夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年5月9日
好きも嫌いも・・・「野菜」
「近く」へ観光に行こう! ~都市周辺の「田舎」に注目~
首都大学東京 都市環境学部 観光科学科
教授 菊地 俊夫 先生
天然のものは体によく、食品添加物は体に悪いの?
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 食品安全学
教授 吉田 充 先生
食物アレルギーと現代社会
北海道文教大学 人間科学部 健康栄養学科
教授 板垣 康治 先生
横浜市立大学 理学部 理学科
准教授 辻 寛之 先生 からのメッセージ
自分は何を大事にしているのか、何が面白いと感じるかを大切にしてください。例えば「プロ野球の選手になりたい」ということではなく、「野球をずっとしていたい、野球をすることが面白い」と思うことが大切なのです。すると、たとえプロ野球選手になれなかったとしても、靴やバットを開発する仕事に携わったり、社内の野球チームでプレーを続けたりすることができます。ぜひ、職業名ではなく、「自分は何を大切にして生きているのか」「自分は何をしている時に面白いと感じるか」を大切にして、今後の進路を選択してください。
埼玉大学 工学部 環境共生学科
教授 川合 真紀 先生 からのメッセージ
これからあなたは、進路を決めて受験に向かっていくことと思いますが、文系・理系に限らず、高校生の間にぜひコミュニケーション能力を磨いておいてください。研究者というと、一日中研究室にこもっているというイメージがあるかもしれませんが、実はコミュニケーション能力は研究者にとっても大事なスキルです。
自分の研究内容や成果を人に伝え、重要だと思ってもらうことが大切になってくるからです。受験勉強だけでなく、コミュニケーションにも気を配って、自分の能力を伸ばしていってください。
東北福祉大学 総合マネジメント学部 産業福祉マネジメント学科
教授 金 政信 先生 からのメッセージ
大学生になったらさまざまなことに興味を持って活動してください。そのときに、失敗をおそれずに力いっぱいチャレンジしてください。失敗から学ぶこともたくさんあり、それこそが学生の特権です。学生時代に自分の弱点を知ることはきっと社会に出てから役に立つはずです。もちろん、学生生活4年間の間には楽しくてたまらないこと、わくわくすることもたくさんあります。どうか、力いっぱい学生生活を謳歌してください。

昨日5月8日は、ゴーヤーの日でした。五(ご)八(や)で「ゴーヤー」の語呂合わせと、5月から出荷が増えることから、JA沖縄経済連と沖縄県が1997年に制定したものです。
ゴーヤーを含め、さまざまな野菜が栽培・収穫され、私たちの食卓に並びます。今週は、そんな「野菜」に関連した講義をご紹介します。

夢ナビTALK 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.