夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09640

幼稚園での指導とのギャップが小学1年生の壁になる

想像力を養う読み聞かせ

 『おおきなかぶ』の絵本は、幼児期の教材として幅広く取り入れられているものです。しかし、幼稚園・保育園と小学校での取り組みを比べると、同じ教材ですが指導方法には違いが見られます。
 幼稚園・保育園では多くの場合、子どもたちは先生の前に集まって座った状態で、先生が絵本を見せながら読み聞かせをします。周囲の子と肩が触れ合うような距離感で「うんとこしょ、どっこいしょ」と声を合わせて体を動かしながら聞いています。想像を膨らませながら物語を友だちや先生と楽しむことが、幼稚園教育要領や保育所保育指針では一番のねらいになっています。

文章を読むのは大変なこと

 それに対し、小学校の伝統的なスタイルでは先生が教壇に立ち、児童一人ひとりが距離を保った席に座り、45分先生の話を集中して聞くことを求められます。言葉を覚えたての時期は「りんご」という単語を見て「り」「ん」「ご」と一音ずつ発音し、読み終わった後に自分が発した音が「りんご」とつながり、意味を理解します。そのため、小学校1年生の教科書は文節ごとに空白をいれて表記する「分かち書き」で書かれています。言葉のまとまりが視覚的にわかり、文章の意味をつかみやすくするためです。
 また、物語の内容を理解しやすくするため、授業の最初に先生が話を一通り読んで聞かせることもあります。それでも、先生から指示されたページを開き、一人で文字を読んで物語を理解するのは、小学校1年生には高いハードルです。

「小1プロブレム」を解決するために

 こういった幼稚園・保育園の指導とのギャップを子どもたちは敏感に感じ取っています。小学校に入学した子どもが新しい環境になじめない状態が続く「小1プロブレム」という問題も起きています。学校や幼稚園・保育園、家庭、地域環境などそれぞれに要因があると考えられますが、文部科学省では子どもたちが入学時から楽しく、充実した学習ができるように「スタートカリキュラム」の導入を進めています。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

ベルギーの幼児教育

アイコン

幼児教育と小学校教育の違い

アイコン

小学校で行われている最新の取り組み

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 幼児教育学、国語教育学

國學院大學
人間開発学部 子ども支援学科 准教授
吉永 安里 先生

先生の著書
メッセージ

 私は大学時代に心理学を勉強し、幼稚園、小学校と勤めた後に、今は大学で子どもたちの言葉の育ちと国語の指導について研究をしています。高校時代、大学ではこんなことを勉強したいなと思っていたことも、大人になるとさらに興味が広がっていき、また、進む道について迷うこともあるでしょう。でも、人生は必ず自分のめざすところに進んでいくものです。
 そのためには、今いる場所で一生懸命に学んで生きることが大切です。人生は一生学びです。ぜひあなたも、國學院大學人間開発学部子ども支援学科で一緒に学んでみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 大学時代に認知心理学を専攻し、言葉や思考の発達を研究していました。ある時、幼稚園の見学に行き、子どもたちの話す言葉の面白さにひきつけられ、現場に入って生身の子どもたちと関わりたいと感じ、幼稚園に就職し、そこで働きながら、夜間の大学で教員免許を取得して、小学校の教員に転職しました。私自身が、子どもの成長を追いかけるように幼稚園から小学校へ移ったことで、子どもたちが小学校入学で感じるギャップを自ら体感したのです。幼稚園から小学校への教育のつながりの大切さを感じながら、研究を続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

教員(公立小学校教諭、公立・私立幼稚園教諭)/保育士(公立・私立保育所)/地方自治体福祉職

大学アイコン
吉永 安里 先生がいらっしゃる
國學院大學に関心を持ったら

 國學院大學は2019年11月で創立137年の日本で最も長い歴史を持つ大学の一つです。
 グローバル化が進む時代だからこそ、國學院大學は創立以来の伝統として、「日本を学ぶ」ことを大切にしています。日本の文化、日本人としての自分を理解して初めて、異なる文化を持つ世界の人々を尊重することができるからです。
 日本や諸外国の文化・歴史を通して人の在り方を考える「文学部」や、教育者として人の能力を引き出し、人づくりのプロを育てる「人間開発学部」など、皆さんの知的好奇心に応える5つの学部がそろっています。

TOPへもどる