夢ナビ

豆腐とゼリー、超音波を当てるとどうなる? 物質の特性を探る

講義No.11463

超音波を使うと何がわかる?

 超音波を使うとさまざまな物質の特性を測ることが可能です。物質の特性を表す物性値のひとつに「固有音響インピーダンス」というものがあります。音が物体の中を進む速さである音速と密度を掛けると計算できる数値で、空気、水、コンクリートなど物質によって違いがあります。例えばコンクリートの壁に向かって「あ!」と言うと、声が跳ね返ってきます。これは空気とコンクリートの固有音響インピーダンスが大きく異なることから発生する現象です。

豆腐とゼリーでは音の跳ね返り方が違う

 食べ物の場合も固有音響インピーダンスに違いが出ます。水の中に同じ形の豆腐と白いゼリーを入れ、少し離れたところから超音波を照射すると、豆腐の表面では音が跳ね返りますが、ゼリーは音が通り抜けていきます。音に対する反応を分析すれば、それが豆腐なのか白いゼリーなのかを判別可能です。
 ただし固有音響インピーダンスの違いを正確に計測するには、計測する物質と水などの境界面が完全な平面でなければなりません。凹凸や曲面では計測結果が大きく変わってしまいます。
 反射する超音波の大きさから対象の物性値を計測する装置のひとつに超音波顕微鏡というものがあります。通常の顕微鏡ではプレートに置かれた対象を上から観察しますが、超音波顕微鏡ではプレートの下から超音波を送受信して計測します。このようにすると対象とプレートの境界面が平らになり、計測しやすくなるのです。

超音波顕微鏡を病気の診断に活用

 超音波顕微鏡は、音速や密度の異なる物質の境目を見極めることができるので、病気の診断にも活用されています。例えば肝臓の中に硬い線維組織が増えていく病気が肝硬変です。肝臓の細胞を採取して超音波顕微鏡で計測することで、線維組織がどのくらい硬くなっているのか、増えているのかを知ることができ、肝硬変の進行を確認することができます。また、通常の細胞とがん細胞で音速や密度が異なる場合も、超音波顕微鏡でどこがそれらの細胞の境目になっているのかを判断することができます。

この学問がむいているかも医工学

千葉大学
工学部 総合工学科 医工学コース 准教授
平田 慎之介 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「夢を持て」と言われることがあるかもしれませんが、高校生のうちに明確な夢が見つからなくても大丈夫だと思っています。今ある課題にしっかりと取り組みながら、流れに身を任せていけば、あなた自身の道ができていくはずです。
 また、可能性を狭めずにさまざまな分野に挑戦してほしいです。自分に何ができるかは、自分ではよくわからないことが多いものです。挑戦してみると意外とうまくいくことがあるかもしれません。その過程で必要性を感じれば、勉強したことも身につきやすくなるので、その都度興味を持ったことを学んでほしいです。

メッセージ

 ゲームやパズルなど、自分の頭で考えて問題を解くことが好きでした。大学では電気電子系の学科に所属し、アンテナや回路などの研究に携わっていました。大学院から超音波の研究を始め、移動する物体の位置や速度を測っているうちに、測定対象や興味が人間の身体や動き、さらには体内の生体組織へと移り変わっていきました。現在の研究は、超音波画像による肝硬変の診断や、超音波の速度による骨粗しょう症の診断を行う医工学です。研究は上手くいかないことの方が多いですが、成功したときに感じる喜びが醍醐味だと思い、続けています。

メッセージ

エンジニア 医用機器開発

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
平田 慎之介 先生がいらっしゃる
千葉大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、平田 慎之介 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月31日(日)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月2日(土)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

この夢ナビ講義の関心ワード

TOPへもどる