夢ナビ

海外留学のすすめ

講義No.02262

世界は日本だけではない

 若いうちに、海外留学を経験してほしいと思っています。もちろん金銭的なことや時間的なこと、煩雑な手続きなど、簡単にできることではありませんが、1カ月でもいいのです。海外に出て、当たり前のことですが、「日本が世界の中心ではない」「いろいろな人が世の中にいるんだ」と実感するだけで、視野がグンと広がり、新しい世界が見えてくるかもしれません。誰でも、初めて海外を訪れたときは最初は聞きとれない、話せないで大きなショックを受けるものです。もちろん、日本で真剣に英語の勉強をしていれば、ある程度は聞きとれたり話したりできますが、やはり英語のシャワーの中に入ると、思うようには聞きとれないし、まして思ったことを話すのは大変です。日本の中で、何不自由なく日本語を使って生活してきたのですから、自分の言葉が通じないというのは、大きな挫折になることでしょう。日本語で生活してきた人のほとんどが、カルチャーショックを受けるかもしれません。数カ月は苦しい時期が続くでしょうが、我慢して努力していれば、ある日聞きとれるようになっている自分に気づくはずです。

自分からどんどん外に出て行こう

 英語を話せるようになりたい、自分の専門分野をもっと勉強したい、世界を見てみたい……。留学する理由はさまざまでしょうが、せっかく留学したのなら、ただ待っているだけ、部屋にこもっているだけでは英語は上達しません。自分から積極的にならなければ、周囲だって声をかけてはくれないものです。慣れない場所に来ているときに、日本人の友だちは本当にありがたいのですが、友だちに頼り過ぎてはいけません。ホームステイ先の家族と一緒に過ごしたり、大学の寮に入ったのであれば、世界中から集まった仲間たちと英語で交流するのも楽しいものです。英語に触れる時間を多くするほど、早く話せるようになるはずです。そうして半年もたてば、英語で楽しく話している自分と出会えるでしょう。

この学問がむいているかも国際教養学部

国際教養大学
国際教養学部 EAP(英語集中プログラム) 助教
長沼 奈絵子 先生

メッセージ

 英語は、コミュニケーションのツールの一つです。英語の勉強自体はつらいかもしれませんが、英語が自由に使えると、世界が広がって楽しくなります。今は、学校でALT(外国語指導助手)と話したり、テレビやビデオで英語を聞いたり、インターネットで海外の人とつながったり、英語でのコミュニケーションを試す方法はいろいろあります。英語に触れる機会をふやしていけば、必ずできるようになります。海外に行けば、さらに可能性が広がります。ぜひ、英語をマスターして、あなたの世界を広げていってください。

メッセージ

 中学時代、英語の教師に恵まれなかったため、「よし、自分がよい英語の教師になってやろう!」と決意しました。しかし、大学3年生の教育実習で自分は中学生に英語を教えるのに向かないのでは、と疑問を持ち始めました。また、ミネソタ州にある大学へ留学しましたが、そこでも自分の英語力のなさを痛感しました。
 しかし、英語で英語を教えられるようになりたいという目標に向かい、日々精進した結果、運にも恵まれて、秋田で「英語で英語」を教えています。努力を怠らない勤勉な学生に囲まれて、刺激を受け続けられることに感謝する毎日です。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

大学アイコン
長沼 奈絵子 先生がいらっしゃる
国際教養大学に関心を持ったら

 国際教養大学の挑戦―それは、従来の日本の大学では実現が難しかった課題に向けて「国際教養」という新しい理念を掲げ、その特色を最大限に生かし、グローバル化が進む国際社会を舞台に存分に活躍できる優れた人材を養成することです。本学では斬新な教育プログラムに可能性を見い出した個性的な学生たちが、全国各地から集まっています。「ありきたりの大学生活では物足りない!」と考えているみなさん、「壮大な夢を抱く仲間たちとともに輝いてみたい!」と願うみなさんは、ぜひ一度本学を訪れてください。

この夢ナビ講義の関心ワード

TOPへもどる

夢ナビ編集部