先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
横浜薬科大学  薬学部 薬科学科/臨床薬学科 教授   千葉 康司 先生
高校2年生 薬によって効く範囲が決まっているというところがとてもびっくりしました。
高校2年生 薬を服用すると、体の中でどのように変化があるのか、また今の技術では、薬の色々なことを予測することができることがわかり、また、それらは非常に重要なことだと理解できた。
高校1年生 薬の重要性、また薬を作る上で大切なこと、作り方などが良く分かった。
高校2年生 薬学が思っていた以上に複雑で、すべてのことは予想ができる、と聞いてとてもおどろきました。
高校1年生 薬にはカギとカギ穴がたいせつだということを学んだ。
高校1年生 分かりやすい説明だったので理解しやすかった。タイトルに対する答えが簡潔にまとめられていたと思いました。
高校1年生 講義の中で、身長の話をしたりして、私達の身近なものに置きかえて話をしてくれたので分かりやすかったです。
高校1年生 どうやって薬が効いていくのか、新薬の開発など、知らなかったことが聞けて、良かったです。もっと薬に興味がわいた。ありがとうございました。
高校2年生 ずっと薬が体の中でどのように効いていたのか疑問をもっていたので先生のお話を聞けたことですっきりしました。
高校1年生 画像がいっぱいあってすごくわかりやすくて楽しかったです。どんどん薬学に興味が沸きました。
高校2年生 もともと薬学に興味があり、とても面白い講義でした。新薬を開発する上で沢山の過程があり、驚きました。また、予測することの大切がわかりました。
高校1年生 医薬品を創っている地域は日本を含め、3つしかないことを知りました。日本は進んでいるなと思いました。薬の効き目については予測できるということも知ることができました。
高校1年生 薬学によりいっそう理解を深めることができました。分かりやすい講義をしてくださりありがとうございました。
高校1年生 普段、知ることができる機会のない、薬のはたらきや、出来方について知れてよかったです。これからの薬学に期待したいです。
高校2年生 今の日本の予測技術、開発技術の高さに驚きました。より、薬学に対しての関心が高くなりました。ありがとうございました。
高校1年生 薬が体の中でどういう働きをするのか分かりました。「鍵と鍵穴」の関係になっていることが分かりました。実際に2つの薬を服用して死者がでた事件は怖いと思いました。先生の最後の話で日本ってすごいと思いました。
高校2年生 今、薬剤はコンピュータなどを利用して、患者にそれぞれ合ったものを与えていることがわかりました。
高校2年生 薬のことなど、自分の体の中でどうなっているのか、(効き目)などをよく知ることができました。
高校2年生 良かった。
高校1年生 薬を作る世界についてたくさん知ることができてよかったです!
高校2年生 薬学部を目指しているので、ますますがんばろうという気になりました。
高校2年生 新薬が生まれるまでの具体的な過程を知って、ものすごい労力と時間をかけてできあがった物を自分も世に送りだしたいと、より強く思いました。
高校2年生 体の中で薬がどうなるのかを知ることができ、とてもおもしろい仕組みだなと思いました。
高校2年生 すごく面白かったです!
高校2年生 薬の効き目は個人差があっても、その個人差も予測できることを知って、すごいと思いました。また、日本は医学においてすごく進んだ技術をもっていると思いました。
高校2年生 絵や写真が多くとても分かりやすい講義だった。
高校1年生 薬開発に興味があったので、おもしろかった。
高校2年生 どのようにして薬が効くのか、それはどれくらい、なぜ予測できるのかを知ることができてよかったです。ますます薬学部に入りたくなりました。
高校1年生 薬の効き方を鍵に例えていて、「なるほどな」って思いました。また、おふろだとか分かりやすい例えで、難しい内容でもスッと入ってきました。
高校1年生 今まで特に何も考えないで飲んでいたものがこんなにたくさんのはたらきをしていたのかと驚きました。
高校2年生 遺伝子組み換えをすることでたくさんのパターンのものを使って患者さんを治せることがわかりました。反応は最初から予測しているのは知らなかったのでとてもたのしかったです。
高校2年生 臨床試験について、健康な人から投与しているということを初めて知ることができました。とてもわかりやすい講義で、さらに薬学への興味がわきました。
高校1年生 薬のしくみは鍵と鍵穴というのはわかりやすいと思いました。
高校2年生 薬について、よくわかりました。
高校2年生 すごく先生の講義が分かりやすく、薬の効き方や体内で薬がどうなってるのか分かって楽しく理解でき、タメになりました。外国の薬についても少しだけど知れて良かったです。
高校1年生 例がとてもわかりやすく、写真などもあって、楽しかったです。
高校2年生 1人1人によって薬の効き方、濃度が異なり、その人その人に合った薬をデータで調べることができるのは、すごいと感じました。
高校1年生 とても知りたかった分野なので、講習することができてよかったです。いいこうえんをありがとうございました。
高校1年生 医学部に進む可能性のある自分としてはとても興味深い内容でした。
高校2年生 十年以上かけて一つの薬を作っていることに驚いた。
高校1年生 私たちが普段のんでいる薬について新しく知ることがたくさんあって、とてもおもしろかったです。
高校2年生 薬の開発には、様々な予測が光切だと思いました。薬の効き目や、個人差なども予測することができると知り、すごいと思いました。
高校1年生 薬を扱うのは、簡単なことではないと思いました。予測することは、大切と思いました。
高校1年生 薬学について興味が持てました。ありがとうございました。
高校2年生 興味がわいた。
高校1年生 細かい所までのかいせつがあってとてもわかりやすかったです。
高校2年生 普段使っていて身近に感じる薬について、聞けて良かったです。沢山のことが具体的にわかりました。
高校1年生 新薬の開発は私もやりたいと思いました。薬の働きが詳しく分かって良かったです。
高校1年生 2つをドッキングする発想はなかった。
高校1年生 薬のことについて、しっかり学べました。将来のことについて、考えるきっかけになりましまた!
高校1年生 例がわかりやすかったので、イメージしやすくなりました!
高校2年生 とても興味深かった。
高校1年生 たとえが分かりやすかった。(鍵と鍵穴)薬はりくつと根きょがあって作られているんだと思った。
高校1年生 母が薬ざい師なのでいろいろしれて、うれしかったです。
高校1年生 中に入れなかったので立ち見でしたが、すごくわかりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 例えがわかりやすくてとてもよく理解できました。
高校1年生 とても話がおもしろくて興味深く、またたとえがとても身近なのでよりイメージしやすくて本当にわかりやすかった。知らかなったことが多くてとても参考になった。
高校2年生 初めて薬について深く知ることができた。難しかったけど、面白かった。
高校1年生 貴重なお話ありがとうございました。
高校1年生 すごく理解できて、おもしろかったです。もっと興味が深まりました。
高校1年生 本当の大学の講義のようだと思った。
高校2年生 かぎとかぎ穴という表現がわかりやすかった。たとえや比ゆがむずかしくなく、シンプルで、図もわかりやすかったです。
高校1年生 薬の効き方は体内の組織を通って効き、それでも個人差が出てくるけどそれも予測できることがすごいと思いました。
高校1年生 薬において全て?は予測できるということが分かった。先に予測して行わないと人にとっては危ない、薬にはタンパク質をこれからどうできるかが大事かも。
高校1年生 薬を市販できるようにするには、とてもたくさんの過程があると思いました。
高校1年生 とても分かりやすく興味が向く授業をありがとうございました。薬つくってみたいという気持ちが強まりました。
高校1年生 薬が体に及ぼす影響を深く学ぶことができました。ありがとうございました。
高校1年生 くわしい説明がたくさんあり、薬学に対して、考えが深まりました。予測することの意味が少し分かったと思います。
高校1年生 薬の効き目について、よく分かりました。ありがとうございました。
高校1年生 薬の効く条件などがわかり、おもしろかったです。
高校2年生 薬ができるまでには多くの過程があって、ボランティアの人も協力していることを知り、非常に難しいものなのだと分かった。
高校1年生 計算などで薬が効くタイミングや回数などを予測できると思っていなかったけど、できると知って、薬は淒いものなんだと思った。
高校2年生 「毒にも薬にもなる」というのが「強すぎる薬は毒である」ということだと知れた。薬に関する研究は日々進歩していることが良くわかった。
高校1年生 薬を何の疑問もなくのんでいましたが、どんな風にして効くのか、効き目の確認についてなど、色々分かってよかったです。
高校1年生 私は小さい頃からアトピー性皮膚炎を患っていて、薬とは意外と身近な存在なので、興味深かったです。
このウィンドウを閉じる
Copyright(C) 2002 -  Frompage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.