夢ナビ

異文化を深く知り、自分の「当たり前」を見つめ直す

講義No.10810

気候変動で水没の危機にある島

 近年、気候変動などの自然環境の問題が関心を集めていますが、世界の全ての人々が同じようにとらえているわけではありません。例えば、オセアニアの島国・ツバルは海面の上昇によって水没が危惧されていますが、それは私たちとは異なった意味で大きな問題なのです。

環境問題の神学?

 ツバルの離島で行われた調査では、海面が上昇したと思うか尋ねると、多くの人がこの島は神に祝福されており、神が沈めるわけがないと回答しました。島が沈むことは文字通り起こってはならないことですが、もし起こるとしたら、それはどのように解釈しうるのかを神学的に議論する牧師もいました。
 環境問題を神学的にとらえることに違和感を覚えるかもしれません。しかし、日本でも、てるてる坊主をつくったり、雨乞いの儀礼をしたりしてきました。天気をはじめとする人知を超えた自然が信仰と結びつくのは、日本もツバルも共通しているかもしれません。
 そう考えると、気候変動を単なる自然環境の問題としてのみとらえるのは視野が狭いでしょう。人々は神学的な言葉で用いて説明してくれましたが、気候変動は島と密接に結びついた彼らの〈生〉への脅威であり、自然環境という狭い領域の問題ではないのです。

自分の前提を疑う

 文化人類学で大切なのは、異文化を理解するだけではなく、それを通して自分の前提を疑ってみることです。それによって私たちは他者から重要なものを学ぶことができます。例えば、ツバルは後発開発途上国に含まれますが、豊かな自然の恵みとそれを共有する島のやり方が生きていて、想像以上に食べ物と笑いに満ちた豊かな暮らしをしています。しかも、彼らはあまり国家や市場に頼ることなく、暮らしを維持することできます。国家や市場が機能不全に陥った時、私たちは生きていけるのかと考えると、ツバルからレジリエンスが高く、持続可能な社会のあり方のヒントを得ることができるでしょう。

この学問がむいているかも文化人類学

東京経済大学
コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科 准教授
小林 誠 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 学びをコスパで考えないでください。これが将来なんの役に立つのかは学ぶ前にはわかりません。わからないのでコスパなんて計りようがないのです。反対にいえば、コスパが事前にわかるようなものは学ぶ必要はありません。
 そうではなく、あなたが心の底から感動できるものとの出会いを大切にしてください。それが知らず知らずのうちに別の何かに必ずやつながっていくでしょう。
 文化人類学を学ぶことは、コスパや効率性、損得勘定とは異なる世界の原理を知ることです。それはきっとあなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。

メッセージ

 大学ではモンゴル語専攻でしたが、ゼミで文化人類学という学問を知り、その魅力に引き込まれました。人間の文化・社会に関することであれば、ほぼ何でも対象になる懐の深さに加え、世界にある無数の諸文化、諸社会を比較することで得られる視野の広さがとても魅力的に感じられました。私が調査対象にしたオセアニアのツバルには何度も足を運ぶうちに、現地の人々の生き方に影響を受けました。現在は、日本でもフィールドワークをしています。文化人類学という学問を通して、他者に寄り添うという生きる上でとても大切なことを学びました。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
小林 誠 先生がいらっしゃる
東京経済大学に関心を持ったら

 東京経済大学は、経済学部、経営学部、コミュニケーション学部、現代法学部、キャリアデザインプログラムの4学部1プログラムからなる社会科学系の総合大学です。建学の理念である「進一層」(困難に出合ってもひるまず一層前へ進む)、「責任と信用」を重んじ、実践的な知力を身につけグローバル社会で活躍する人材を育成します。目まぐるしく変化する現代社会でたくましく生き抜く力を養うために、深い教養という土台の上に高い専門性を築く学びを重視。少人数教育のゼミを中心に、現実社会の課題を主体的に考え抜きます。

TOPへもどる

夢ナビ編集部