最初から見たいと思っていたもので、楽しみにしていたのでとても良かった。さらに興味をもった。
高校2年生 少年法や刑法などがいろいろある中で、非行などをした少年を正しい方向に更生できればなと思いました。
高校1年生 とてもおもしろかったです。絵を見て考えるストーリーから、その人の性格が分かるのがすごいと思いました。
高校1年生 たった一度の言葉のすれちがいでああも、人生に響くのかということがわかりました。
高校2年生 少年が犯罪をしてしまう傾向には、様々な環境や家庭などが関わっていることがわかりました。今後の進路にも入れていきたいと思います。
高校1年生 非行には理由があり、その人を認めてあげることが大切だと分かりました。補導員の方のような「人を正しい道に導く」仕事に興味がわきました。
高校1年生 犯罪心理学についてくわしく分かりました。
高校1年生 少年の非行のケースをもとにした話はとても興味深かったです。
高校1年生 平凡な少年、少女がなぜ犯罪を犯してしまうのかその心境を知って自分ももっと周りをみていこうと思いました。
高校2年生 とてもおもしろかったです。心理学についても知れてよかったです。
高校1年生 自分と同じくらいの年の人が非向にはしる理由などについて知れた。
高校1年生 非行する人は、その人の性格だけでなく環境も関わっていることがわかった。
高校1年生 少年犯罪の具体的な実例等を挙げて講義してくれたから楽しかった。
高校3年生 以前から犯罪心理学について興味があったので、話しを聞くことができて良かったです。また、心理検査の方法など知ることができ、もっと話しを聞きたいと思いました。
高校2年生 元々、心理学には興味を持っていましたが、今回の講義でさらに興味を持つことができました。
高校2年生 犯罪心理の大切さを知れました!
高校2年生 夢ナビでの講義ありがとうございました。手元の資料だったりとても分かりやすく説明してくれたおかげで興味を持つことができました。
高校1年生 犯罪をしてしまう人には、家庭の問題など、さまざまな原因があることが分かりました。
高校1年生 私は、いろいろな事件がある中で、いろいろな処ばつがあることを知りました。また1つの事件で多くの人が関わっていて、すごいと思いました。
高校2年生 世の中には、いろんな人がいるというのを知ることができました。
高校1年生 犯罪を起こす少年がどんな環境に置かれていてどんな考え方をしているのかを知る職業があることを知りとても興味が湧きました。
高校1年生 人の心と向き合う心理学に興味があったので今回の講義は本当に勉強になりました。自分と同じくらいの子が様々な厳しい状況にいて、それを救えるような学問は素敵だと思いました。
高校2年生 私よりも年下の子がそうなってしまったことにとても驚きました。もっと社会を広い目で見ることができるような人になりたいと思いました。本当に知ることができてよかったです。ありがとうございました。
高校2年生 未成年の犯罪を理解することが大切ということが改めて理解することができました。
高校1年生 少年犯罪は、自分とはかけ離れたものだと思っていましたが、周りの家庭環境を考えると実は身近なものかもしれないと思いました。知らないことを知れて良かったです。
高校2年生 もともと興味があった内容だったので、講義をきいてもっと感心がわきました。
高校2年生 家庭環境によって非行をおこしたりすることがあるということがわかった。
高校1年生 なぜ少年が犯罪に手をそめてしまうのかがわかることができた。親子の関係も少年の行動をかえることがわかった。
高校2年生 学生という身近な例での講義は分かりやすく頭にスラスラと入ってきました。
高校1年生 この学問に対してきょうみがとてもわいた。
高校1年生 話の例があったので、裁判などの流れ、調査などわかりやすく聞けた。理解しやすい言葉で解説してくれたので、興味を持てた。
高校2年生 人の心理についてよく分かった。分かりやすく説明してくれていたので、きくことができた。ありがとうございました。
高校1年生 犯罪の動機などが分かりやすかったです。
高校1年生 犯罪心理学についてもっと深く知りたいと思いました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。心理学にとても興味があったのですがさらに興味関心が高まりました。
高校2年生 犯罪心理について、1つの共通のトピックからくわしく知ることができて、とても面白かったです。自分もしてみたいなと思いました。
高校1年生 犯罪心理学に興味があるので、とても楽しかったです。また、職場等を知ることができて、参考になりました。
高校2年生 すごく深い内容でした。
高校1年生 前から心理学について興味があったのですが一体どういうものかわかっていませんでした。今回学べて良かったです。
高校1年生 少年が犯す犯罪がどうゆうものなのか分かりました。もっとこの学問について知りたいと思いました。
高校2年生 犯罪心理学を利用して心の動きについて学ぶことができました。
高校2年生 犯罪をした人には必ず何か原因があるんだと分かりました。
高校2年生 具体的な例を上げていただき、とてもわかりやすい講義でした。
高校2年生 犯罪をおこす人も、何かしら嫌な事があるからなのだと思ったし、少し考えさせられました。そういう人が少なくなれば良いです。
高校1年生 犯罪と犯罪の原因となる環境があることを理解できた。
高校2年生 映ぞうや資料がわかりやすかったです。
高校1年生 心理学にも色々な種類があって、心理学は犯罪にも利用できることをしって、興味がわきました。
高校2年生 とても興味深い内容でした。
高校1年生 犯罪心理学について多くの人がかかわっていることよ具体例がよくわかった。
高校2年生 過去の事案を元に犯罪に関係する機関や仕事についてとてもくわしく理解できました。ありがとうございました。
高校1年生 まず、今回講義をしてくださり、ありがとうございました。今回心理学というものが、人の心をあらゆる方法で読み解くプロフェッショナルだということを知れて良かったです。
高校2年生 例がわかりやすく細かく設定されていて理解しやすかった。
高校1年生 とても分かりやすい講義で、ききやすかったし、犯罪心理学という学問を、しっかり理解することができた。
高校2年生 犯罪を犯した未成年者が、どのようにして処罰されていくのか知ることができました。
高校1年生 先生自身が、現場で働かれていたということで、お話に深みがありとてもおもしろかったです。
高校2年生 心理学に関心があったのでとても勉強になりました。あまりふれる機会がなかったので貴重な時間になりました。
高校2年生 自分とはかれ離れている学問だと思っていましたが、身近でも問題になりそうな事柄だと思いました。
高校2年生 今まで、あまり知らなくて、今回興味が湧いて聞いてみたのですが、とても興味深かったです。
高校2年生 私は、ただの心理学に興味があったんですけど、これからは犯罪もおもしろそうだなと思いました。
高校2年生 少年犯罪の法的処置の方法について知ることができ犯罪心理学にも興味を持つことができた。
高校2年生 とても興味深い講義でした。実例をふまえながに犯罪心理学について説明してくれてよかった。また、話し方がわかり助かった。
高校1年生 質問にも答えてくださりありがとうございました。
高校2年生 犯罪心理学に関しては聞いたことがなかったので、おもしろかったです。
高校1年生 元々、心理学に興味があったのですが、もっとそれを深めることができました。「犯罪心理学」とてもおもしろそうだなと思いました。
高校2年生 実際にあった女子少年事件の内容について理解でき、その人物の心理を読み取るしくみなどを学べました。
高校2年生 実際のケースからどんな心理で犯罪をおこしてしまうのかを知ることができました。心理学についてもっと知りたいと思いました。
高校2年生 面白そうだと思ってたので、よかったです。
高校1年生 犯罪にも事じょうがあるのがわかった。
高校2年生 犯罪というのは、身近にあっても詳しく知ることがなかったのでさまざまな例もふくめて説明してもらえてよかったです。
高校2年生 自分が疑問に思っていたことを質問できたので良かった。
高校1年生 犯罪心理学について初めて学びましたが、おもしろかったです。
高校1年生 “被害者が犯罪者に”にという謎を分かりやすく解明して頂けたので嬉しかったです。
高校2年生 仏像について自分の知らないことなど細かい内容を説明していてわかりやすかった。
高校1年生 人の心によりそう仕事がしてみたいと思った。思ったより法律のしくみが複雑だった。
高校1年生 もっと先生のお話しを聞いてみたいと思いました。
高校2年生 自分と同じくらいの年齢の方の事件を例としていたので、気持ちがより理解しやすかった。
高校1年生 楽しく学べることができた。
高校2年生 具体的事例をもとに説明していたので、犯罪のおこりかたなどがくわしく、分かりやすかった。
高校1年生 少年の犯罪の心理はとても複雑なものであることがよくわかった。とても心理学に興味がわいた。
高校2年生 罪を犯してしまう子どもの心には何かしらの闇があるので、家庭の雰囲気も大事だと感じました。
高校2年生 日本でも少年事件があり、より心のケアが大切になってくると思う。責任は本人だけでなく、周囲の環境にも関係していた。
高校1年生 家庭の事情から、犯罪に走ってしまった少年たちを更生するということを聞いて、興味を持つようになりました。
高校1年生 少年法には、3種類あり、”ぐ犯”などいろいろあることがわかりました。
高校2年生 人の心を心理検査でわかるのがすごかった。
高校2年生 今回の議義を通し、犯罪者(特に未成年)の見方が少しだけ変わり、その学問にも興味を持つことができました。丁寧なご説明ありがとうございました。
高校1年生 犯罪心理学は「悪」の意識から非行するのではなく実はそこに非行者の悲しい生い立ちなどがあるのだと新しいことを学んだ。
高校1年生 犯罪は本人だけに責任があるのではなく、家族にも責任があるのだと思いました。
高校1年生 犯罪をおかしてしまう人達の心理を少しでも知ることができたので、よかったです。
高校1年生 心理学の面白さを改めて知ることができた。
高校1年生 犯罪心理学についてよく知らなかったのですが、先生のおかげで、知ることができました。視野が広がりました。
高校1年生 元々興味があった犯罪心理学について学ぶことができ、また、具体的な事例を用いた犯罪心理の考え方を知れました。
高校1年生 少年A子さんの更生に関わっているお仕事がすごいなと思いました。話を聞いて、家の環境って大切なんだなと改めて思いました。
高校1年生 事例をもとに、くわしく話してもらい、犯罪心理学についてさらに知れた。
高校1年生 貴重な講義を受けられてよかったと思いました。犯罪心理学について全く知らない状態で受けましたが、なるほどと思いました。
高校2年生 楽しかったです。
高校2年生 1つの件を取り上げて具体的に細かい部分まで話してもらうことができ、専門的な部分まで知ることができました。このような分野を学ぶことも楽しいなあと感じました。
高校2年生 犯罪心理学を大学に実際に学びたいと思いました。
高校1年生 心理学は、前から気になっていたけど、どういうことをするのか分からなかったので今回の講義で知れてよかった。
高校1年生 心理学について勉強したいと思った。
高校2年生 今回受けた講義の中で、最も理解でき、自分の興味に近いものだった。「ぐ犯」という存在を新たに知れて、良い機会だった。深く知りたいと思った。
高校2年生 私はもともと犯罪や心の闇というものに興味があったためこれを選びました。話を聞いて確かにと思うこともありました。もう少し知りたいなと思いました。
高校1年生 なぜ女子少年A子はそんなことをしてしまったのかわかったし、それにたどりつく過程もしることができてよかったです。
高校1年生 犯罪心理について、よくわからなかったけど、実際の例を用いて説明してくださり、おもしろかったです。人の気持ちを考える仕事も良いと思いました。
高校1年生 今まで自分が考えたことがなかったような犯罪心理について詳しくお話をきくことができ、もっと自分でも調べてみたいと思いました。
高校1年生 「どういう経緯や環境で、このような犯罪につながるのか」を知ることができました。心理について勉強してみたいとも思えました。
高校1年生 今回の講義を聞いて犯罪心理学に興味を持ちました。考えてみれば当たり前の事ではあるのですが犯罪者にも事情があることに気づきました。
高校1年生 あまり知らなかったけど、話をきいて、とても興味深いものだった。
高校1年生 男女問わず少年という言い方をされることや、犯罪少年、触法少年、ぐ犯少年なども初めて聞いて、心理学についてもっと知りたいと思った。
高校1年生 実例をもとに非行少年がどのような環境でどのような心理状況から非行へ走ってしまうのかを知ることができた。
高校2年生 講義していただきありがとうございました。
高校2年生 犯罪をするほうもされたほうも後で大変なことになるということがわかった。
高校2年生 犯罪の起をしることができて犯罪についてよく知ろうと思った。
高校1年生 女子少年という言葉を初めて知りました。犯罪を犯していなくても警察に取り上げられるというが怖いと思いました。A子さんの家庭が私の家庭と似ていてとても気持ちが共感できました。
高校1年生 心理学につよい興味を抱くきっかけになるような講義でした。実例から講義が展開されてわかりやすかったです。
高校2年生 犯罪心理学と聞き、難しいというイメージがあったが、実例や、図があり分かりやすいものでした。
高校1年生 未成年で、犯罪を犯してしまう人をよく聞くので、詳しい実例をきけて、理解が深まりました。犯罪をしてしまう人の心には、様々な葛藤があることに気づけました。
高校1年生 犯罪や非行への道を歩んでしまう少年の実態を知って、たくさんのことを考えさせられました。犯罪心理学について、もっと知りたいと思いました。
高校2年生 少年法についてや捜査やプロセスについて、くわしく知ることができました。少し難しいなと感じるところもありましたが、今回講義を受けられてよかったです。
高校1年生 犯罪について犯罪心理学がどのように活用されているのか知ることができた。
高校2年生 4時限目とは違った心理学を知ることができて、より自分は心理学を学びたいと思えたとてもよい講義だった。
高校1年生 犯罪が起きるための条件として、日々の生活環境の悪さがあるということがわかりました。
高校2年生 犯罪心理学への興味がもっと深まりました!ありがとうございました!
高校1年生 大人と少年での裁判の違いがよく分かりました。未来ある子どもだからこそ更生することが大事だと思った。
高校1年生 今回の講座をきいて心理学について興味をもつことができました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 心理学 、
  • 心理テスト 、
  • 犯罪者 、
  • 被害者 、
  • 加害者 、
  • 心(こころ) 、
  • 非行 、
  • 犯罪心理学

講義No.g008394

犯罪はなぜ引き起こされたのか、「犯罪心理学」が解き明かす

罪を犯す人の心の中はどうなっているのだろう

 人の心がわからないと悩んだことはありませんか? 人の心の動きにとまどったり、自分がどうしたらいいのかわからなくて悩むことは生きていく上で誰もが経験することです。
 世の中で最もわかりにくい、何を考えているかわからない、と思われるのは「犯罪者」と言われる人たちでしょう。事件の報道に接したり、自転車が盗まれるなど身近なところで被害を受けた人は、恐怖や不安を感じながら、犯人はどうしてそんなことをしたのだろう、と考えます。

加害者の多くは、実は被害者だった人が多い

 「犯罪心理学」という学問は、まず犯罪者や非行少年を理解し、改善の方法を考えます。犯罪や非行は平穏に暮らす人たちを困らせ、悲しませる行為です。しかし実はその加害者も、それまでの人生で苦しみ、傷ついてきた人が多い、という事実があります。
 普段おとなしかった少年が罪を犯すと、「心の闇」という言葉がよく使われます。一般の人は不可解に感じて距離を置くのですが、犯罪心理学は立ち向かい、少年の心の闇を解き明かそうとします。なぜ事件を起こしたのか、という謎解きに挑むのです。その上で、もう二度と罪を犯さないように改心し、新たな人生を歩むことができるように支援します。

真の反省が、その後の行動を変える

 非行少年に対して、周囲は性急に反省を求めます。しかし反省とは、「反省しました」という言葉を引き出せばよいことではありません。被害者の苦しみを心の中に取り込んで抱え込み、自分の行為がその痛みを与えたのだと真摯に受け止めてこそ生まれてくる感情です。そのプロセスを経て得られる体験こそが、加害者のその後の行動を変える真の反省と言えるのです。
 犯罪心理学は、つらい体験によってゆがんだ自己像を持っていたり、強い劣等感や被害者意識にさいなまれていたりという、加害者が抱える問題を、面接や心理テストなどさまざまな技法を使い、その心に寄り添いながら、根気よく理解していく方法を学ぶ学問なのです。

この学問が向いているかも 犯罪心理学、臨床心理学、家族心理学

東北福祉大学
総合福祉学部 福祉心理学科 准教授
半澤 利一 先生

メッセージ

 犯罪者は何を考えているかわからない人間と思われがちです。しかし、罪を犯す人の多くは、過去、さまざまな人間関係の中で傷ついてきたという事実があります。「犯罪心理学」は、例えば、非行少年と呼ばれる子どもの心に根気よく寄り添い、その将来をよりよいものにするための学問です。
 人を理解するには、まず自分のよい面も悪い面も受け入れることが大切です。マイナスの感情からも目を背けずに向き合い、そこから解き放たれて前進していくことが成長につながるのです。人に温かいまなざしを向けて、一緒に研究していきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもが好きで、将来は小学校の先生になりたいと考えていました。教育学部に進学し、小学校の教壇に立った経験もあります。そこで子どもの問題行動やさまざまな家庭環境に接し、子どもたちの内面に触れたことで、立ち直りを助け、より良い道へ導くことができないかと考え、心理学を本格的に学ぶことを決意しました。
 そして臨床心理学や家族心理学を研究している多くの研究者たちに出会い、心理学の学びをより深めました。その学問を生かして家庭裁判所調査官として、家庭裁判所で審理する非行少年の調査や教育的な措置をしてきました。

大学アイコン
半澤 利一 先生がいらっしゃる
東北福祉大学に関心を持ったら

 東北福祉大学では、建学の精神である「行学一如」(理論と実践の融合)を目指し、キャンパス内にある附属病院「せんだんホスピタル」や介護老人保健施設「せんだんの丘」、幼稚園や保育所等の関連施設で様々な実習を行っています。実学臨床教育やインターンシップを行い、より現場に近い教育を実現します!福祉・マネジメント・子ども・医療・リハビリをキーワードに4学部9学科で構成されている「福祉の総合大学」です!