夢ナビライブの講義を動画でみてみよう! 20講義を
日替わりで公開中
「ちょっとのぞいてみる」をクリックすると、本編(約30分間)の中からピックアップした1分間動画を見ることができるよ!日替わりだから、定期的にチェックしよう!

  • 若者ことばを「文法的に」考える
    文学・人文系統

    「間違っている」と批判される「若者ことば」であっても一定のルールに基づいて使用されています。講義ライブでは「キモい」という言葉を取り上げ、この言葉がどんなルールのもとで使用されるのか、また、なぜ使われてしまうのかについて、文法的に考えます。

    千葉大学

    文学部 人文学科 日本・ユーラシア文化コース

    教授 岡部 嘉幸 先生

  • 英語音声学入門~英語学習の最優先事項~
    語学系統

    聞き手が苦労せずに理解できる発音を習得するためには音声学の知識が必要です。英語の音が日本語の音とどのように異なるのか、また英語のリズムと流暢さに伴う音声変化のルールを知ることも大切です。日本語と対照しながら英語音声学の基礎を講義します。

    専修大学

    文学部 英語英米文学科

    教授 三浦 弘 先生

  • 障がいのある子どもの行動を理解するヒント
    教育系統

    障がいのあるお子さんは、私たちから見ると不思議で困った行動をすることがあります。障がい特性を知ることで、不思議で困ったと思っていた行動が、納得して寄り添える行動へと変化するおもしろさを伝えたいと思います。

    関西福祉大学

    発達教育学部 児童教育学科

    准教授 米倉 裕希子 先生

  • 自己プロデュースと映画制作
    美術・デザイン・芸術系統

    自己の内外に潜む物語の種を、真意や魅力が伝わる映像作品として結実するには、技術習得を超え、自身の「価値観」を研ぎ澄ますことが大切です。映画は「私」でできている?! 多様な思想や美意識と出会い、自らの表現を熟成して、世界に発信していきましょう。

    武蔵野美術大学

    造形学部 映像学科

    教授 小口 詩子 先生

  • 聴くだけで管楽器がうまくなる講義ライブ
    音楽系統

    昨今大人気のクラブ活動の1つである「吹部」。吹奏楽部においても管楽器奏者は常にプレッシャーと闘っています。そんなメンタルを変えるだけで伸び伸び楽器を吹けるようになるのです。その方法を講義ライブでお伝えします。

    名古屋音楽大学

    音楽学部

    講師 上田 仁 先生

  • 未成年者は不自由か~法学部で勉強すること
    法律・政治系統

    未成年者が契約する際、どうして親の同意が必要なのでしょうか。この講義ライブでは、その意味を理解することを通して、法学部で何を勉強するのかをお話しします。成年年齢の引き下げによって今後どのような問題が生じるのかについても考えます。

    久留米大学

    法学部 法律学科

    教授 石川 真人 先生

  • 公共施設を救え! 地域の再生と公民連携
    経済・経営・商学系統

    道路や公民館や図書館など、私たちの生活と密接に関わっている公共施設がいま大きな課題に直面しています。公共施設が直面している課題とは何なのか? 課題の解決にはどのような方法があるのか?を解説することで、これからの地域のあり方を考えます。

    甲南大学

    経済学部 経済学科

    准教授 林 亮輔 先生

  • 観光が、旅が、まちやむら再生の原動力!
    社会学系統

    観光って何? 旅行やレジャー、遊びとの違いは? 観光ってどんな効用があるの? 固有の資源を保全・活用しながら、過疎・高齢化した地域の再生に挑む長野県の山岳リゾートを事例に、地域活性化の切り札として期待される観光まちづくりのプロセスを紹介します。

    長野大学

    環境ツーリズム学部 環境ツーリズム学科

    教授 熊谷 圭介 先生

  • AIを超える観光学
    国際関係学系統

    将来、AIに代わられる仕事が増えると言われています。しかし観光業は、マネジメントとクリエイティブ能力、ホスピタリティーとAIを連動させ、自己成長をしながら人に喜びを提供できる仕事です。そんな可能性にあふれた観光学について学んでみませんか?

    神戸学院大学

    グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 英語コース

    准教授 中嶋 アンディ 史人 先生

  • 声の仕組みを知ることが人を助ける
    情報・メディア系統

    私たちはどのように声を発し、そしてどのように声を聞いているか、そのメカニズムをまず一緒に考えます。その後、声の仕組みを知ることで、例えば声を発したり聞いたりすることが難しい方のための装置など、どのような応用があるかを考えます。

    上智大学

    理工学部 情報理工学科

    教授 荒井 隆行 先生

  • リズムでわかる脳の仕組み
    理学系統

    私たちの脳は日々の新しい状況にリアルタイムで対処できます。これは1000億個もの多様な神経細胞が「リズム同期」を介して互いに協調的に働くためと考えられています。このリズム同期に焦点を当て、コンピュータとは異なる脳の仕組みを概説します。

    公立はこだて未来大学

    システム情報科学部 複雑系知能学科

    教授 佐藤 直行 先生

  • 体の健康情報をいつでも、医療情報システム
    工学系統

    イヤホン・メガネ・スマートフォンなど日常利用するモノで健康管理ができたら、どのくらい健康な人が増えるのでしょう。意識することなく生体情報を計測できるシステムの先端研究を講義します。身につけるだけで、体温・血管・心拍などの情報が手に入ります。

    福岡工業大学

    情報工学部 情報システム工学科

    助教 李 知炯 先生

  • 生態系を守る農業で、人の暮らしを守る
    農・獣医・畜産系統

    今も急速に増加する世界の人口を支えるのは農業です。生態系を破壊しないで高い生産を可能にする「生態系を守る農業」の研究を例を交えて紹介し、このような農業が生産者も都市生活者の暮らしも(そして地球も)守ることができることを考察します。

    新潟食料農業大学

    食料産業学部 食料産業学科 アグリコース

    教授 伊藤 豊彰 先生

  • がん研究から生と死を考える
    医学系統

    医療技術の発展により、がんを早く発見したり、がん治療が遺伝子レベルで行われるようになってきました。しかし、まだ多くの救えない命があります。救えない命を救うために医師に求められていることは何か。生命とは何か。一緒に考えてみましょう。

    大阪医科薬科大学 ※2021年4月大学統合

    医学部 医学科

    助教 谷口 高平 先生

  • 歯を支える歯ぐきと骨を再生する
    歯学系統

    歯周病は、口の中に棲息する細菌が原因となって歯を支える歯ぐきと骨が破壊される病気で、成人が歯を喪失する一番の原因に挙げられています。講義ライブでは、この歯ぐきと骨を元通りに取り戻す、世界に誇る再生医療の最前線をご紹介します。

    大阪大学

    歯学部 口腔治療学教室

    教授 村上 伸也 先生

  • インフルエンザを紫外線で光らせる!
    薬学系統

    講義ライブは大きく3部に分けて行います。まずインフルエンザウイルスとその治療薬について説明し、次にインフルエンザウイルスの迅速な診断方法の解説、そしてタミフルやリレンザに耐性を持つウイルスを紫外線で光らせる方法を紹介します。

    広島国際大学

    薬学部 薬学科

    教授 池田 潔 先生

  • 沖縄の文化に触れケアの専門性を探求する
    看護・医療技術系統

    誰もが自分らしく最期を迎えるためには、その土地の文化に根ざしたケアが重要です。多死の時代を迎え、地域の生活者の感覚で人や自然とつながることの温もりや安らかさへのケアが求められています。沖縄のケアリング文化に触れ、看護を学ぶ意味を見つけよう。

    名桜大学

    人間健康学部 看護学科

    教授 大城 凌子 先生

  • 見えにくい障がい者の生活を考える視点
    保健・福祉系統

    「障がい」をとらえる視点は、その病理に問題を重点化するのではなく、個人と社会との相互作用からとらえることが重要です。日本の5大疾患の一つである精神障がいのある人の生活支援の視点と、支援の意味を、個人と社会の関係からお話しします。

    大阪市立大学

    生活科学部 人間福祉学科

    助教 清水 由香 先生

  • 生まれる前の栄養で子どもの健康が決まる?
    家政・生活系統

    皆さんは、無理なダイエットをしていませんか? 過度の食事制限などによる栄養不足の状態で妊娠すると、本人だけでなく、その子どもの健康にも影響を及ぼすと言われています。子どもの将来の健康を左右する妊娠期の栄養について一緒に考えてみましょう。

    長崎国際大学

    健康管理学部 健康栄養学科

    教授 熊井 まどか 先生

  • スポーツ心理学は面白い:心身摩訶不思議論
    スポーツ・健康系統

    講義ライブでは、スポーツ心理学がどのような学問であるかを概説するとともに、代表的な研究課題である「緊張」に焦点を当て、緊張時の心身の変化の特徴を紹介します。併せて、実験機器を用いて、からだの変化を可視化する予定です。

    大阪体育大学

    体育学部 スポーツ教育学科 スポーツ心理・カウンセリングコース

    教授 手塚 洋介 先生