夢ナビライブの講義を動画でみてみよう! 20講義を
日替わりで公開中
「ちょっとのぞいてみる」をクリックすると、本編(約30分間)の中からピックアップした1分間動画を見ることができるよ!日替わりだから、定期的にチェックしよう!

  • 信じる心を科学すると社会や自分がみえる
    文学・人文系統

    何かを信じることは不安な心を支え、信じた内容を他者と共有すると集団や社会の目標となり行動を牽引します。そんな大事なことを、誰かが誘導するのがマインド・コントロールです。搾取、虐待、テロリズムにも関わるこの問題を、社会心理学の視点で考えます。

    立正大学

    心理学部 対人・社会心理学科

    教授 西田 公昭 先生

  • 「ことば」とはなにか
    語学系統

    なぜすべての動物のなかでヒトだけが服を着て自転車や車に乗っているのでしょう? その秘密は「ことば」にあるかもしれません。ヒトの「ことば」と動物の「ことば」はどう違う? それとも同じようなもの? 「ことば」の正体にせまります。

    甲南大学

    文学部 英語英米文学科

    教授 中谷 健太郎 先生

  • 教育の常識をとらえ直す~教育社会学入門~
    教育系統

    テレビやインターネットなどでは日々、教育に関する見解が流布されています。それらの「常識的な見解」を、データや根拠に基づいてとらえ直していくところに教育社会学の醍醐味があります。講義ライブでは、そのダイナミックなおもしろさを紹介します。

    日本女子大学

    人間社会学部 教育学科

    教授 藤田 武志 先生

  • デザインの謎解き
    美術・デザイン・芸術系統

    美しいデザインに潜むデザインのロジックを検証します。比率や自然界の法則から学ぶ、デザインクリエイティブの世界の謎解きに挑戦してみましょう。

    崇城大学

    芸術学部 デザイン学科

    教授 岩上 孝二 先生

  • 吹奏楽を楽しもう!!
    音楽系統

    日本の吹奏楽はコンクール至上主義ですが、それがプロアマのレベルを飛躍的に上げ、今や世界的に見ても高水準です。ヨーロッパは文化、アメリカは教育と考えられる吹奏楽が、日本では部活というカテゴリーだけではなく芸術的なものであることをお話しします。

    名古屋音楽大学

    音楽学部

    准教授 橋本 眞介 先生

  • 「農」が日本を救う? 環境・IT・女性の力
    法律・政治系統

    「農」って、自分に関係がないコトだと思っていませんか? 最近、IT、ロボットなどの先端技術を取り入れた「農」が、将来の日本を支える成長産業として注目されています。大手企業が参入し、女性の活躍も期待される、あなたが知らない「農」の世界とは?

    実践女子大学

    生活科学部 現代生活学科

    准教授 野津 喬 先生

  • テーマパークに学ぶマーケティング
    経済・経営・商学系統

    年間3000万人を超える来場者が訪れる日本一のテーマパークは、本場アメリカを上回る人気だと言われます。その人気を維持するために、どのようなマーケティング戦略がとられているのでしょうか? 人気の秘密をマーケティングの観点から探究します。

    阪南大学

    経営情報学部 経営情報学科

    教授 山内 孝幸 先生

  • 男性学入門
    社会学系統

    なぜ文系志望には女子が多く、理系志望には男子が多いのでしょうか? 同じ文系でも、男子は経済・経営、あるいは法律など、「実際的」な分野を選ぶ傾向があります。講義ライブではジェンダー論の視点から、とりわけ男性という性別に焦点を当てて解説します。

    大正大学

    心理社会学部 人間科学科

    准教授 田中 俊之 先生

  • 国境を越える病原体 グローバル感染症
    国際関係学系統

    グローバル化した現代社会においては、これまで国内では接触することのなかった病原体にさらされる機会が増えています。国境を越えたさまざまな健康問題やグローバル感染症(エイズ、結核、マラリアなど)について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

    順天堂大学

    国際教養学部 国際教養学科

    教授 ニヨンサバ フランソワ 先生

  • 立体映像を映すには?
    情報・メディア系統

    現在の3D映画やVRはメガネやゴーグルをかけて見ますが、SF作品などでは映像が空中に浮かび上がるような描写をよく目にします。それは実現できるでしょうか? そもそも立体映像とは何でしょうか? 従来の映像との違いや、立体映像の表示法を考えます。

    長岡技術科学大学

    工学部/工学研究科 電気電子情報工学専攻

    准教授 圓道 知博 先生

  • 脳神経系の発達のしくみとはたらき
    理学系統

    私たちの脳は心や行動をコントロールする重要な神経系の中枢器官です。さまざまな情報を並列に処理できるその高度な能力はスーパーコンピュータにも引けを取らないと言われています。脳の神経回路がどのように発達して機能するのか、その基礎を学びます。

    東京理科大学

    理工学部 応用生物科学科

    教授 古市 貞一 先生

  • 分子ロボットが描く、次世代技術と制御工学
    工学系統

    医療革命につながる「超小型ロボット」は、人類の夢です。金属ではなく生体分子を材料とすることで、このロボットは作製可能だと言われています。しかしそこには、制御工学的・化学的な課題があります。「分子ロボット」の魅力を課題と合わせてお伝えします。

    九州工業大学

    情報工学部 知的システム工学科

    准教授 中茎 隆 先生

  • 食品の健康機能性の解明研究
    農・獣医・畜産系統

    食品には、栄養素以外に我々の健康を保つためのさまざまな機能性成分が含まれています。講義ライブでは、愛媛県の代表的な農産物である柑橘類の花粉症症状緩和効果に関する研究、および柑橘の果皮を活用した機能性食品の開発についての研究を紹介します。

    愛媛大学

    農学部 生物資源学科 応用生命化学専門教育コース

    教授 菅原 卓也 先生

  • 迫りくる南海トラフ巨大地震と医療支援活動
    医学系統

    南海トラフ地震は周期的に発生し、30年以内に80%発生すると言われ、発生した時の被害予想は歴史上最大です。我々はそれぞれの立場、職業において、大災害に対峙しなければいけません。講義ライブでは、災害時の医療活動についてわかりやすく説明します。

    大阪医科大学

    医学部 医学科

    准教授 冨岡 正雄 先生

  • 口の中から健康を考えよう!
    歯学系統

    「食べた後は歯磨きしなさい!」と言われたことはありませんか? それはなぜでしょう? 多くの人が「むし歯になるから」と答えるのではないでしょうか。でも、あまり歯磨きをしなくてもむし歯にならない人もいます。その違いは何か、一緒に考えてみましょう。

    埼玉県立大学

    保健医療福祉学部 健康開発学科 口腔保健科学専攻

    講師 新井 恵 先生

  • 医薬品情報と医療ビッグデータの利用
    薬学系統

    医薬品は情報の塊であり、医薬品を使用するにあたってさまざまな情報を利用します。その医薬品情報の形成にも、医療ビッグデータが利用されています。ビッグデータがどのように利用され、薬剤師の仕事とどのように関わっていくのかを一緒に考えてみましょう。

    九州保健福祉大学

    薬学部 薬学科 臨床薬学第一講座

    教授 下堂薗 権洋 先生

  • 寝る骨は育つ? 骨と関節の構造と成長
    看護・医療技術系統

    骨は身体の中ではとても硬い組織です。この簡単に形を変えそうにない硬い骨が、いったいどうやって成長してそれぞれ特徴的に形作られているのか不思議に思ったことはありませんか? 講義ライブでは人体の、特に骨と関節の魅力についてお話ししたいと思います。

    北海道文教大学

    人間科学部 こども発達学科

    准教授 白幡 知尋 先生

  • 記憶のメカニズムと認知症について
    保健・福祉系統

    ヒトが物語を記憶するには、短期記憶や長期記憶、言葉を用いた記憶や言葉を用いない記憶、また体に染み付いた記憶と言われる手続き記憶などが存在します。今回は記憶のメカニズムの紹介と記憶の障がい、いわゆる認知症についても取り上げ、講義します。

    四條畷学園大学

    リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

    准教授 田丸 佳希 先生

  • 家族と暮らせない子どもと社会的養護
    家政・生活系統

    日本は現在「少子化社会」と言われていますが、虐待などの理由で家族と一緒に生活できない子どもは増加しています。そうした子どもたちを支える仕組みを「社会的養護」といいます。講義ライブでは、社会的養護の内容やそこで働く人たちについて紹介します。

    大阪府立大学

    地域保健学域 教育福祉学類

    教授 伊藤 嘉余子 先生

  • 実力発揮とメンタルトレーニング
    スポーツ・健康系統

    体力や技能のトレーニングと同様に、精神面をコントロールする技術があり、トレーニングで向上させることができます。そのためには積極的な精神の自己管理能力を身につけることが重要です。講義ライブで、リラクセーショントレーニングを体験してみましょう。

    山梨学院大学

    スポーツ科学部 スポーツ科学科

    教授 遠藤 俊郎 先生