夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年6月20日
今週のテーマは「天気」
集中豪雨は都市域で起きやすい!?
首都大学東京 都市環境学部 地理環境学科
教授 高橋 日出男 先生
積乱雲は地球の大気を動かすエンジン
名古屋大学 地球水循環研究センター
教授 坪木 和久 先生
熊谷市はなぜ暑い? ~猛暑が起きる条件とは~
立正大学 地球環境科学部 環境システム学科
教授 渡来 靖 先生
神戸大学 工学部 機械工学科
准教授 浅野 等 先生 からのメッセージ
興味を持つことはいいことです。ところが、それに対して行動を起こしても途中でやめてしまう人、興味の対象をすぐに別なものに向けてしまう人が少なくありません。
最初に興味を持ったことはそれなりに自分で考えたものであったはずです。「知る」ということは容易ではありません。それに対して困難がともなっても、根気よく続ける姿勢が大切です。そこで得られた知識はさらなるあなたの興味の進展につながり、レベルアップにもつながります。最初に興味を持ったものを大事にしてください。
首都大学東京 システムデザイン学部 電子情報システム工学科
教授 福本 聡 先生 からのメッセージ
大学進学で専攻を決めるときには一生に関わる選択をすることになります。その中で本来望む道と違う方向に行くこともあるでしょう。私もそうでしたが、やりたいこととやれることが違うことはよくあることです。しかし、やりたい道に進めないことが必ずしも悪いことではありませんから、それを失敗だとは思わないでください。大学に進んでからたくさんの人や考え方に触れ、進む道を考えていくスタンスもありだと思っています。決して環境や人のせいにせず、自分の決めた道を進んでいきましょう。
中央大学 経済学部 経済学科
教授 松丸 和夫 先生 からのメッセージ
人と人との出会いは偶然かもしれませんが、偶然の出会いを必然に変えるためには、自らの判断と強い意志、そして行動が必要です。
大学との出会いも同じことだと思います。自分の進む道や生き方を決めるとき、まわりの人の意見は参考になりますが、最後の判断は自分自身がするべきです。自分で決めたことなら、後悔しないで、前に向かって進めるはずです。ですから、多少まわりとの摩擦やあつれきがあろうとも、自分で決断するということが大切なのです。

今年も梅雨の季節がやってきました。この時期は空の様子や天気予報をチェックするなど、いつも以上に天気が気になるのではないでしょうか。そこで今週は「天気」をキーワードに夢ナビ講義をご紹介します。
身近な自然現象ですが、まだまだ天気についてわからないことがたくさんあります。それを理解しようとする学問に、この機会に触れてみましょう。

夢ナビTALK 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.