夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年11月1日
今週のテーマは「消費税」
なぜ消費税を上げなければならないのか?
神戸大学 経済学部
教授 玉岡 雅之 先生
税の負担はどう決まる? 税の問題は計算だけではない! 税法学とは?
広島修道大学 法学部 法律学科
教授 奥谷 健 先生
税金を通して世の中の仕組みを考えてみよう
桃山学院大学 経済学部 経済学科
教授 竹原 憲雄 先生
九州大学 教育学部
准教授 木村 拓也 先生 からのメッセージ
自分が何に向いているかを判断するのは難しいかもしれません。私も10年間ほど教育哲学の研究をしていましたが、数学が得意だったこともあり、途中で統計学を使う教育測定評価論の分野に専門を変更しました。
科目の好き嫌いはあるかもしれませんが、嫌いだから勉強しないというのではなく、さまざまな可能性を閉ざさないためにも勉強することが大切です。年齢とともに価値観は変わることもあります。意外に興味なかったことが好きになり、役立つこともあります。人生は長いので、いろいろなことにアンテナを広げて勉強してください。
東北大学 文学部 宗教学研究室
教授 鈴木 岩弓 先生 からのメッセージ
“面白くなければ大学じゃない!”、これがあなたへ贈る言葉です。この言葉はかつて某テレビ局が使っていたコピーのもじりですが、「大学」の部分をほかの言葉に置き換えることで、人生のあらゆる場面に使えるモットーとなります。ともかく、自分が今やっていること、やろうとすることの中から“面白い!”と言えるようなモノを見つけてほしい、ということです。勿論ここで言う“面白い”は、ただゲラゲラ笑うようなことではなく、自分のもつ内発的な疑問・好奇心を解決していく“知的冒険”を指します。面白い大学生活をめざしてください。
横浜国立大学 教育学部 学校教育課程
教授 下城 一 先生 からのメッセージ
高校の倫理では、プラトン、ソクラテス、カントなどについて習いますね。ですから、倫理というのは哲学者という特別な人たちが「よく生きるということ」を考える学問だという印象があるかもしれません。しかし実は、生命倫理や原子力開発問題の倫理のように、現実の問題を考える学問なのです。あなたは大学に入って専門を深めていくわけですが、ぜひその専門についての倫理や哲学を合わせて学び、自分だけではなく他人の幸せを考える、そして地球全体の中でものごとを考える視点を養ってください。

近頃、話題の「消費税」。消費税の増税には賛否両論あり、ニュースでもよく取り上げられています。そこで、今日は「消費税」をテーマにした夢ナビ講義を紹介します。消費税とはいったいどのようなもので、なぜ上げる必要があるのか、増税を来年に控えたこのタイミングであなたも一緒に考えてみませんか。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.