夢ナビライブの講義を動画でみてみよう! 20講義を
日替わりで公開中
「ちょっとのぞいてみる」をクリックすると、本編(約30分間)の中からピックアップした1分間動画を見ることができるよ!日替わりだから、定期的にチェックしよう!

  • 恋する百人一首
    文学・人文系統

    百人一首は、100首中43首が恋歌です。古の人々は、恋心を山鳥の尾、焚火の炎など、目に見える物や形で表現し、相手に訴えようとしました。序詞、掛詞、縁語はそこから生まれたのです。百人一首の恋歌を通じて、和歌や古典の読み方・本質をお話しします。

    フェリス女学院大学

    文学部 日本語日本文学科

    教授 谷 知子 先生

  • 英語プロナンシエーションの秘密
    語学系統

    英語圏で英語を使ってみると、基本は意外に通じるけれど、その先は何度言い直しても伝わらないことがあります。でも発音のコツを理解すると、一気にコミュニケーション力が上がるのです。強弱のつけ方は音程や、音の長短と連動することを体感してみましょう。

    仙台白百合女子大学

    人間学部 グローバル・スタディーズ学科

    教授 矢口 洋生 先生

  • 手遊びを学問しよう!
    教育系統

    「むすんでひらいて」や「ひげじいさん」「大きなくりの木の下で」国内だけで手遊びが1万種類以上あるって知っていましたか? 手遊びを実際に体験することを通して、手遊びという教材が、さまざまな学問分野とどのように結びついているかを学んでいきます。

    聖徳大学

    児童学部 児童学科

    准教授 関口 明子 先生

  • マンガ、キャラクターの作り方
    美術・デザイン・芸術系統

    今やマンガは最も身近な表現手段の一つとして定着しています。講義ライブでは、マンガ、キャラクターグッズの制作などに応用できるキャラクターの作り方についてお話しします。マンガ家、イラストレーター、ゲームクリエイターなどになりたい人、必見です!

    崇城大学

    芸術学部 デザイン学科 マンガ表現コース

    助教 小川 剛 先生

  • 音楽作品の「内側」と「外側」
    音楽系統

    音楽は日常生活から隔たった独自の世界であるとともに、社会で必要とされ人間の営みと不可分の存在でもあります。我々は音楽から何を「知る」ことができるのでしょうか。ここではラヴェル作曲《ボレロ》を具体例として、いくつかのアプローチを紹介します。

    京都女子大学

    発達教育学部 教育学科 音楽教育学専攻

    准教授 田崎 直美 先生

  • 外国の政治をどのように分析するか?
    法律・政治系統

    外国の政治を学問的に分析することは可能でしょうか。政治学の専門分野のひとつに比較政治学があります。比較する対象として、憲法や政治制度、政治が展開されるメカニズム、福祉政策などの特定の政策研究、理論分析などにより研究を行うことができます。

    大東文化大学

    法学部 政治学科

    教授 加藤 普章 先生

  • 現代社会の課題に挑戦! 「観光のチカラ」
    経済・経営・商学系統

    今年は国連の「開発のための持続可能な観光の国際年」です。講義ライブでは、私たちの視点を「観光を楽しむ側」から「観光を提供する側」にシフトし、観光が現代社会の諸課題の解決にどのような「チカラ」を持つのかを、事例を交えて一緒に考えていきます。

    宮城学院女子大学

    現代ビジネス学部 現代ビジネス学科

    教授 宮原 育子 先生

  • 地理学で読み解く、都市空間の過去から未来
    社会学系統

    多くの国では、地区衰退や再開発などの都市に関する課題を抱えていますが、その対策では都市空間の多角的な分析が必要となります。地理学の見方による分析を通じて、都市の社会・経済・環境的課題を発見し、解決への手がかりを見つけていきます。

    立正大学

    地球環境科学部 地理学科

    教授 伊藤 徹哉 先生

  • 国際社会による紛争解決の努力とその課題
    国際関係学系統

    国際連合(国連)をはじめ国際社会は、世界の平和と安全のために尽力していますが、連日報道されているように世界各地での紛争はあとをたちません。講義ライブでは、シリアの紛争を例に、国際社会の平和への努力とその課題を考えます。

    東洋英和女学院大学

    国際社会学部 国際社会学科

    教授 河野 毅 先生

  • 大学生が作るテレビ局
    情報・メディア系統

    映像コンテンツをどのように作り上げたら、メッセージを伝えることができるのでしょうか。番組企画・取材・撮影はもちろん、実際の地上波放送の番組やネットで番組配信を大学生たちが行い、運営するテレビ局を例に考えていきます。

    専修大学

    文学部 ジャーナリズム学科

    教授 福冨 忠和 先生

  • マントルとは何か? ~地球内部の調べ方~
    理学系統

    マントルは、私たちの足元約10kmから広がり、地球の体積の80%超を占めていますが、実は人類の手が届いていない未知の領域です。このマントルを調べることで、地球内部のシステムや地球の歴史を知ることができます。マントル研究の最前線を紹介します。

    九州大学

    共創学部 共創学科

    准教授 仙田 量子 先生

  • 癒やし系AI対話ロボットの開発体験談
    工学系統

    人の心を理解・共感し人の心を癒やす知的対話ロボットの研究体験事例を紹介します。AI(人工知能)ロボット研究の現状、AI研究のテーマの見つけ方や進め方、さらに皆さんが将来AI研究を行うために、「今から何をどう学ぶべきか」についてお話しします。

    東京工科大学

    コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科

    教授 亀田 弘之 先生

  • 宇宙から海底まで、バクテリアから鯨まで
    農・獣医・畜産系統

    「海を知り、守り、利用する」をモットーに、生物や資源の「入れ物」としての海について、まずは正しく知ることが大切です。しかし、どれほどのことを私たちは知っているのでしょうか? 研究の事例を具体的に写真と動画を交えて講義します。

    東京海洋大学

    海洋資源環境学部 海洋環境科学科

    教授 田中 祐志 先生

  • 外科手術っておもしろい?
    医学系統

    格好いい外科医が見事なメスさばきで難病に立ち向かうテレビドラマをみかけます。実際は3K(きつい、汚い、危険)で外科を希望する医師は減少傾向です。外科医として感じること、医師をめざす若者にお話ししたいことを胃がんの外科治療を通して伝えます。

    大阪医科大学

    医学部 医学科 一般・消化器外科学教室

    講師 李 相雄 先生

  • 義歯が活躍! 口腔がんのリハビリテーション
    歯学系統

    日本人の死因第一位は悪性新生物。口内にもがんができます。手術でがんの部分を取り除いた後、話が通じなくなったり食事がしにくくなったりします。そんなとき歯科医師の指示のもと歯科技工士が作る義歯が大活躍! 患者さんに喜んでもらえる大切な仕事です。

    東京医科歯科大学

    歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻

    准教授 大木 明子 先生

  • 「良薬口に苦し」は本当か
    薬学系統

    よく効く薬(良薬)というのはどのような性質を持っているのでしょうか。そのよく効く薬ほど苦いというのはなぜなのでしょうか。高校で習う生物や化学の知識と、私たちに備わっている五感の役割を関連付け、その理由を考えてみましょう。

    高崎健康福祉大学

    薬学部 薬学科

    教授 森 哲哉 先生

  • グローバル化時代の「臨床検査」って何?
    看護・医療技術系統

    臨床検査において、世界に通用する国際標準化の実情に沿った我が国の対応が始まっており、これまでの臨床検査技術に加えて医療技術安全管理を含む品質マネジメントが整備されつつあります。臨床検査技師が中心となり、どう対処しているかを見てみましょう。

    新潟医療福祉大学

    医療技術学部 臨床技術学科

    教授 久保野 勝男 先生

  • 世の中を創る仕事 ソーシャルワークを学ぼう
    保健・福祉系統

    「ソーシャルワーク」とは、みなさんのもっているイメージとは少し違うかもしれません。人が困ったり、何かができなくなっているのは、環境や社会にも原因があると考え、その原因を分析し、問題が起こらない世の中を創っていくのが、ソーシャルワークです。

    東北福祉大学

    総合福祉学部 社会福祉学科

    教授 三浦 剛 先生

  • 健康でいきいきと暮らすために必要なこと
    家政・生活系統

    朝食欠食や野菜摂取不足を含めた不適切な食生活、運動不足などの生活習慣の乱れから、がん、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病が増加しています。講義ライブでは、生涯を通じて健康でいきいきと暮らしていくための方法について高校生の皆さんと考えます。

    修文大学

    健康栄養学部 管理栄養学科

    准教授 小田 雅嗣 先生

  • スポーツにおける誤審とハイテク判定
    スポーツ・健康系統

    現在のスポーツでは、誤審という現象が確認されるようになり、審判をサポートするハイテク判定を導入する競技が存在します。将来的なスポーツの場面で、審判の立場はどのようになっていくのか、審判員の尊重という価値観は継承されるのかを探ります。

    帝京大学

    医療技術学部 スポーツ医療学科

    准教授 島﨑 直樹 先生