夢ナビライブ | 大学研究&学問発見のための 国公私立大 合同進学ガイダンス
夢ナビライブ2015東京会場での 齊藤 紀子 先生の講義をちょっとのぞいてみよう!
紙で象を救う! ソーシャルビジネスって何?  [1分間動画]
千葉商科大学
人間社会学部 准教授

齊藤 紀子 先生
この動画は2015年7月11日開催の夢ナビライブ2015東京会場で収録されたものです。当日の講義内容はこの動画とは異なる場合がありますので、予めご了承ください。
先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
高校2年生 ソーシャルビジネスに非常に興味を持ちました。CSRは知っていたが、ソーシャルビジネスがあるとは知らなかったため、とても勉強になりました。
高校2年生 とても興味をもって話を聞くことができました。
高校1年生 今まで、全く知らなかったソーシャルビジネスがどういった物かを知ることができ、興味を持つことができた。
高校2年生 将来の夢とは違う内容のお話でしたが、とても面白かったです。
高校1年生 少し単語が難しかった。ソーシャルビジネスについてもう少し詳しく知れたらいいなと思いました。「ゾウさんペーパー」については自然破壊が原因なので環境問題を解決していくことで人間と共存できるんだと思いました。
高校1年生 象のフンが紙となるというのは初めて聞いてとても興味深かった。
高校1年生 環境や貧因などの問題に、ビジネスを通して、価値を創造し、解決していく。
高校1年生 ソーシャルビジネスについて最初はあまり理解していなかったが、社会の発展において重要なことだと分かりました。
高校1年生 初め行く予定ではなかったが、ゾウから作られる紙、そしてソーシャルビジネスへとつながっていく様子がとてもおもしろかった。
高校1年生 もっと聞いてみたかったです。
高校1年生 ソーシャルビジネスとは何かを全く知らなかったので、今回先生のわかりやすい説明をきき、それはむずかしいけれどすばらしいものだということがわかり、きょうみがわきました。ありがとうございます。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校1年生 ソーシャルビジネスがどのようなものかを知れた。
高校1年生 象のふんが紙になるなってとってもびっくりしました。興味がわいた。
高校1年生 一つの紙でそんな世界がよくなるものなのかと思った。とてもわかりやすかった。
高校1年生 ゾウの糞を使って紙を作れることにとても驚きました。またソーシャルビジネスについて知ることができたので良かったです。
高校1年生 ゾウのふんによって紙が出来ることに驚き、又、それによってゾウと人間との関係性の改善、森林の保護、雇用の増大など良い事ばかりで興味が湧きました。
高校1年生 興味が湧いた。
高校2年生 人間社会学部を目指したいと思います。
高校1年生 ソーシャルビジネスにとても関心がわきました。
高校1年生 とてもおもしろかった。
その他 はじめてきいた言葉でした。ソーシャルビジネスに興味がでました。

夢ナビ