一覧へ戻る

デザインを守る知的財産権制度

夢ナビライブ2018大阪会場にて収録

1分動画1

日本のお菓子の類似品例

1分動画2

なくならない模倣品と日本の技術力の高さ

1分動画3

意匠権侵害事例

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 日本の物の性能の良さを知ることができました。中国産の物はあまり買わないようにしようと思います。
高校1年生 人数は少ないけれど必要とされている分野なので、これからもっと増やすべきだと思いました。
高校1年生 日本のすごさがわかった。少しタメになった。
高校1年生 初めは分からない単語ばかりだったけど、1つ1つ丁寧に説明してくれて、分かりやすかった。正直、あまり興味がなかったけれどとても興味が湧きました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。身近に見かけるものが外国にまねをされていることにびっくりしました。
高校2年生 ポッキーやおっとっとなど身近な例を出して下さったのでわかりやすかった。就職率が高いときいて関心が高まりました。ありがとうございました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。また、身近な具体例のおかげで関心をさらにもちました。
高校2年生 知的財産権に興味をもった。
高校1年生 中国と日本のちがいがわかった。大学への興味が深まった。
高校1年生 法律を自分を学るため、デザインを守るために利用する、という考え方に興味がわきました。
高校1年生 非常に興味深い内容を、おもしろく話していただき、ありがとうございました。
高校1年生 偽物を作られないように工夫しているところがすごいと思った。
高校1年生 デザインにも権利があって特許がとれることを初めて知りました。クイズ等、楽しめる要素があって、とてもおもしろかったです。
高校2年生 今の社会において様々な問題を知ることができました。ありがとうございました。
高校1年生 知的財産権と聞いてはじめはよく分かりませんでしたが、この講義でデザインが世界で真偽されていること、守っていかなければいけないことがよく分かりました。
高校1年生 最初は他の講義の方が気になっていたけど、話を聞いてみて自分が興味のある話でとてもおもしろかったです。夢ナビに来て良かったな、と思いました。本当にありがとうございました!
高校1年生 知的財産について細かくよく知れた。世の中で周っている模倣品の多さを知ることができた。
高校1年生 ありがとうございました。
高校1年生 実際にその製品と似ているパッケージを映像で表示していて分かりやすかったです。ある商品を完全にコピーすることによって初めに作った会社がもらからなく可能性があるため特許をとる必要があることが分かりました。
高校1年生 講義を聞く前は全く興味がなかったけれど今日、講義を聞くと、とても興味がわきました。ありがとうございました。
高校2年生 とても分かりやすく、もっと関心が高まった。
高校1年生 いままで興味なかったけど日本の物の品質がいいから、マネされていると知って興味がわいてきました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。普段気にしないこともしっかり見るべきなんだなと思いました。
高校1年生 とても分かりやすく、知的財産権に興味を持った。新しいアイデアを思いつき、それを守る権利には、とても多くの権利があり、とても面白い分野だなと思った。
高校2年生 講義を受ける前は、どんな話なのか想像出来なかったけど、受けている内にどんな制度か分かりました。山田繁和先生の授業は、分かりやすく、興味が湧きました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校1年生 知的財産学部は、ここにしかなくて95%の確率でしゅうしょくできるならなおさらいきたくなりました。
高校2年生 例をたくさんあげて説明して下さったので、とても分かりやすかったし、聞いていて楽しかったです。
高校1年生 イメージがしやすい分かりやすい例を挙げながらの説明だったのでよく理解できました。面白かったです。
高校2年生 知的財産というものがどういうものか知らなかったが今回の講義で知ることが出来ました。少し興味がわきました。
高校1年生 法律を学ぶことに興味があってこの講義を受講したのですが、知的財産権とは法律を学ぶものではなく、法律の使い方を学ぶものであるということを知り、新鮮みを感じました。
高校2年生 知的財産権や模倣品などについてわかった。
高校2年生 デザインに興味があったけど、違う目線から見ることができて、タメになりました。
高校2年生 おもしろかったです。
高校1年生 講義をきく前は全く興味がなかったけど講義を聞くとものすごく興味がわいた。
高校2年生 分かりやすかったです。
高校2年生 良い経験になりました。
高校1年生 ありがとうございました。これからも色々考えていこうと思います。
高校1年生 とてもわかりやすく、興味が湧く講義でした。
高校2年生 身近なことだったので、聞いてて楽しかったです。
高校1年生 日本の製品がすごいんだなーと思った。
高校1年生 もともと知的財産権を含む、『権利』という言葉に興味があり、受講しました。全体的に資料もわかりやすかったです。ありがとうございました。
高校2年生 今日先生の講義をうけて、更に大工大に行ってみたいと思いました。オープンキャンパスも行こうと思います。
高校1年生 今までふつうに使っていた日本せいひんが世界的に発展していることがよく分かった。
高校1年生 この学部が存在することをが知らなかったから、おもしろかった。
高校2年生 デザイン以外にも著作権があることを知りました。将来自分も、著作権に関する仕事につけたらいいなと思いました。
高校1年生 法律のことかと思ったけれど、難しすぎる内容でもなったし、内容が面白かった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 模倣 、
  • パッケージ 、
  • グローバル化(グローバリゼーション) 、
  • お菓子・スイーツ 、
  • 開発 、
  • 電化製品 、
  • 製品 、
  • パクリ 、
  • デザイン(意匠) 、
  • 特許

講義No.g008855

魅力的なデザインのパクリを防ぐ「意匠制度」

なぜデザインを保護することが必要なのか?

 優れた発明と発明者を保護する「特許制度」についてはあなたも聞いたことがあるでしょう。一方、魅力的なデザインを保護するための「意匠制度」についてはどうでしょうか。あまり知られていませんが、これはとても大切な制度なのです。なぜなら、人は電化製品や自動車といった製品を選ぶ際、機能の面だけでなく、見た目の「かっこよさ」も購入の基準にするからです。つまり、デザインは製品の売れ行きを左右するものなので、製品のデザインをまねされると、それを開発した個人や会社は大きな損失を被ってしまうのです。こうした問題から開発者を守るのが「意匠制度」です。

身の回りの多くの製品が意匠制度で守られている

 製品を開発した個人や会社は、デザインの盗用、いわゆる「模倣」「パクリ」を防ぐために、特許庁に意匠の登録をしておく必要があります。意匠制度で保護されている製品はいたるところにあります。身近なものとしてはシャープペンシルや消しゴムといった文房具、エアコンや体重計などの電化製品、化粧品やお菓子のパッケージデザインなどが当てはまります。

海外の「パクリ製品」にどう対処する?

 意匠の登録は国ごとに行う必要があるため、日本では登録をしていても海外で登録していなければ、まねされてしまうリスクがあります。現に、中国や韓国といったアジア圏では、日本製そっくりの「模倣品」、「パクリ製品」が数多く売られています。あなたも中国などに旅行に行ったら、日本のものによく似たパッケージのお菓子や電化製品がお店に並んでいるのを目にするでしょう。
 こうした問題に対処するため、製品の海外展開を考えている企業の担当者は、意匠の知識を持ち、どの国で意匠登録をするのか、しっかりと戦略を練る必要があります。もっとも、以前は各国への意匠登録手続きが煩雑で面倒でしたが、近年はグローバル化が進んだ影響もあって、さまざまな国への登録出願を一括で行える「国際出願」が可能となっています。

この学問が向いているかも 知的財産学、法学、デザイン学

大阪工業大学
大学院知的財産研究科  教授
山田 繁和 先生

メッセージ

 私は製品や画像のデザインを保護する方法をさまざまな角度から研究しています。あなたは毎日、教科書やカタログ、本などを通して多くの製品を目にしていることでしょう。できればそれらの製品を印刷物だけではなく、直接、自分の目で見てほしいと思います。そうすればきっと、そのデザインの美しさ、構造の面白さに気づくはずです。
 私の授業では、社会に出てからも生かせる具体的な例をたくさん挙げながら、デザインを保護する制度について教えています。もし興味があるなら、ぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 皆さんはかっこいいスマートフォンやおしゃれな文房具を見て、思わず欲しくなってしまうことはありませんか。私はこうした魅力的なデザインを創作した人や会社を守るための研究をしています。最初からこの研究をしたいと思っていたわけではなく、大学時代は教育学部で中学校の技術の教師をめざしていました。しかし、就職活動の際にたまたま特許庁の試験に合格し、デザインの権利を保護する「意匠審査官」になったのです。意匠審査官として働く中でデザインを守ることの重要性を知り、多くの人に伝えたいと思うようになったのです。

大学アイコン
山田 繁和 先生がいらっしゃる
大阪工業大学に関心を持ったら

 大阪工業大学は、工学部・ロボティクス&デザイン工学部・情報科学部・知的財産学部の4学部16学科構成で、「人のために役立つものづくり」を追究しています。本学学生たちの学びの原動力は「社会を思う優しい気持ち」や「積極的に学問・技術を探究する情熱」。そのため、特色ある実験・演習やグローバル人材育成をめざした語学教育など、多彩な教育プログラムを展開しています。そんな「質を保証する教育」が高い就職実績につながっています。