夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09681

スポーツと社会の関係から、スポーツとの新しい関わり方が見えてくる

身体活動としてのスポーツ

 あなたはスポーツから何をイメージしますか? 好きな競技や種目を思い浮かべる人もいるでしょう。スポーツをやっている人であれば、技術を高める方法やチーム競技における作戦について考えるかもしれません。また、試合では、緊張したり興奮したりすることから、心理学的に考えることも可能です。体が脳の命令で動くことを考えれば、認知神経科学的な分析もできます。そこから体をうまく制御して、能力を向上させたいと思う人もいるかもしれません。

社会現象としてのスポーツ

 しかし、このような身体活動としてのスポーツは、スポーツ全体の一部にすぎません。スポーツには、社会現象としての側面もあります。例えば、スポーツイベントは多くの人の関心を集めます。オリンピックなどの国際大会は、国と国との競争の代替物です。高校野球では、出身高校ではなくても地元の高校を応援したくなります。
 スポーツと社会は相互に関わりがあり、社会の中でのスポーツの役割を知れば、スポーツで社会を変えることもできます。スポーツ大会は地域経済の活性化に寄与します。また、ボランティアの参加で新しいネットワークが生まれ、スポーツが地域づくりに貢献することもあります。

多面的な見方で将来を考える

 私たちはスポーツを「よいもの」と考えていますが、その考えはどこから来たのでしょうか? スポーツの歴史を知れば、時代や当時の社会のスポーツ観が明らかになります。競技にはルールがありますが、実はこれには社会の価値観が強く反映されています。また、ルールは技術を規定します。例えば、アメフトではラグビーと違って前に投げてもよいので、遠くに投げる技能が必要になります。ボールも投げやすいように小さくしてあります。用具の発展は、競技者のパフォーマンスと強く関連しています。その開発は、経済発展に寄与します。このようにスポーツは多面的な見方ができます。こうしたことを理解すれば、スポーツへの関わり方も多様化するのです。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

スポーツのさまざまな観点

アイコン

オリンピック入場行進の今と昔

アイコン

スポーツは社会とどのように繋がるのか

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも スポーツマネジメント学、スポーツ社会学

新潟経営大学
経営情報学部 スポーツマネジメント学科 教授
杉浦 善次郎 先生

メッセージ

 あなたはスポーツのどこに興味がありますか? スポーツについて何を学んでみたいですか? 記録を伸ばす技術ですか、たくさん得点する戦術ですか、体力作りの方法ですか、それともスポーツの歴史でしょうか。
 またあなたは、スポーツが町おこしにつながる理由や、オリンピックが開催される意味を考えたことがありますか? 実は、スポーツは社会と密接につながっています。コートやフィールドでプレーするだけがスポーツではありません。「スポーツ社会学」という学問を使って、スポーツの幅広くて奥深い世界にアプローチしてみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 私は高校の体育教師をめざす学科に入学しました。そして大学で聴いた「スポーツ社会学」という講義に興味を持ちました。スポーツの講義といっても、その内容は、歴史や社会の制度や人々の生活とスポーツの関係についてで、これから体育教師をめざす多くの学生には、理屈っぽくて人気がありませんでした。しかし、今までそのような考え方をしてこなかった私にとっては、とても新鮮でした。当時は、スポーツの社会的影響を考えることは一般的ではありませんでしたが、現在は、スポーツは社会の中で大きな役割を持つと考えられています。

大学アイコン
杉浦 善次郎 先生がいらっしゃる
新潟経営大学に関心を持ったら

 新潟経営大学は、人や社会にとっての利益を追究し、さまざまな課題を解決するための知識や技能が修得できる大学です。2学部3学科で構成されるカリキュラムは、経営学を軸に学生の興味・関心を掻き立てるさまざまな科目を設置しており、特にスポーツマネジメント学科や観光経営学科など、社会的ニーズが高い専門分野に特化した学びのプログラムが多数用意され、まちづくりや社会貢献に寄与する実践的学習が行われています。
 幅広いスポーツライフ環境や、観光資源に恵まれた新潟の地で、人や社会に喜ばれる人材育成をめざします。

TOPへもどる