夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年4月18日
「お金・現金」について考える
暮らしと切っても切り離せない「経済」について学ぶ意味
立正大学 経済学部 経済学科
教授 吉川 洋 先生
企業にとって「電子マネー」のメリットとは
山口大学 経済学部 経済学科
教授 兵藤 隆 先生
アイドルはすぐには活動休止できない~お金から考える世の中のひずみ~
同志社大学 経済学部 経済学科
教授 大野 隆 先生
広島市立大学 国際学部
准教授 西田 竜也 先生 からのメッセージ
私が高校生だった頃、将来何をやったらよいかわかりませんでした。大学生の頃でさえ、何をやりたいかわかっていませんでした。でも、今ではそれでよかったと思っています。
高校生のあなたに心に留めておいてほしいのは、「好奇心を持つこと」、「自分で自分の限界を設けないこと」です。少しでも面白いこと、やってみたいことがあれば、必ずやってみてください。あなたの可能性は無限です。限界を設けることなく、新しいことにチャレンジしてください。必ず世界は開けます。
中央大学 経済学部
教授 伊藤 伸介 先生 からのメッセージ
高校生活の3年間は、きらきらと輝く、貴重な日々です。あなたに、私から伝えたいことが2つあります。
1つは、高校生活で得たさまざまな出会いを大切にしてください。先生や友だちだけではなく、本や音楽、映画などもそうです。ささやかな出会いにもアンテナを張ってください。もう1つは、高校3年間の一日一日をしっかりと記憶にとどめてください。今、不安に感じていることや悩みも、将来生きていく上では財産になります。何ものにも代えがたいこの日々は、今後の人生において大切なものとなるはずです。
首都大学東京 理学部 数理科学科
教授 黒田 茂 先生 からのメッセージ
私自身の高校時代を振り返ると、さまざまなものに感動したり強く感銘を受けたりできた貴重な時期だったと思います。いろいろなことを新しく学び、自分自身で考えることで、それまで育ってきた中で暗黙のうちに正しいと信じていた価値観や世界観が絶対的なものではなく、もっと広く可能性に満ちた違った世界があるということを発見できるでしょう。
私もそうして「数学」という学問に出会い、研究者になりました。日々の学習や受験勉強で忙しいと思いますが目先のことにとらわれて小さくまとまらず、自分の可能性を見つけて行ってください。

先日、紙幣のデザインが2024年度上期をめどで20年ぶりに刷新されることが発表されました。新しい肖像には、1万円札に渋沢栄一、5千円札に津田梅子、千円札に北里柴三郎が採用されます。一方で電子マネーの普及、キャッシュレス化といった動きもあり、5年後のお金の状況は要注目です。今週は「お金・現金」にまつわる夢ナビ講義をご紹介します。

夢ナビTALK 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.