夢ナビ

苦痛や不安を可視化して「生活の質」の向上をサポート

講義No.10642

自宅で生活するがん患者

 現在、がんの放射線治療や抗がん薬治療の多くは外来診療に移行しているため、がん患者は基本的には治療を受けながら自宅で過ごし、病気の進行にともなう心身の変化を自己管理(セルフマネジメント)していかなければなりません。がんそのものや副作用の症状を抱えながら生活を送る場合もあります。痛みを緩和するための「支持薬」は進歩していますが、治療の副作用である味覚障害や末しょう神経障害には効果的な薬がないのが現状です。味覚障害を起こすと、味がわからないために塩分の濃いものを食べ続けてしまうといった危険のほか、今までしていた調理ができなくなることへの精神的なストレスを負うこともあります。

症状を数値化する測定尺度

 看護師は、患者さんが安全で安心な生活を送れるように教育や指導を行っています。ただし、味覚障害ひとつとっても受ける苦痛やストレスは人それぞれであり、一律的な指導の方法では患者さんの生活の質(QOL)を向上させることはできません。目に見えない苦悩や精神的な苦痛といった患者さんそれぞれの状態を正しく理解するには、それを客観的に測定する方法が必要です。
 そこで、患者さんが5段階評価で答えることにより、現在の状況を点数化できる測定尺度が開発されました。これまでに味覚症状を把握する尺度や末しょう神経障害を把握する尺度が作成されています。患者さんへの聞き取り調査や文献の検討に基づき、食欲への影響などを点数化するものです。看護師は、患者さんの状態を客観的に把握することで、生活改善や患者さんの自己管理力を高めるために何をすればいいのかをフィードバックしながら考えることができます。

患者さんへの教育指導の責務

 高齢化が進む社会において、医療や介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で生活を続けられるようサポートする「地域包括ケア」は、ますます需要が高まります。在宅で治療を続ける患者さんの心と体の自己管理を助ける教育や指導は、より重要な看護師の責務となるでしょう。

この学問がむいているかも看護学

高崎健康福祉大学
保健医療学部 看護学科 教授
神田 清子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「がんがステージ1の状態です」と言われた時に、助かったと思う人も、悲観する人もいます。同じ病状を聞いても、とらえ方は人それぞれで違います。看護は、自分の価値観に当てはめるのではなく、患者さんの価値観に寄り添う態度が大切です。
 それには、人間力を高める必要があります。これは机上の勉強だけで対応できるものではなく、人と関わる幅広い体験を通して得ていくものです。そのための時間は決して無駄にはなりません。ぜひ、たくさんのことに挑戦し、経験を重ねて、患者さんの価値観に寄り添える看護職をめざしてください。

メッセージ

 高校では強豪のバレーボール部に所属し、将来は体育の教師をめざしていました。しかし、ヘモグロビン濃度が急に下がって入院することになり、鉄欠乏性貧血と診断されて運動は止められてしまいました。そこで、入院時にお世話になった看護師に進路を変更し、地元群馬の大学附属看護学校に入学。看護師として多くの現場を経験した後に、後進指導のために大学に移りました。留学したアメリカでは、地域のがん療養者へのサポートが発達しているのを目の当たりにし、日本でも同様に地域での患者ケアが広まればと考えて活動しています。

メッセージ

看護師/保健師/養護教諭

大学アイコン
神田 清子 先生がいらっしゃる
高崎健康福祉大学に関心を持ったら

 高崎健康福祉大学は「あなたの笑顔が、わたしの笑顔」となるために7つの道で考え抜く大学です。乳幼児からお年寄りまで、あらゆる世代をカバーする「健康」「医療」「福祉」だけに特化した5学部・8学科をそろえ、人を支えることの出来る、前向きなチカラを育てています。

TOPへもどる