先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
専修大学  人間科学部 社会学科 教授   大矢根 淳 先生
高校2年生 災害が起きた時に今まで災害が起きた所からお返しに派遣をしてくれる所かgive&givenと言ってボランティアへ行って自分が新しい知識をもらうことも良く分かりました。
高校2年生 普通の災害による被害だけでなく復興災害という災害があることを初めて知った。遠くから見るだけでは分からないことがあることがよく分かった。
高校2年生 受援者が支援者に変わっていくという流れがすごいと思いました。
高校2年生 楽しかったです。 災害社会学に興味がわきました。
高校2年生 支援者の立場がよくわかってよかったです。
高校2年生 様々な視点から見ることによってそれぞれ違う考え方が見い出せることが分かりました。
高校1年生 とても学問について学ぶ!!ことができました。
高校2年生 スライドショーが見やすかったです。今の時期にピッタリな講義でした。ありがとうございました。
高校2年生 支援して側、された側のwin-winな関係があることを理解できた。
高校2年生 災害に興味があったのできけてよかったです。
高校2年生 この講義では、ひさいちななどのげんじょうをはあくしなければならないと思った。
高校2年生 被災地についてくわしく聞くことができた。社会学的なモノの見方を知ることができた。
高校2年生 自然災害が起こったら、目の前の出来事をしっかり考えて、その原因を推測して、考えなければいけないと思いました。
高校1年生 すごく分かりやすく説明してくれて、とても良かったとおもいます。また、夢ナビに行きたいと思いました。
高校1年生 興味持ちました。楽しかったです。
高校1年生 ありがとうございました。今日の講義で社会学の目的を知ることが出来て、これからの自分のためにすることが出来ました。
高校1年生 give&takeから、give&givenの考え方がとても素敵だなと思った。特に新聞記事。
高校2年生 Give&TakeではなくGive&Gaeという言葉があることに驚いた。被災地に行った際は是非意識したい。
高校2年生 西日本の災害を例にとって受援力を求められていることを知れた。give&givenが重要なことがわかった。
高校1年生 人間学について非常に感心が高まりました。
高校1年生 非常にためになりましたありがとうございました。
高校1年生 災害の時には支援だけでなく受授力も大切という観点におどろきました。
高校1年生 面白かったです。
高校1年生 常に目に見えるものを推測するということはとても納得できた。
高校2年生 今まで、テレビの前でしか被災の状況を見ていなかったけど、被災にあった人にしかわからない、復興災害があるということを知れた。
高校2年生 与えるだけでなく、与える者も救われるような事をしているんだと知って、それが被災者からつながっているんだと分かりました。
高校2年生 社会学科について関心が高まりました。
高校2年生 今からの計画が大切と言うことが分かった。give&given。
高校2年生 災害の恐怖がよくわかった。
高校2年生 過去の災害を活かして、同じような災害が起きた時にどのような対応をすれば良のが大事だなと思った。
高校2年生 災害の支援の陰には復興災害などのものも含まれているということが分かりました。
高校2年生 give&givenの関係が大切なんだと知った。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校1年生 プリントがあって、分かりやすかった。
高校2年生 説明がとてもわかりやすく聞きやすかったです。友人に何人か被災した子がいるので、自分が被災したらたくさん頼ろうと思いました。
高校2年生 自分は災害がとても怖いです。だからこそみんなで手を取りあって対策・復興させるのは大切だと思いました。
高校2年生 以前、被災した人が、次似たような、被災をした人に経験を伝えることが大切だと分かりました。
このウィンドウを閉じる
Copyright(C) 2002 -  Frompage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.