夢ナビライブの講義を動画でみてみよう! 20講義を
日替わりで公開中
「ちょっとのぞいてみる」をクリックすると、本編(約30分間)の中からピックアップした1分間動画を見ることができるよ!日替わりだから、定期的にチェックしよう!

  • カウンター・カルチャーの過去と現在
    文学・人文系統

    1960年代のアメリカで生まれたカウンター・カルチャーは、既存の文化や体制に対抗し、フォークやロック、ドラッグ・カルチャー、性革命、生き方の変革を生みました。ボブ・ディランがノーベル賞を受賞した現在までに、その意味はどう変化したのでしょう。

    フェリス女学院大学

    文学部 英語英米文学科

    教授 梅﨑 透 先生

  • 中国語にチャレンジ!
    語学系統

    この講義ライブでは、入門編として中国語の発音や文法的特徴をわかりやすく紹介します。同じ漢字でも意味や形が違うものをクイズ形式で楽しく学び、簡単なあいさつや身近な中華料理の名称も中国語でチャレンジします!

    関西外国語大学

    英語国際学部 英語国際学科

    准教授 吉田 泰謙 先生

  • あなたの知らない校長先生の世界
    教育系統

    学校には必ずいらっしゃる校長先生。でも、校長先生が何をしているのかは謎のベールに包まれています。「大学生がどう校長先生を見ているか」の調査から、校長先生の実態に迫ります。明日から校長先生を見る目が変わるかもしれません。

    高崎健康福祉大学

    人間発達学部 子ども教育学科

    教授 栗原 幸正 先生

  • ビジュアルカルチャーで地域貢献
    美術・デザイン・芸術系統

    漫画、映像、アニメーション、ゲームなどの「ビジュアルカルチャー」は、テクノロジーの進化とともにその可能性を広げています。地域課題にコンテンツ制作を活用した、自己表現に留まらない地域貢献のための制作プロジェクトの展開について紹介します。

    岩手大学

    人文社会科学部 人間文化課程 芸術文化専修プログラム

    教授 本村 健太 先生

  • ロックの履歴書
    音楽系統

    ロックンロールはいつ、どこで生まれたのでしょう? そもそもロックってどんな音楽なのでしょう? 講義ライブでは、ロックンロールの誕生から、ロックが世界的なトレンドになるまでの過程を、映像と音を交えレクチャーします。

    洗足学園音楽大学

    音楽学部 ロック&ポップスコース

    教授 前野 知常 先生

  • 自衛(専守防衛)は空手の神髄に通じる
    法律・政治系統

    「自衛」は国際法で認められた主権国家の権利ですが、「侵略」との境界線は微妙です。この違いを理解するためには、意外にも、空手の標語「空手に先手なし」の精神の解説が助けになります。全日本選手権優勝チームの演武を見ながら説明します。

    帝京大学

    法学部 政治学科

    教授 鬼頭 誠 先生

  • 地域を元気にする交通まちづくりのデザイン
    経済・経営・商学系統

    私たちの暮らしを支える「交通」。わが国でも交通をまちづくりに生かす取り組み(交通まちづくり)が進められています。市街地の再生や公共交通の衰退が課題とされるなかで、交通まちづくりをどうデザインすればよいのか、経済学的な視点を交えて紹介します。

    福島大学

    人文社会学群 経済経営学類

    准教授 吉田 樹 先生

  • まちづくりの極意! 「未来デザイン」とは?
    社会学系統

    まちづくりは、地域内外の人たちと思いを共有し、未来像を描くことが大切です。そこで役に立つのが、まちの未来を描くために開発された思考ステップ「未来デザイン」。全国で20年以上実践されてきた、まちづくりの極意「未来デザイン」を紹介します!

    大正大学

    地域創生学部 地域創生学科

    准教授 金子 洋二 先生

  • 世界最大の民主主義国家、インドに注目!
    国際関係学系統

    インドのヒンドゥー教徒の間には、カースト制度や男尊女卑の古い慣習が根強く残っています。そのため、身分が低い人や女性は政治に参加しにくい状況が続いていました。しかし近年、そうした人々の政治参加が広がっており、その動向に世界が注目しています。

    神戸女学院大学

    文学部 総合文化学科

    准教授 北川 将之 先生

  • 計算言語学への招待 ~コトバを科学する~
    情報・メディア系統

    私たちはどのように文や単語の意味を理解しているのでしょうか? 計算言語学とは、コンピュータを使って言語にまつわる問題に取り組む学問です。講義ライブでは、計算言語学におけるいくつかのトピックと、それらに対する最先端のアプローチを紹介します。

    首都大学東京

    システムデザイン学部 情報科学科

    准教授 小町 守 先生

  • ゼロ摩擦への挑戦~究極の省エネをめざす
    理学系統

    摩擦は省エネルギー問題解決の鍵です。最先端のナノテクを用いると、分子のボールを転がして摩擦を小さくしたり、分子のテープを貼り付けて摩擦を大きくすることが可能です。摩擦を制御して、究極の省エネをめざす研究の現場を紹介します。

    電気通信大学

    情報理工学域 III類(理工系) 物理工学プログラム

    教授 佐々木 成朗 先生

  • 超音波でつくるバブルのパワーとは
    工学系統

    液体に強い超音波を当てると何が起こるでしょう? 液の中でバブルができて振動し、やがてギュッと縮まり壊れます。すると小さいけれど太陽並みの高温や衝撃波ができます。これを使って化学反応、粒子の衝突、小さな液滴をつくり、モノづくりに役立てています。

    鹿児島大学

    工学部 環境化学プロセス工学科

    教授 二井 晋 先生

  • ニーズをつかみ価値を伝える 農業者の経営力
    農・獣医・畜産系統

    農業にとって作れば売れたのは過去の話。作ったものをどう売るか、商品を企画し、誰に届けるかをしっかり考えることが農業の未来を大きく変えます。複雑化する組織の中で人を育て、産業としての成長が求められる現在、農業経営学の役割が重視され始めています。

    東京農業大学

    国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科

    教授 鈴村 源太郎 先生

  • 死者を診る医師とは~法医学への招待~
    医学系統

    医師の仕事は、「生きている人を診る」ことです。しかし、「死んだ人を診る」ことも医師にとって重要な仕事です。その意義は、死因の究明にあります。講義ライブでは、事件や事故に巻き込まれた人の死を診る法医学の、高齢社会における重要性を紹介します。

    福岡大学

    医学部 医学科

    教授 久保 真一 先生

  • 歯並び・かみ合わせと呼吸の関係
    歯学系統

    電車で座っているとき、スマホに熱中しているときなど、皆さんは口を開けていませんか。中には、口で呼吸している人もいるかもしれません。講義ライブは、不正咬合(歯並び・かみ合わせが悪いこと)と口で呼吸することに関係はあるのだろうかという内容です。

    東京医科歯科大学

    歯学部 歯学科

    教授 小野 卓史 先生

  • 化学の力でインフルエンザウイルスを撃退
    薬学系統

    インフルエンザはとても恐ろしい感染症の一つです。講義ライブでは、化学者の観点から、最近のインフルエンザ治療薬がどのように人体に作用しているのかについて解説します。また、医薬品を創り出すために、化学の力が重要であることについても紹介します。

    東京薬科大学

    薬学部 医療薬物薬学科

    教授 三浦 剛 先生

  • 夢が広がる、看護の道とその魅力
    看護・医療技術系統

    看護はさまざまな健康レベルの人の生命、生活、人生という「ライフ」に寄り添い、「ライフ」を支える、とてもやりがいのある道です。将来的にも、病院に限らず幅広い活躍の場があり、道が開かれています。看護という学問と仕事の魅力についてお話しします。

    高知県立大学

    看護学部 看護学科

    教授 中野 綾美 先生

  • 最新医療を牽引する臨床検査技師
    保健・福祉系統

    臨床検査技師は、主に病院で患者さんの病態を把握するための検査を担当します。最近は科学者として大学などで研究を行う人も存在します。講義ライブでは臨床検査技師が病院のどこにいて何をしているか、どのような研究を行っているかについて紹介します。

    東京医科歯科大学

    医学部 保健衛生学科 検査技術学専攻

    准教授 齋藤 良一 先生

  • 常識のウソ? わかってきた味覚のメカニズム
    家政・生活系統

    普段、何気なく食べている食べ物ですが、私たちはどのようにしていろいろな味を感じているのでしょうか? 教わってきた味覚の常識を覆す発見が次々と報告されています。味覚のメカニズムで明らかになってきたこと、まだ不明なことなどについて紹介します。

    日本女子大学

    家政学部 食物学科

    准教授 太田 正人 先生

  • スポーツにおける誤審とハイテク判定
    スポーツ・健康系統

    現在のスポーツでは、誤審という現象が確認されるようになり、審判をサポートするハイテク判定を導入する競技が存在します。将来的なスポーツの場面で、審判の立場はどのようになっていくのか、審判員の尊重という価値観は継承されるのかを探ります。

    帝京大学

    医療技術学部 スポーツ医療学科

    准教授 島﨑 直樹 先生