夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09626

再犯のリスクを減らしていくために

犯罪心理学で取り組むこと

 「犯罪心理学」と聞くと、加害者の心理を読み解いて犯人捜しをするなどの「プロファイリング」が頭に浮かぶかもしれません。実際はそれだけではなく、加害者が再び犯罪をしないようにするための矯正や、無実の罪で捕まった人がなぜ自白してしまうのかなどを調べる心理分析など、犯罪と刑事事件に関わる心理を幅広く研究する学問です。犯罪捜査はもちろん重要ですが、犯罪者を矯正し、再犯をしないようにするための研究も犯罪心理学の中で進められているのです。

さまざまな要因による再犯

 再犯は、本人の心理的な問題だけではなく、家庭環境や経済状況など多くの要因が重なる形で起こります。研究においては、統計的手法を活用しながら、再犯リスクとなる要因を分析します。一方、個々の犯罪者や非行少年に対しては、それぞれどのような再犯リスクがあるのかを分析し、再犯を未然に防ぐための手法を検討します。
 例えば、万引きを繰り返す人で、早い時期から家のお金を持ち出しているようなケースでは、保護者の愛情を感じられず、関心を引きたいという場合が少なくありません。この場合、保護者との関係を変えていくことが再犯リスクを減らす手段の一つと考えられます。しかし、その後、万引きがスリルや達成感を味わうためのものとなり、依存性が出てくると、その行動を止めるために認知行動療法などのプログラムを使用する必要も出てきます。これは、アルコールや薬物への依存の治療などに使われるプログラムを応用したものです。

新たな被害者を生まないために

 犯罪を起こした人に対して手厚く対応することに対して、疑問視する声もあります。犯罪被害者の人に対する支援を充実させることも重要なことです。ただし、社会が犯罪者を排除すればするほど、犯罪は繰り返され、その結果、新たな被害者が増えることになります。そうした悪循環を断ち切るためにも、再犯要因の研究と、再犯リスクを減らすための手法やプログラムの充実が求められています。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

犯罪の原因はなんだろう

アイコン

再犯のリスクの要因を分類する

アイコン

再犯防止のための処方モデル

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 犯罪心理学

駿河台大学
心理学部 心理学科 教授
古曵 牧人 先生

メッセージ

 私の高校時代とは違って、現在の高校生は、インターネットなどで実にさまざまな情報が手に入りやすい環境にあります。この学問はどういうものなのか、どういう研究をするのかなどを知りたいと思った時に、手を動かしさえすれば容易に情報を得られるのです。
 情報があふれているために迷ってしまうこともあるでしょうが、関心があることは自分からどんどん調べてみましょう。幅広くいろいろなものを見て、知って、そのうえで進路や将来のことを考えていってください。

先生の学問へのきっかけ

 大学に入る時は、今まで学んでいない学問を学びたい、心理学か社会学がいいかなと漠然と考えていました。大学と大学院では、感覚・知覚領域を学んでいましたが、就職の段階で、少年鑑別所の所長さんの講義を聴いたり、心理技官として働いている大学院OGがいたりしたこともあり、心理学を生かせる職業ということで、少年鑑別所の心理技官の仕事に関心を持ちました。長年、鑑別所で少年たちに接してきて、「社会にはこんな問題があるんだ」とあらためて気づかされることもあり、その経験を研究に生かしたいと考え、大学教員になりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

少年院の法務教官/少年鑑別所の心理技官

大学アイコン
古曵 牧人 先生がいらっしゃる
駿河台大学に関心を持ったら

 駿河台大学は、緑豊かな美しい自然環境に恵まれた飯能にキャンパスを持つ、人文・社会科学系の総合大学です。「ひとりひとりの夢とその歩みを支援し、自立を促す教育」を行い、学生と教員が討論を重ねる少人数制のゼミ教育を重視。資格取得はもちろん、実社会で役立つ、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力などを培います。一生の仲間をつくり、将来に役立つ体験に挑戦するキャンパスライフを応援しています。5学部15コース分野で、法律・経済経営・メディア・観光・スポーツ・心理などを専門的に学べます。

TOPへもどる