夢ナビ

日本語教育が人をつなぎ社会をつくる

講義No.09933

外国人に必要な日本語はそれぞれ違う

 日本では少子高齢化が進み、労働人口の減少が問題になっています。そのため、外国人材を受け入れる新たな制度が導入され、今後ますます外国の人々とともに生活する社会になっていきます。日本語教育とは、日本語を母語としない外国人に日本語を教えることです。しかし、教室の中で日本語を教えるだけでは、不十分です。仕事が忙しくて教室に来られないかもしれません。その家族や子どもたちの言葉はどうしたらいいのでしょうか。日本で生活している以上、日本語を学ぶ学習者それぞれの社会的立場や環境を考えながら、効果的に教えることが求められています。

外国人と一緒に社会をつくる

 外国人にとって、地域や学校、職場における円滑なコミュニケーションの実現には、日本語教育が大きな役割を果たします。日本語がわからないことを理由に、言葉が通じる人たちだけのコミュニティにとどまると、社会は分断してしまいます。では、どうしたらいいのでしょうか。まずは日本語を教えたり、学習を支えたりする私たち自身が、彼らはこれからの日本の社会を一緒につくっていく仲間であるという意識を持つことが必要です。それが日本語を学ぶ人の意欲にもつながります。そして、学習者の視点に立って、生まれも育ちも異なり、背景にある文化や歴史、生きてきた人生も異なる人たちに対する理解を深めながら、言葉を教えることが必要です。

求められるコミュニケーション能力

 今後もグローバル化は進み、日本国内でも外国人と関わる場面はますます増えるでしょう。社会で起こる多様な問題の解決に、コミュニケーションは必須です。日本人が英語を学べばいいのではという意見もありますが、日本に来る外国人の話せる言葉が英語とは限りません。彼らが少しずつでも日本語を話せるようになり、日本人が彼らにわかりやすい簡単な日本語に調整して話すことができれば、コミュニケーションは図れます。それが人をつなぎ、またそれが、一緒に社会をつくるというお互いの原動力にもつながります。

この学問がむいているかも日本語教育学

東北大学
文学部  教授
小河原 義朗 先生

メッセージ

 外国人に日本語を教えるためには、あなたが普段から当たり前に使っている日本語を客観的にとらえる必要があります。そのために、積極的に外国人と日本語で話してみてください。日本語についていろいろな発見があると思います。
 あなたの身の回りにも外国人が増えていると思います。グローバル化がさらに進むこれからの日本において、私たちはいろいろな国の人たちと共に生き、協働して新たな社会をつくっていかなければなりません。このような背景を踏まえて、外国人に日本語を教えるとはどういうことか一緒に考えてみましょう。

メッセージ

 文学部在学中、塾でアルバイトを始めた私は、子どもたちの成績が伸びていくのを見て、教えることに興味を持ちました。文学部に進んだものの、研究の方法に疑問を持ち始めたことと、大学に日本語教育の専攻が新設されるタイミングが重なり、それが日本語教育を専門とするきっかけになりました。
 外国人と日本語で話すと、日本語について気づかされることがたくさんあります。そこに面白さや楽しさを感じられれば、きっといい教師になれるでしょう。日本語を母語としない人々に日本語を教えることは、新しい社会をつくる原動力になるのです。

メッセージ

日本語教師(国内外)/大学教員/学校教員/公務員/一般企業

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
小河原 義朗 先生がいらっしゃる
東北大学に関心を持ったら

 建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造しています。また、研究の成果を社会が直面する諸問題の解決に役立て、指導的人材を育成することによって、平和で公正な人類社会の実現に貢献して行きます。社会から知の拠点として人類社会への貢献を委託されている東北大学の教職員、学生、同窓生が一丸となって、「Challenge」、「Creation」、「Innovation」を合言葉として、価値ある研究・教育を創造して、世界の人々の期待に応えていきたいと考えます。

TOPへもどる

夢ナビ編集部