夢ナビ

コンピュータがあなたの言葉に合わせて作曲します

講義No.09018

データサイエンスとは何か

 現代社会には、Webなどのネットワークを通じて蓄積された、膨大な量のデータが存在します。そうしたデータを人工知能(AI)などのさまざまな手法によって解析し、必要な要素を抽出して活用するような学問を「データサイエンス」と呼びます。囲碁や将棋などで人工知能がトップレベルの棋士を上回る強さを発揮した例でも、棋譜を大量に読み込んでデータ分析し、勝つパターンを深層学習(ディープラーニング)する手法が使われています。

データから作曲の仕方を学習させる

 音楽のように創造性(クリエイティビティ)が要求される分野でも、人工知能を活用する研究が進んでいます。従来のDTM(デスクトップミュージック)は、打ち込まれた楽譜をコンピュータがその通りに演奏するというものですが、最近では、膨大な量の音楽データをコンピュータに読み込ませ、テーマやキーワードに応じて、その印象に合った作曲の仕方を学習させるといった活用法が研究されています。
 例えば、コンピュータに「桜」というキーワードを入力すると、過去の「桜」をモチーフとした楽曲の分析に基づいて、桜の花を思い起こさせるメロディを作曲するというレベルのことは、すでに実現されています。しかもこのコンピュータなら、数秒あれば文字通り無数の曲を生み出すことができるのです。

人間とコンピュータのこれから

 音楽とは、人がそれを聴いて心を動かされることによって初めて成り立ちます。人工知能で作曲を習得したコンピュータが作り出した音楽も、過去の音楽のデータから学ぶという新しい形で作り出された音楽作品と言えます。では、人間の作曲家の存在価値はなくなるのかというと、そんなことは全くありません。コンピュータは、社会の中で人間を助けるための存在です。人間とコンピュータは、協力し合うことで創造性(クリエイティビティ)を最大限に発揮することができます。両者の関わりは、今後ますます密接になっていくでしょう。

この学問がむいているかも情報学

武蔵野大学
データサイエンス学部 データサイエンス学科 准教授
中西 崇文 先生

メッセージ動画
メッセージ

 私はデータサイエンスの研究をしています。世の中には、社会、環境、ビジネス、科学、あるいは芸術やエンターテインメント、ゲーム、音楽など、興味深い情報がたくさんあります。それらの多様で異なるさまざまなデータの中から知りたいことを、AI(人工知能)やデータ分析を通じて明らかにしていくのがデータサイエンスという学問です。
 高校生の時は、いろいろなことに興味や疑問を持ってください。それらを解決する手段の1つが、データサイエンスになるはずです。その興味を深めるためにも、ぜひ一緒にこの学問を深めていきましょう。

メッセージ

 もともと音楽が趣味で、高校生の頃からコンピュータを使って音楽制作をするDTM、デスクトップミュージックにハマっていました。当時のコンピュータはすぐにフリーズしてしまうなど、高性能ではありませんでしたが、コンピュータの持つ可能性に引かれ、人間の感性と接点を持ちうるシステムを作りたい、と考えるようになりました。現在は、膨大な量のデータを分析して人間が気づけなかった事柄を発見するデータサイエンスの研究に携わっています。音楽を学習させたコンピュータに作曲をさせられないか、という研究にも取り組んでいます。

先生の講義ライブ動画

AIがあなたの言葉に合わせて作曲します

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

データサイエンスとは

アイコン

タクシーの売上を上げるには?

アイコン

自動作曲システム

アイコン

講義を視聴する(30分)

アイコン

配付資料のPDFを見る

大学アイコン
中西 崇文 先生がいらっしゃる
武蔵野大学に関心を持ったら

 武蔵野大学は、文・理・医療系の総合大学です。2019年4月、「データサイエンス学部」を新設。最先端の人工知能(AI)について学び、AIを使ってビッグデータを分析、活用できる人材を育成します。教育学部児童教育学科は「教育学科」に名称変更。経営学科・会計ガバナンス学科は経営学部に改組。11学部19学科になる武蔵野大学では、経済学、経営学、法学、文学、国際、語学、教育、薬学、看護、心理、福祉、工学、環境、建築などの学問分野が学べます。

TOPへもどる