夢ナビ

多文化共生社会における医療機関のあり方とは?

講義No.10101

医療の現場における異文化交流

 日本に在住する外国人が増え続けている現在、片親あるいは両親が日本人ではないという子供は25人に1人の割合で生まれています。異文化を背景に持つ人の割合が、大幅に増えているのです。つまり、病院など医療の現場にも、異文化を背景に持つ人々が多く訪れるということであり、スムーズに治療を行うためには、異文化への理解を深めておく必要があります。

文化の違いで起きるさまざまな問題

 日本で当たり前に行われている治療や看護が、文化の違いによって、患者さんにとっては抵抗のあるもの、受け入れられないものであるというケースがあります。例えば中国では、「体を温める食べもの/冷やす食べ物」があるとされており、産後には体を温める食べものを摂ります。「産後1カ月は入浴しない」という伝統的習慣をも守る人もいます。そこに無理に入浴を勧めたり、食べたくない食事を食べさせたりしようとしても、受け入れられません。こうした問題が起きると、回復の妨げになるだけでなく、患者と病院の間の信頼関係も損なうことになりかねません。看護師は看護の対象となる人々の文化や宗教を理解することが必要です。

外国人患者受入れの認証制度

 日本では、2011年から「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP=Japan Medical Service Accreditation for International Patients)」を導入しました。多言語での診療案内や、異文化・宗教に配慮した対応など、外国人患者の受入れ体制が整っている医療機関を認証する制度です。ただし、認証には、外国人に対応できる医療コーディネーターを置くなど厳しい基準があるため、大規模な病院でないと認証を受けるのが難しいという現実があります。
 今後ますます増えていくであろう外国人患者を受け入れていくため、こうした制度なども活用しながら、医療現場で異文化への理解を進める教育や施策の検討が求められています。

この学問がむいているかも看護学

東京都立大学(旧・首都大学東京)
健康福祉学部 看護学科 准教授
石川 陽子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 私が専門とする「国際看護学」と「看護管理学」に共通しているのは、事象を分析するというところです。起きている問題にはどんな人たちが関わっていて、どのような利害関係にあり、その人たちがどんな価値観とニーズを持っているかを分析します。人々が何を大切にして生きているかという価値観は地域や文化によって異なり、解決の方向性も異なります。
 これは、看護学における大切な手法の一つであり、国際協力のプロジェクトなどでも有効で、私たちの日常生活にも役立てることができるものです。

メッセージ

 生涯を通じてキャリアを形成できる職業として看護師を選択しました。病院で働いた後、フィリピンにある難民キャンプでの医療活動に携わったことから、もっと効果的に開発途上国への支援をする方法はないかと考え、大学院で国際保健学を専攻しました。その後、国際協力活動を経て、日本看護協会政策企画部に勤務し、看護師が医療政策に関わることの必要性を感じ「医療管理・政策学」を学びました。現在は、外国人看護師との協働や在日外国人を対象とした「異文化看護」の研究をしています。

メッセージ

病院/保健所/海外の大学院進学

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
石川 陽子 先生がいらっしゃる
東京都立大学(旧・首都大学東京)に関心を持ったら

 東京都立大学は「大都市における人間社会の理想像の追求」を使命とし、東京都が設置している公立の総合大学です。人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部、都市環境学部、システムデザイン学部、健康福祉学部の7学部23学科で広範な学問領域を網羅。学部、領域を越え自由に学ぶカリキュラムやインターンシップなどの特色あるプログラムや、各分野の高度な専門教育が、充実した環境の中で受けられます。

この夢ナビ講義の関心ワード

TOPへもどる

夢ナビ編集部