夢ナビ

文豪の恋文から構成力や文章表現を学ぶ

講義No.10706

ラブレターを書いたことはありますか?

 今の十代は、ほぼ書いた経験がないかもしれません。自分は作文が下手だから書けないという人もいるでしょう。しかしラブレターの場合は、好きな相手へ思いの丈を書けばいいだけで、うまく書いてやろうなどという余計な計算はいりません。思いを素直に言葉にすればいいのです。ただし、そうはいっても「相手に思いが伝わる文章表現」というものがあることも事実です。文章表現を学ぶのに、良いお手本があります。それは、文章のプロが書いた「恋文」です。

あの文豪の書いた恋文とは

 幼なじみの女性、文(ふみ)を妻に迎えた小説家、芥川龍之介が結婚前に書いた、彼女への手紙は有名です。東京を離れた彼は、冒頭に東京が恋しいと書いておき、次に「東京にゐる人もこひしくなるのです。さう云ふ時に僕は時々文ちやんの事を思ひ出します。文ちやんを貰ひたいと云ふ事を、僕が兄さんに話してから何年になるでせう。(中略)貰いたい理由はたった一つあるきりです。さうしてその理由は僕は文ちやんが好きだと云ふ事です。勿論昔から好きでした。今でも好きです。その外に何も理由はありません」。この恋文は、彼の作品とは、文章表現が明らかに違います。いわゆる商業的な香りのする小説に書くような文章ではなく、芥川の思いが恋文の中に実に素直に、率直に綴(つづ)られています。

恋文は文章表現の宝庫

 ほかにも歌人の斎藤茂吉や、芸能人の石原裕次郎や美空ひばり、作家の吉屋信子や随筆家の須賀敦子などの恋文を読むと、やはり普段目にする彼らの文章とは違います。ためらいや迷いもあり、実に赤裸々です。広がる想像力を和歌にしたためた恋文もあり、まさに日本語文章表現方法の宝庫と呼べるものです。
 最初の数行で思わず引き込まれてしまう文章は、何を最初に書き最後にどう締めくくるか、よく練られた構成によるものです。こうした話運び、つまり構成力や文章表現を高める言葉選びは、彼らの恋文から学ぶところがとても多いのです。

参考資料
1:日本語表現ラブレターレジュメ
この学問がむいているかもメディア学、文学

岐阜女子大学
文化創造学部 文化創造学科 教授
木俣 正剛 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 大学は、高校までのように先生から教えてもらうのではなく、自ら学問を修めるところです。何を学びたいのかを自分で選択し、それを自発的に学び、身につける場所です。高校と大学の大きな違いは、この部分です。
 これまでの人生で私が一番楽しかったのは、この大学時代です。たくさんの友人ができ、たくさんの本を読み、いろいろな国に旅行して自由に楽しみました。あなたも高校で一生懸命勉強に励み、自分が望む大学に進学してほしいと思います。そして将来に向けての選択肢の幅を、大きく広げてください。

メッセージ

 実は学生時代、学者になりたかったのです。政治学科で学び、教授も「このまま研究を続けるように」と勧めてくれていました。ただ当時、父がすでに60歳を過ぎていて、これ以上親のすねをかじることはできないと学者の道は断念し、文藝春秋に入社して40年勤めました。ただ、首都圏以外の読者層を知る好機ということで、編集長をするかたわら、10年程前から特任教授として岐阜女子大学で集中講義を行っていました。今は第2の人生として、希望していた学者の道を歩ませてもらっています。

メッセージ

アニメ制作会社(制作進行)/公務員(市役所勤務)/大手商社(デジタル宣伝)

大学アイコン
木俣 正剛 先生がいらっしゃる
岐阜女子大学に関心を持ったら

 岐阜女子大学 文化創造学部には保育士、幼・小・中・高校の複数資格の取得をめざす『初等教育学専攻』、書道・国語や観光・英語を学ぶ『文化創造学専攻』、司書や学芸員の養成だけでなく、Webデザインや動画作成などのデジタルスキルを身につけられる『デジタルアーカイブ専攻』があります。授業では芥川賞候補作をすべて最後まで読み、採点基準もホンモノの基準と同じに学生が行う「芥川賞選考会」の授業や、プロのデザイナーを招いてグラフィックデザインソフトを使って本の表紙づくりに挑戦など、体験的な学びが多いのが特徴です。

この夢ナビ講義の関心ワード

TOPへもどる