夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年5月30日
環境を汚染する「ゴミ」の問題
プラスチックごみという新しい環境問題
公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科
准教授 佐藤 伸 先生
あなたは加害者? 被害者? レジ袋とストローから考える
大阪商業大学 公共学部 公共学科
准教授 原田 禎夫 先生
開発途上国のゴミが資材に生まれ変わる仕組みを作る
埼玉大学 工学部 環境社会デザイン学科
教授 川本 健 先生
宝塚大学 看護学部 看護学科
教授 日高 庸晴 先生 からのメッセージ
現代の日本では「個性を大切に」と言いながら、みんなと違うことをすると変だと思われたり、距離を置かれたり、まだまだ「他人と同じがよい」という風潮があります。それでも、自分の好きなこと、興味のあることは諦めずにとことん探究しましょう。
自分だけのユニークな世界を持つことは強い武器になります。古今東西、独自の発想でそれまで誰もなしえなかったことを実行した人は、総じて「変わり者」だったはずです。自分に自信を持って、「これ!」と決めたら突き進んでください。
岩手大学 理工学部 システム創成工学科
准教授 三好 扶 先生 からのメッセージ
高校生のあなたは、勉強を頑張っていると思いますが、ぜひ運動も頑張ってください。経験上、部活動を一生懸命やっている人は勉強もできるケースが非常に多いです。おそらく時間を上手に使う力が養われるからでしょう。文武両道とはよく言ったもので、勉強と運動がお互いにいい効果をもたらすはずです。
進路については、時には周囲の大人と意見が食い違うこともあると思いますが、最終的には保護者は子どもを応援するものです。周りの大人に左右されずに、自分の夢を叶えられる分野に進んでほしいと思います。
富山大学 芸術文化学部 芸術文化学科 デザイン情報コース
准教授 沖 和宏 先生 からのメッセージ
ひとつの価値観や、常識だけに固執するのはつまらないことです。例えばヒーローの怪獣退治は、人間にとっての正義ですが、怪獣視点に立てば、楽しい散歩中に突然現れた暴漢に過ぎず、それは理不尽な暴力です。
大切なのはひとつの物事にいくつかの価値観をもつ力です。それは感動につながります。感動とともに記憶された情報は、自分らしいユニークな考えや、発想に役立っていきます。誰かの感想に合わせるより、自分の感動をたくさん積み重ねていく方が楽しいと思います。

本日5月30日は、「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合わせから「ごみゼロの日」として、全国で美化活動や廃棄物の再生利用促進の啓発運動などが行われています。大手飲食店が将来的にプラスチックストローの使用を取りやめると発表するなど、ゴミの削減や環境保護に向けた動きが各国で広まっています。そこで今週は「ゴミ」に関する夢ナビ講義をご紹介します。

夢ナビTALK 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.