夢ナビWebセレクション

岡山大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • ザリガニ、
  • 淡水魚、
  • 生態系、
  • 河川、
  • 外来種、
  • 在来種、
  • 絶滅、
  • 生物、
  • 保全、
  • 水生生物、
  • 水路

人間と水生生物のはざまに立って、よりよい共存方法を探る

工学的視点で生態系を守る知恵

 川の氾濫や洪水、土砂崩れ、水不足など、私たちの生活は自然の脅威にさらされています。そこで河川の改修工事を行います。また、農業の生産性を向上させるために、水田や農業水路を整備します。しかしそれが古来の水生生物たちの生息環境を崩してしまうこともあります。そこで最近は生態学者や土木工学者などが力を合わせ、淡水魚などを守りながら河川や農業水路の改修を行うのが主流になってきました。
 ビオトープと呼ばれる生息環境を整備したり、コンクリートの水路に魚巣(ぎょそう)ブロックをつけて流速などを整えたり、護岸に生物がすみやすい構造物を組むといったことが行われています。

生物を守るには、まずその生態を知る

 生物の世界には外来種が入ってきます。定着できるのはごく一部ですが、生き残ったものは生命力も繁殖力も強く、在来種が駆逐されることも少なくありません。北海道・東北に棲息するニホンザリガニは外来種のウチダザリガニの影響などで絶滅の危機に瀕しています。岡山県でみられる淡水魚のスイゲンゼニタナゴとアユモドキは、外来種や開発などの影響を受けて、国内希少野生動植物種に指定されるほど激減しています。
 スイゲンゼニタナゴの繁殖方法は、二枚貝に卵を産み付けるというユニークなものです。つまりこの種を保全するには、好みとなる貝の種も保全しなければなりません。しかしスイゲンゼニタナゴの「好みの貝」の詳細は、わかっていません。その生態はフィールドワークや室内実験を重ねて明らかになりつつありますが、まだまだわからないことだらけです。

なぜ在来種を保全する必要があるの?

 生態系は、生物の1種1種がいて成り立ちます。たとえ1種でも絶滅してしまうとバランスが崩れます。よって、強すぎる外来種が登場すれば日本全体で生態系が崩れることも考えられ、日本人が古来自然から享受してきた恩恵を受けられなくなる可能性もあるのです。それを防ぐには、小さな地域のひとつの「種」ごとに目を向けて守ることが必要なのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 保全生態学、農村生態工学、応用生態工学


環境理工学部 環境管理工学科 准教授
中田 和義

先生の著書
メッセージ

 私は子どもの頃から生物の生態に興味があり、採ってきた魚や昆虫などを観察するのが好きでした。その興味のままに、大学院で博士号を取るまで突き進みました。そんな私自身の経験から言えることは、まずは何事にも興味を持つことです。当たり前に思えることにも、身近なところにも意外な発見があります。
 幅広い視点から好奇心を大切にして本気で追究すれば、どんな分野でも面白くなります。迷うかもしれませんが、どこに進んでもやりがいはあります。ためらわず自分を信じれば、人生は楽しいものとなります。

先生の学問へのきっかけ

 私は北海道の出身で、釣り好きの父に影響を受けたのか、「生き物好き」の少年でした。採ってきた魚やザリガニを家の水槽で飼育して観察したり、クモやアリジゴクといった生物の行動を観察したりしていました。大学では、地元北海道に棲息するニホンザリガニが絶滅危惧Ⅱ類に選定されていることを知り、故郷に貢献したいという気持ちから、ニホンザリガニの保全を博士論文の研究テーマに選びました。結局、子どもの頃の興味が今につながっています。生物の生態は、思わぬこと、予想を覆されることばかりで驚きの毎日です。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁土木・農業土木/コンサルタント会社技術者/植物公園技師など

研究室

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.