夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年2月28日
ついつい食べてしまう♪ 「お菓子」
チョコレートの食感を決める魔法の脂
広島大学 生物生産学部 生物生産学科
教授 上野 聡 先生
脳は「におい」や「香り」にだまされる!
東北大学 文学部 人文社会学科
教授 坂井 信之 先生
お菓子を「学問」する
大手前大学 総合文化学部 スイーツ学(製菓)専攻
教授 松井 博司 先生
九州大学 工学部 電気情報工学科
教授 都甲 潔 先生 からのメッセージ
私が普段学生に言っているのは、諦めるなということです。やりたいことに対し、妥協せずに最後まで努力し、また目標にしても、他人と同じことをめざさないでほしい。ほかの誰でもない、自分自身になってほしいと思います。そのためには、失敗続きでもそのうち成功がくるはずというくらいの楽観的な気持ちでいることが大切です。成功は99回の失敗のあとに来ます。もちろん、リスクがあることはわかっていますが、最後までやり遂げることからしか大きな自信や満足感は得られません。
多摩大学 経営情報学部
教授 久恒 啓一 先生 からのメッセージ
多くの可能性を秘めた高校生には、「……になりたい」という単なる願望を述べた夢を持つに留まってほしくありません。あなたの目の前に居る人や社会に対して喜びを与えたい、「……になるぞ!」という想い、志を持ってほしい。本人の責任でないことで不利な扱いを受けるという社会の不条理をなくし、社会の進歩にいささかでも貢献することに、自らの能力と技術を生かした仕事を通じて関わりたいと思ってほしい。志を抱くのは人、志を受け継ぐのも人、そして志を完成させるのも人なのです。
中京大学 総合政策学部 総合政策学科
教授 坂田 隆文 先生 からのメッセージ
「がんばることの大切さ」を信じてください。勉強をがんばる、友だち付き合いをがんばる、部活をがんばるなど、がんばり方は人それぞれだと思いますが、本気でがんばったことには必ず価値があります。またできるだけ、自分の頭で考えることを大事にしてください。たとえ人の意見に賛同するにしても、「あの人が言ったことだから、自分のせいじゃない」と責任逃れをするのではなく、その言葉を受け入れた自分の責任でもあるのだということを意識してください。その責任感の強さが、今後、一緒に働く仲間から信頼を得られることにつながります。

今日、2月28日はビスケットの日です。長崎に留学中だった水戸藩の柴田方庵が、オランダ人から学んだビスケットの作り方を安政2年(1855年)2月28日に、藩に手紙にして送ったという史実などから、全国ビスケット協会が1980(昭和55)年に制定しました。そこで今週はビスケットの日にちなんで、「お菓子」に関する夢ナビ講義をご紹介します。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.