夢ナビライブ | 大学研究&学問発見のための 国公私立大 合同進学ガイダンス
夢ナビライブ2018仙台会場での 松崎 泰弘 先生の講義をちょっとのぞいてみよう!
持ちつ持たれつ、メディアとスポーツ  [1分間動画]
大正大学
表現学部 表現文化学科 放送・映像表現コース 教授

松崎 泰弘 先生
この動画は2018年10月6日開催の夢ナビライブ2018仙台会場で収録されたものです。当日の講義内容はこの動画とは異なる場合がありますので、予めご了承ください。
先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
高校1年生 興味のあるスポーツの分野と、身近なメディアの関わりを知ることができた。現代のメディア離れは深刻なのだと感じた。
高校1年生 メディアとスポーツについてくわしく教えてくれてありがとうございました。とてもおもしろかったです。
高校1年生 テレビの視聴率が減っている中でスポーツが数少ない「キラーコンテンツ」となっていることにびっくりした。自分もメディアに関する職に就きたいと思っているからためになった。
高校1年生 持ちつ持たれつとなっている意味がよく分かった。「アスリートファースト」について考えることができた。
高校1年生 メディアの情報をうまく活用できるようにしたいです。
高校1年生 今回講義を聞いて、自分の新たな分野を見つけることができたと思いました。これを参考に進路を考えます。
高校1年生 メディアはアスリートや視聴者に良い影響や悪い影響が必ず両方あるものだと改めて感じました。先生に教わったことは忘れないようにしたいと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 メディアとスポーツの関係性について知ることができてよかったです。視野が広がった講義でした。
高校3年生 ニュース番組などで内容より出演者などの外見が強いインパクトを与えていることが分かりました。また、テレビの視聴率が低迷する中、スポーツ番組はキラーコンテンツであることがわかりました。
高校1年生 テレビとスポーツの裏では選手の苦労があることが分かりました。視聴率を取るって恐ろしいと思いました。
高校1年生 メディアとスポーツは互いに協力して成り立っているということが分かりました。メディアの大切さを深く知ることが出来た。
高校1年生 メディアなど自分が関わらないような内容に触れられたし、スポーツとの関連が知れた為とても良い機会になったと思います。
高校1年生 若者のテレビ離れとそれを打開するためのスポーツとの関係が分かった。
高校1年生 メディアの欠点も学ぶことができて良かった。もっと深く調べてみたい。
高校1年生 メディアとスポーツの関係についてよく理解できました。
高校1年生 はじめは興味なかったけど、すごく分かりやすくて、理解しやすかった。
高校1年生 メディアによって最近のスポーツ事情は変化しているという話がとても面白かったです。
高校1年生 しっかり、一つ一つ丁寧に説明してくださってスポーツがメディアに与える影響力の大きさなどを知ることができました。
高校1年生 テレビの視聴率やテレビ離れの現状がわかりやすく多くのことを知ることができました。スポーツの放映権と視聴者、選手の中で大切にすべきものがずれていると感じました。まさに持ちつ持たれつだと思いました。
高校3年生 人々の目から入る情報は、意見を変えるほどの力を持っていることを知りました。私はソフトテニスをテレビでもっと取り上げてメジャーなスポーツになってほしいと思います。
高校1年生 情報学に興味があり、この講義を選択しましたが、詳しいお話を聞けたことでより興味が深まりました。ありがとうございました。
高校1年生 スポーツに関わる仕事を、将来したいと思っているので、とても参考になりました。

夢ナビ