夢ナビ

生物多様性が人々の暮らしに与えるメリットを考える

講義No.11431

これだけある、街路樹の機能

 高山や熱帯雨林など、あまり人の手が入らない自然に生息する生物の生態を調べる「生態学」に対して、都市と生物の関係を調査する学問が「都市生態学」です。都市生態学とは、生物の多様性が人間社会にどのような利益をもたらすのか、都市生活のクオリティにどんな影響を与えるのか、といったことを調べる学問です。例えば、道の脇に生えている街路樹にもいろいろな機能があります。日差しを防いで地表の温度を下げるほか、都心のビル風を受け止めて和らげる機能や、雨を蓄えて都市洪水を防ぐ機能も担っています。あなたも道に積もった落ち葉を見て、季節の移ろいを感じたことがあるでしょう。自然の少ない都市空間において、街路樹は季節を感じさせてくれる存在でもあります。

貴重な自然が残された未利用地の活用法

 現在、日本各地で人口減少にともなう未利用地の問題が顕在化しています。土地には固定資産税がかかるので、なんの使い道もない未利用地のままにしておくことはリスクがともないます。都会の未利用地は収益性の高い駐車場などに転用されますが、例えばその未利用地にその土地ならではの貴重な自然が残されていたら、そのまま保全するという選択肢もあります。そこに残された生物多様性が地域社会にとっての財産になるのであれば、税金を投入して保存するのです。

多様性が育む「生態系サービス」とは

 しかし、日本では未利用地をそのまま残すケースは滅多にありません。駐車場などにする方が手軽で収益も見込めるからです。そして、未利用地を自然のまま残すとしても、その土地ならではの自然の生かし方、生物多様性のあり方を考慮したうえで残す必要があり、そこには議論の余地があります。生物の多様性によって人間社会がなんらかの利益を受け取ることを「生態系サービス」と呼びます。都市の中で生物多様性を残すことは、われわれの幸福にどう寄与するのか、都市と生物の関係をとらえ直して考える学問が都市生態学なのです。

この学問がむいているかも都市生態学

横浜国立大学
都市科学部 環境リスク共生学科 准教授
佐々木 雄大 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 受験を意識すると、効率的に点数が稼げる最短経路の勉強になりがちですが、興味のある学問は独学でもいいので時間があるときに学んでおきましょう。
 私の現在の専門は生態学ですが、高校時代に生物を学んでいたわけではありません。高校時代は物理と化学を選択していました。大学で生態学に出合い、高校時代の生物の教科書を読み返して学び直しました。大学ではさまざまな学問や、あなたが好きと思えることに出合えるので、焦らずに自分の興味がある分野を追究してください。

メッセージ

 学生時代はモンゴルなどの乾燥地帯における生態系の研究をしていました。現地では家畜の放牧を生活の糧としていますが、家畜が草原の草を食べすぎてしまうと、それは自分たちにダメージとなって返ってきます。人間と自然が密接に関係して生態系が成り立っているのです。モンゴル草原は現在、砂漠化や気候変動の問題に直面しています。生物多様性を高く保つと草原の生産性も上がり、現地で暮らす人々への大きな恩恵となります。「生物多様性とは人間にとってどのような意味を持っているのか?」をテーマに研究を続けています。

メッセージ

環境コンサル関係/建設・不動産関係/IT関係/金融関係/インフラ関係

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
佐々木 雄大 先生がいらっしゃる
横浜国立大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、佐々木 雄大 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月12日(火)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月3日(日)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

TOPへもどる