夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年5月23日
今週のテーマは「アプリケーション」
災害時以外でも使える、スマートフォン向け防災アプリを開発
山口大学 工学部 知能情報工学科
教授 中村 秀明 先生
アプリの多機能・高機能化を陰で支える、「テスト効率化」の技術
宮崎大学 工学部 情報システム工学科
教授 片山 徹郎 先生
アプリで人々に豊かなコミュニケーションを提供するには
東北工業大学 ライフデザイン学部 クリエイティブデザイン学科
教授 堀江 政広 先生
一橋大学 経済学部
教授 冨浦 英一 先生 からのメッセージ
将来の進路について考える時に、科目の名前やそこから来るイメージにはあまりこだわらないようにした方がいいと思います。それよりも、自分自身が関心を持っていることや、好きなこと、得意なものを生かせるような分野は何だろうと考えて、その道を選ぶようにしてください。それがきっと将来に後悔しない、実りの多い結果につながると思います。
公立諏訪東京理科大学 工学部 情報応用工学科
教授 平田 幸広 先生 からのメッセージ
高校時代には、基礎学力を身につけることも大事ですが、いろいろなことに好奇の目を向ける「姿勢」もぜひ身につけてください。物事にはさまざまな側面があり、世の中には多種多様の考え方があります。ひとつの考え方や方式に固執するのではなく、頭を柔らかくして自分の周囲を見渡してみてください。そうした経験の積み重ねが、思いもかけないアイデア、発想につながっていきます。また、失敗も大事な経験のひとつです。失敗を恐れず、興味のあることには勇気をもってチャレンジしてください。
跡見学園女子大学 文学部 臨床心理学科
教授 松嵜 くみ子 先生 からのメッセージ
将来のことを考えたとき、はっきりとイメージできる人もいれば、全くできない人もいると思います。しっかり考えている友人がいて、慌てているかもしれません。将来のことを決めるのは難しいことですから、たくさん迷ってください。決してダメなことではありません。情報を集めたり、体験したり、いろいろと試してみましょう。さて、どちらに進んだらいいか? それは、あなたの心の声が教えてくれます。頭で考えるより、すんなり動ける方に進んでみましょう。心と体のかすかなサインが、きっとバロメーターになってくれると思います。

私たちの生活を便利なものにしてくれているスマートフォン。ここまで普及し、手放せないものとなったのは、「アプリケーション」が使えたからだと言われています。「アプリ」という言葉も、スマートフォンが普及し始めてから広く知られるようになりました。そこで今週は「アプリケーション」に関する夢ナビ講義をご紹介します。

夢ナビTALK 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.