夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09702

友だちに貸したものを勝手に取り返したら法律違反になる?

民法は世間一般の感覚とずれている?

 民法は、生活に関するさまざまな権利義務関係を規定した法律です。例えば、ものの貸し借りにおいて、どのような権利や義務が生じるかについても規定されています。しかし、民法はさまざまな立場の人の利益や事情を考えて作られているので、法律を学んだことのない人にとっては感覚的に理解しにくい部分もあります。
 例えば、次のようなケースです。Aさんが、友だちのBさんに自転車を貸しました。しかし、Bさんはいつまでたってもそれを返してくれません。そこで、AさんはBさんが留守の間に、Bさんに無断で自分の自転車を持って帰りました。Aさんのこの行動は、法的に許されるでしょうか?

借りたものを返さなくても借りた側が保護される?

 一般的な感覚では、Aさんは自分のものを取り返しただけなので許されるように思えます。しかし、民法を含めた日本の現在の法律は、Aさんの行為を基本的には許していません。
 民法では、たとえ他人のものであっても、それを今持っている(法律的には占有している)という事実がまず保護されます。ですから、Aさんが自転車を返してほしい場合は、自転車の所有権か、もしくは貸し借りの契約に基づいて、Bさんに返却を請求する必要があります。それでもBさんが返してくれない場合は、裁判所に訴えるという手段をとらなくてはなりません。いずれにせよ、Bさんに無断で自転車を取り返すような実力行使、言い換えれば自力救済は、法的に認められていないのです。

自分のものを勝手に取り返せない理由とは

 これは、自分の所有物だからといってこれを実力行使で取り返すことを法律が認めてしまうと、例えば力のある人だけに有利な社会になったり、社会に暴力が蔓延(まんえん)したりする恐れがあるからです。そうした無秩序な社会を招かないために、民法では自力救済が原則的に禁止されています。日常的な感覚では理不尽に思えるルールでも、このようにさまざまな事情や利害関係を考慮して、法律は作られているのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 法学

國學院大學
法学部 法律学科 講師
川村 尚子 先生

メッセージ

 もしあなたが今、答えが出ないことで不安を感じている問題があれば、その不安を大事にしてください。高校生までの学びは、答えが用意されている問題を解くことが一般的です。でも社会に出ると、答えのない問題にぶつかることの方が多くなります。不安な気持ちにふたをしないで、もう少しその問題について考え続ける姿勢を大事にしてください。
 じっくり時間をかけて物事を考えることが許されるのは、学生時代の特権です。今のうちにしっかりと考える習慣を身につけておくと、きっとあなたの将来に生かされるでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 私は、民法を専門に研究しています。民法とは、例えば財産の相続や、ものの売り買いや貸し借りなど、私たちの生活のさまざまな事柄に関わる法律です。大学で本格的に法律を勉強していくうちに、この民法を特に面白いと感じるようになりました。民法は、さまざまな立場の人の利益を考えて作られています。そのため、法学部の学生でも最初のうちはなかなか理解しにくい分野なのですが、その「わかりにくさ」にこそ魅力を感じました。そして、世の中にはさまざまな立場のさまざまな考え方があるということに気づかされ、視野が広がりました。

大学アイコン
川村 尚子 先生がいらっしゃる
國學院大學に関心を持ったら

 國學院大學は2019年11月で創立137年の日本で最も長い歴史を持つ大学の一つです。
 グローバル化が進む時代だからこそ、國學院大學は創立以来の伝統として、「日本を学ぶ」ことを大切にしています。日本の文化、日本人としての自分を理解して初めて、異なる文化を持つ世界の人々を尊重することができるからです。
 日本や諸外国の文化・歴史を通して人の在り方を考える「文学部」や、教育者として人の能力を引き出し、人づくりのプロを育てる「人間開発学部」など、皆さんの知的好奇心に応える5つの学部がそろっています。

TOPへもどる