夢ナビ

客足の減った温泉地に、新しい価値を生み出す方法とは?

講義No.11101

地域らしさを活かして持続可能な温泉街に

 かつて温泉地は旅行先として人気が高く、団体客や近隣の高齢者を中心ににぎわいを見せていました。しかし近年、ライフスタイルの変化などから次第に客足が減り、厳しい状況に置かれている温泉地もあります。そんななか各地で持続可能な温泉地をめざして様々な挑戦が行われています。ここでは、山形県にある小野川(おのがわ)温泉の取り組みを紹介します。

特徴を明確にし、ターゲットを絞ってPR

 小野川温泉は小さな温泉街ですが泉質がよいという口コミがあります。その口コミを科学的に分析し強みにしようと地元の観光まちづくり組織が取り組みの中心となり、まずは専門家に依頼して温泉の成分を分析しました。そして利用者に泉質の印象についてアンケートを実施しその結果と照らし合わせて、温泉に入ることで感じられる効果を詳細に検証したのです。調査の結果、利用者は「肌がすべすべになる」と実感していることがわかったので、美容に関心が高い人向けの旅行プランを提案しました。また小野川温泉に入ると「安らぐ」という結果が得られたことから、心身の健康につながる地域づくりに向けて取り組みが始まっています。この事例のように、まずはその地域の特徴を詳しく調べ、新しい価値を見つけることが大切です。そこに親和性の高い人をターゲットにして売り込んでいけば、新たな顧客の開拓につながっていきます。

みんなの力で

 泉質にこだわらずとも地域の強みをいかすことができます。例えば、大型旅館などではMICE(企業などの会議や旅行、国際会議、展示会などのビジネスイベント)の会場として活用する方法があります。また、ほかの観光地に近い立地であれば、そこへ遊びにいくための拠点としてもPRできるでしょう。
 どんな方法にせよ、サステイナブルな地域づくりは関連事業者や行政だけでなく、住民、時には地域外の「応援団」も力を合わせて継続的に行っていく姿勢が大切です。多様な意見が、今までになかった気づきや発想をもたらしてくれるからです。

この学問がむいているかも観光学、都市計画

山形大学
工学部 建築・デザイン学科 助教
高澤 由美 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「住んでいるまちをもっと魅力的にするにはどうしたらいい?」、都市計画を学ぶおもしろさは、このように誰でも自分の問題として考えられるところにあります。フィールドワークを通してさまざまな考えを持つ人と出会い、視野も広がります。
 高校生のあなたに今取り組んでほしいのは、何かに興味を持ったらまずは調べてみることです。例えば近所を散歩して、「この木はいつ、誰が、何の目的で植えたのかな」と、表面だけでなくその背景まで調べてみると、今まで気づかなかったことが見えてくるでしょう。

メッセージ

 私がまちの問題に最初に関心を持ったのは小学生のときです。自宅の近所に新興住宅地ができた過程や変化が気になり、夏休みの自由研究として調べてまとめました。提出すると先生からほめられて、うれしかったのが原体験になっています。また大学生になってから、都市計画に関する雑誌を読んで、「地域の変化や都市のあり方が、人々の生活に密接に関係している」という内容に興味を持ち、建築や都市計画を学ぶゼミに入りました。現在は海外の魅力的な中小都市の事例も取り入れながら、日本の地域づくりの問題に取り組んでいます。

メッセージ

デベロッパー/不動産/情報サービス/大学院進学

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
高澤 由美 先生がいらっしゃる
山形大学に関心を持ったら

 山形大学は、東日本有数の総合大学であり、4つのキャンパスはネットワークで融合されています。社会のリーダーにふさわしい基本能力と幅広い教養を身につけるため、教養教育に力を入れています。大学運営の基本方針として、一つは、何よりも学生を大切にして、学生が主役となる大学創りをするということ、そしてもう一つは、教育、特に教養教育を充実させるという2点を掲げています。

TOPへもどる