夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年11月29日
「肉」について学ぶ
口蹄疫問題が投げかけた「リスク管理」の課題
関西大学 社会安全学部 安全マネジメント学科
教授 永松 伸吾 先生
肉を大量に食べるのに、心筋梗塞にならないのはなぜ?
東邦大学 看護学部 看護学科
教授 荒井 一歩 先生
筋肉隆々の肉牛、秘密を握るのはマイオスタチン
東京大学 教養学部 生物部会
助教 長田 洋輔 先生
東北学院大学 工学部 電気電子工学科
教授 呉 国紅 先生 からのメッセージ
何かを始める時は、「ほかの人のためになるか」という観点で考えてみましょう。自分のことだけを考えていると、うまくいかなくなった時に挫折しがちです。「学問に王道なし」、近道などないのです。あきらめず、繰り返し、地道に努力することが大切です。うまくいくかどうかは神様が決めることですが、努力するかしないかは自分が決めることです。
「一念天に通ず」で、目標と意志を持ってあきらめずに頑張れば、道が開け成功につながります。良い結果が出なくても、落ち込まずに努力を続けてください。
茨城大学 理学部 理学科
教授 岡田 誠 先生 からのメッセージ
将来自分が何になりたいのか、高校生の時点ではっきりしている人は少ないでしょう。それを見つけるには、大いに悩んで、いろいろな物事に興味を持つことが大切です。興味を持てることがないなら、いろいろな人の話を聞いたり、本を読んだり、映画を見たりしてください。その中に、必ずヒントがあるはずです。
今の若者は、あまり旅をしないようですが、ぜひ旅をしてください。それも、一人旅がお勧めです。一人でじっくりとさまざまなものを見て、考えることで、成長できると思います。
山形大学 工学部 化学・バイオ工学科
准教授 増原 陽人 先生 からのメッセージ
今のうちに5年後、10年後の目標を立てて、具体的に行動してください。インターネットで情報を得るだけでなく、興味のあるところへ実際に足を運んで、人の話を聞きましょう。
また、学生時代は一生付き合える友だちをつくれる時です。私自身も、学生時代に、勉学や遊びやいろいろな面で尊敬でき、自分にないすごいものを持っている友人たちに出会うことができました。今も時々集まりますが、みんな立派になっています。いろいろな人に会ったり、恋をしたり、また、失敗を重ねることで、新たなものを生み出すことができるはずです。

今日11月29日は、「いい(11)肉(29)の日」です。この記念日は、宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が、品質と味の良さで知られる宮崎牛をアピールする目的で制定したものです。
さて一口に「肉」と言っても、牛だけではなく、豚や鶏、魚介などさまざまな「肉」があります。今回は、多様な「肉」にまつわる夢ナビ講義を紹介します。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.