先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
武蔵野美術大学  造形構想学部 映像学科 教授   小口 詩子 先生
高校1年生 映画でたくさん賞を取られている生徒さんばかりですごいなと思いました。
高校1年生 映像関係のことで、学生さんが作った映画などを見せていただき、とてもクオリティーが高く分かりやすい説明でした。
高校1年生 映画といったら、有名な俳優さんや女優さんが参加していいのが出来ていると思っていたけど、そうでもあるかもしれないけど、生徒の人が作った映画も追力があってすごいと思いました。
高校1年生 色々な人がひとつになるという所にひかれました。ありがとうございました。
高校1年生 先生の講義はとても興味深いものでした。映画好きの私にとって、映画の裏からは知りたいことでもありました。
高校1年生 大学で何を主にしているのか、分かりやすかったです。映画をつくることは、協力しないと、絶対なりたたないということが分かりました。
高校1年生 楽しそうだなと思いました。
高校2年生 過去の作品をたくさん見せてもらってこういったものが作れるのだなと興奮しました。非常に関心が高まりました。
高校1年生 様々な人とのつながりで、映像ができているんだと思いました。何気なくみていたので、これからは意しきしていこうと思います。
高校2年生 大学生のつくる映画もすごくプロがつくったみたいでびっくりした。
高校1年生 どうやって作家として成長するのか、大学の4年間で人間スキルを上げるということを聞きました。コミュニケーション力を伸ばす人が多いと知り、自分の選択で価値感や人間性を変えれるんだと思いました。
高校2年生 映画制作では、自分の経験や人間力が大切だと知り、自分の経験をふり返ってみようと思えました。
高校1年生 とても映画を作ってみたいと思いました。将来に向けがんばります。
高校1年生 学生さんの映画を見たくなりました。
高校1年生 映画が大好きなので一番ききたいと思っていた講義をきけて良かったです。講義をきいてもっと映画を知りたいと思いました。
高校2年生 質問に対して分かりやすく答えてくれた。
高校2年生 卒業制作(大学生がつくったもの)なのに、プロのようなクオリティでびっくりしました。
高校1年生 大学生が高いクオリティの映画をつくれるかんきょうがすごいと思った。
高校1年生 映像が見れてよかった。
高校1年生 映画制作について、よく理解できました。人間性をもっと高められるよう、頑張ります。
高校2年生 たのしかったです。映像製作に興味がでました。
高校1年生 映画は、自分に関係のあるものしかとらなくてよいということばが印象にのこっています。ありがとうございました。
高校1年生 もっと興味が持てました。
高校1年生 映像がおもしろかった。
高校1年生 映画を作ることは、自分を表現することなんだと知りました。
高校2年生 卒業生が作られた映画が沢山さまざまな覚を授賞していて驚きました。また以前見た映画予告がそこの大学の卒業生のものでとても驚きました。
高校2年生 先生ご自身の作品が見たいと思いました。
高校1年生 映画はさまざまなとり方があっておもしろいと思いました。
高校1年生 〔「私」を作る〕という講義だったので、新しい自分のあり方を見つけるために見ました。映画作りの意義などを知れてよかったです。
高校1年生 同じ大学だった(1回目と)ので、さらにその大学について学ぶことができました。僕は映像学科に進学するつもりなので、今回で学んだことを活用していきたいです。
高校1年生 4年の勉強であんな映画を作れることがすごいなと思いました。
高校1年生 自分もよく映画をみるのですが、制作の裏のことは全然知らなかったので、とてもいいお話がきけました。
高校2年生 映画やドラマをとることは奥が深いのだと感じた。
高校1年生 その人が持つものが映画のもとであり形づくっていくことが人生を豊かにしていくのだなと思いました。
高校1年生 映画が大好きな自分に、生徒が作った映画を紹介してくれ、おもしろかった。
高校1年生 映画をとるにあたって、人間力を磨くことが心要なんだなー。
高校2年生 タメになりました。
高校1年生 映画というジャンルにおいて、興味がなかったけど少し興味がわいてきました。
高校1年生 映画を作るということは、大変なのもあると思いますが、完成したら、美しくでき、とても迫力のある作品になるのだと分かりました。
高校1年生 映像がどんな風に作られるかなどが知れました。とても興味がもてました。
このウィンドウを閉じる
Copyright(C) 2002 -  Frompage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.