夢ナビ

多文化共生社会の中で求められる乳幼児教育・保育とは?

講義No.05389

模索される新しい児童教育のあり方

 21世紀に入り、情報革命のもとで経済のグローバル化が加速しています。人的な移動や交流が活発化し、日本を含めたアジア諸国では「多文化共生社会」といわれる大きなパラダイムの変化がもたらされました。これにともない、教育、特に乳幼児教育・保育の面でも、多言語環境の中で、いかにすべての子どもの発達を保障するのか、教育だけでなく人間としてどう育てていくのかが問われています。また「知識基盤社会」、「生涯学習時代」といわれる中で、それらに対応した新しい児童教育のあり方が模索されているのです。

学習の軸となる「母語」の習得が課題に

 日本では1990年の改訂出入国管理および難民認定法の施行を契機として、日系南米人に代表される「ニューカマ―」の子どもたちが日本の保育・教育現場に急増してきました。すでに20年を経過し、子どもたちは多言語・多文化環境の中で育ってきましたが、教育の現場では依然として混乱が続いています。特にグローバル化時代にあっても、人間としての成長と学習の軸となる「母語」の習得は大きな課題です。多文化環境の中で、日本語でも両親の母国語でも学習に不可欠な知的言語運用能力が年齢相応の発達水準に到達していない「ダブルリミテッド」を示す子どもたちも多いのです。

0~6歳までの一貫した教育プログラムが重要

 母語の形成に大切なのは、0~6歳の乳幼児期です。0~3歳は生活言語としての母語の土台をつくる時期で、愛情をもってわらべ歌や童謡、詩などを口ずさんで聞かせたり、手遊びをしたり、物語を語り聞かせたり、積極的に話しかけたりするなど、大人の働きかけが非常に大切です。また、3~6歳は、「学習(思考)言語」としての母語の基盤を構築する時期で、物語絵本の読み語りが大切です。この原理原則に基づいた0~6歳までの一貫した教育プログラムこそが重要であり、それぞれの国の多様な文化・伝統・環境に基づいた教育が、子どもたちの能動的な学習を支え、21世紀の新しい人材を育てていくのです。

この学問がむいているかも教育学、児童教育学、保育学

福山市立大学
教育学部 児童教育学科 教授
劉 郷英 先生

メッセージ

 私は、25歳の時に大きな夢を持って日本にやってきました。大学院で教育学を専攻し、特に0~6歳までの乳幼児の発達の法則性とそれを踏まえた教育方法を専門的に学んできました。そして今、その夢を実現し、福山市立大学で保育者と小学校教師の育成をしています。あなたも教育者をめざすなら、ただ算数を教えるなどの狭い意味の教師・保育者ではなく、豊かな社会をつくるために、子どもにとって最善の教育をプロとして学んでいくんだという心構えが大切だと思います。そして、社会や世界に貢献できるような教育者になってほしいです。

メッセージ

 中国の黒龍江大学の日本語学部で日本語を学び、さらに大学院の日本語学専攻で日本語の音韻学を研究しました。その後、2年間黒龍江大学で教師をしたあと、京都大学大学院に留学し、教育学を専攻しました。1年次の授業で読んだ著名な在日朝鮮人作家のエッセイで、子どもの母語の発達と幼児期の教育の大切さを痛感し、乳幼児の母語の発達と乳幼児教育・保育のあり方を専門として研究してきました。自らも一児の母として、幼児教育の重要性、多文化環境の中での子どもの発達をテーマにしています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
劉 郷英 先生がいらっしゃる
福山市立大学に関心を持ったら

 福山市立大学は、福山市が設置する公立大学、4学期制による効果的な履修、4年間を通じた少人数参加型授業や、街と一体となったキャンパスを拠点に、福山市全体をフィールドとした体験型授業の充実が特色です。公立大学の特色を生かし、教育学部では地域の教育・保育施設との連携により実践力のある教育者・保育者を目指します。都市経営学部は全国初の学際的な学部で、環境を基盤として工学系、経済学系、社会学系の3つの領域を総合的に学び、持続的な都市社会の発展を担える人材を育成します。

TOPへもどる

夢ナビ編集部