夢ナビ

中国であって中国でない? 香港の特異性とは

講義No.03523

香港ってどんなところ?

 香港は面積がおよそ1000平方キロ、公用語は中国語と英語ですが、話し言葉は広東語です。歴史的に見ると、香港はずっと中華帝国の一部でした。唐や宋の時代には海上交通の要衝として重要な地位を占めていました。付近の海域は海上交通が盛んで、多くの外洋船が行き来しました。
 中華帝国の一部であった香港ですが、1842年、アヘン戦争の結果、南京条約が結ばれました。これによって、香港島はイギリスに割譲されます。さらに1860年、北京条約によって九龍半島の先端部が、そして1898年の新界租借条約締結によって、九龍半島の基底部も割譲、そしてこの年から99年間イギリスが租借することになりました。以来、日本に統治された時期もありましたが、1997年まで香港はイギリス統治下にありました。

戦後の香港

 戦後、中華人民共和国の成立前後に、中国内地から香港に大量の移民が流れ込みました。彼らは中国内地へは戻らず、香港に定住しました。そしてその世代の子どもたち、つまり香港生まれの香港育ちという戦後世代たちが成長しました。
 1970年代末、「香港返還問題」が浮上してきます。それは、新界租借条約の期限切れが現実的な数字として認識されはじめたからです。例えば、香港の不動産向け融資は15年物が多く、ローン完済時期が1997年6月30日をまたぐのが間近になってきたのです。

香港という地域の特徴

 こうした状況を受けて、1982年に中英交渉が始まり、1984年に返還後の香港をどうするかという中英共同声明が発表されました。主な内容は、主権は中国が回収する、高度な自治を保証する、制度は変えず繁栄を保持する、というものでした。返還後の香港は一国二制度が50年間実施されることになりました。
 このように、香港は歴史に翻弄されましたが、そのせいか、人々は政府に頼らない自立の気風に満ちています。
 香港を通して中国やアジアを見ることで、日本からの視点とは違う考え方や文化に触れることができるのです。

参考資料
1:「香港」という「地域」を観る
この学問がむいているかも地域文化研究、地理学、比較文化学

東京大学
教養学部 地域文化研究学科 准教授
谷垣 真理子 先生

メッセージ

 日本では偉い先生や政府の言うことを疑わない傾向にあります。しかし、香港では政府の言うことも一度は必ず疑って、自分の手で情報を集めます。「自己責任と自助努力」の世界が香港です。こうした傾向は香港だけにみられるものではありません。子どもたちが学校に行けず、仕事をしなければならない国は世界に数多くあります。日本の将来について悲観的に語られますが、まだこの国は世界的には「豊かな国」です。自分自身の「花」を咲かせられるよう、ぜひ自分がかなえたい「夢」をみつけてください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
谷垣 真理子 先生がいらっしゃる
東京大学に関心を持ったら

 東京大学は、学界の代表的権威を集めた教授陣、多彩をきわめる学部・学科等組織、充実した諸施設、世界的業績などを誇っています。10学部、15の大学院研究科等、11の附置研究所、10の全学センター等で構成されています。「自ら原理に立ち戻って考える力」、「忍耐強く考え続ける力」、「自ら新しい発想を生み出す力」の3つの基礎力を鍛え、「知のプロフェッショナル」が育つ場でありたいと決意しています。

TOPへもどる