先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
津田塾大学  学芸学部 英語英文学科 講師   北村 文 先生
高校3年生 差別を身近なものと感じました。
高校2年生 あの絵を見て、先生のような考え方ができるのかと驚いた。物事には多様な価値感があることに気付いた。
高校2年生 現代の社会において多文化化、多言語化とどう向き合うべきかとてもよく理解できました。
高校1年生 ステレオタイプなどの言葉を知らなかったのですが、先生の講義を見て国際社会について深く考えることができました。
高校2年生 アイデンティティの葛藤について共感することが多くあった。最初はあの絵の怖さがわからなかったけど最後には理解できた。
高校1年生 ステレオタイプやアイデンティティの話がとても興味深かったです。新しい視点で物事を考えられるように、自分の感性を磨きたいです。
高校2年生 グローバル化がどういうことなのか、アイデンティティとステレオタイプのことなどとても分かりやすかったです。
高校2年生 差別が身近なものであることを改めて感じました。ステレオタイプというのは恐ろしいと思いました。
高校1年生 人間とは何か??では、あんま考えることがなかったので、とてもたのしかったです。
高校2年生 アイデンティティは、全ての人が関心を必ず持たなくてはいけないものだなと実感しました。
高校2年生 1つのかわいらしいと思えるような絵から、世界の格差というものをうけとることができることを知り、身近にあるものにも目を向けて、さまざまな社会の問題を考えていきたいと思いました。自分にとってとてもよい講演となりました。ありがとうございました。
高校1年生 英語に力を入れたいと思っていて、今後多文化・多言語化する日本で仕事をするためにとても参考になりました。
高校2年生 英語ができてもそこの文化・社会を知ってからこそもっと英語の上達ができるのかなと思った。
高校2年生 自分に関心のある問題で、非常に面白かったです。
高校1年生 多文化化、多言語化における、ステレオタイプ、アイデンティティについての問題点がよく分かりました。これらへの対処方法が知りたいと思いました。
高校1年生 グローバル化といわれているが、その根本的なことを深く考えることができた。この先生にもっと教わりたいと思った。
高校2年生 普段の生活の中にアイデンティティの葛藤があることを初めて知りました。先生のような考え方に出会うことができて、良かったです。
高校2年生 1つずつていねいに、分かりやすい例をあげながら説明してくれてとても良かった。
高校2年生 リベラル・アーツとは、国際関係の哲学なんだと分かりました。幅広い事が学べそうで面白そうです。
高校2年生 これからの世界は「リベラル・アーツ」が大切になってくるっとわかった。感じた。
高校1年生 他者のアイデンティティを理解することは難しいことだと改めて実感しました。
高校2年生 今私が考えていることや悩んでいることと同じことをお話しされていて、とても感動しました。私ももっといろいろ、たくさん考えたいです。ありがとうございました。
高校2年生 すごく興味がわきました。ただ、異文化とふれ合うのではなくアイデンティティをしっかり考えていくべきなのだと思いました。
高校1年生 ステレオタイプ(固定観念)というのを自分では考えたことがなくておどろいた。今日の話で私の人種差別やアイデンティティの考え方がとてもかわりました。
高校2年生 アイデンティティとイデオロギーの関連していることがわかった。今の社会の状況が理解できました。
高校2年生 最後に話した中心人物の話など、とても面白く興味深い話が聞けて良かったです。
高校2年生 今までは女性に対しての言葉が性差別になるとは思っていなかった。特に海外では言葉に気をつけようと思う。
高校3年生 差別という行為は、遠い場所で起こっているわけではないということが、よくわかった。
高校2年生 多文化化の社会になってゆくなかで、自分自身の考え方を見直していかないとならないんだと思いました。
高校3年生 「グローバル社会」の課題が少し分かったような気がします。社会学とも関連していてとても興味が持てました。
高校1年生 最初は先生の話に共感できなかったけど、講義を聞いているうちに納得させられる部分もあって、自分に課題ができた。
高校2年生 ステレオタイプとアイディティティにより差別がおこっていたりすると分かり、「絵」の意味を考えさせられました。とても勉強になりました。
高校1年生 現代社会や倫理の授業で学んだことが出てきて、大学での勉強にもつながっていると分かりました。
高校2年生 アンデンティティについて、日頃から興味があったのでおもしろかったです。子どもの絵はよく考えると、おそろしくてぶきみだなと私も思いました。
高校1年生 “アイデンティティ”という言葉を理解することができました。差別によって、人が傷つけられるのは非常に悲しいことだと思いました。
高校2年生 いろんな範囲から見るという事に改めて深く考えさせられた。
高校2年生 たくさんの子供たちの絵からそんなことを読みとるとは思いませんでした。アイデンティティをもっと考えていこうと思う。
高校2年生 多文化化多言語化する社会に対する人々の理解とかすぐにできるものではなく奥が深かった。
高校2年生 多言語・多文化社会を身近に感じることができました。
高校3年生 最初に見た絵は、子供たちの楽しそうな絵だと思いましたが、講義を聞いて、奇妙さが分かりました。
高校1年生 一つの絵が、見方によって、世界の権力争いがわかり、面白かった。
高校2年生 多文化について知りたかったので、とてもおもしろくきくことができました!
高校2年生 ステレオタイプとアイデンティティについて、具体的に分かりました。これらは私たちの身近にもあるのだなと思いました。
高校1年生 グローバル化・国際化した社会をイメージして、その後にアイデンティティについて考えることで、より理解が深まって、深く考えたいと思いました。
高校2年生 アイデンティティーのことがよくわかって今起きてる差別問題などがどうして起こるのかよく理解できました。
高校2年生 たった1枚の絵でここまで深い考察ができることに驚きました。ありがとうございました。
高校2年生 アイデンティティの葛藤にとても共感した。講師の先生の説明は分かりやすかった。
高校2年生 アイデンティティやステレオタイプなどの言葉の意味が分かった。多文化化・多言語化は難しいことだなと思った。
高校2年生 アイデンティティと言う難しい内容の理解を深めることができて良かった。
高校2年生 自分も、固定観念(ステレオタイプ)にとらわれやすいので、自分の意志を持って生活したいと思った。
高校2年生 ありがとうございました。1つ1つ先生の話を理解すべく勉強したいと思います。
高校1年生 自分のもっているステレオタイプで、他人を傷つけているかもしれないとわかり、思っていたことが本当ではないから、自分のステレオタイプをおしけてはいけないと思います。
高校2年生 自分は何か、多文化世界で暮らしている今どのように考えなくてはいけないのかわかった。アイデンティティの葛藤は誰にでもあるものだと安心できた。
高校1年生 国際化のことについていろいろ考えることができる、いい機会になりました!
このウィンドウを閉じる
Copyright(C) 2002 -  Frompage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.