夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09622

熊谷市はなぜ暑い? ~猛暑が起きる条件とは~

熊谷が暑かった年

 埼玉県熊谷(くまがや)市は2018年7月23日に、41.1度という日本最高気温を記録しました。このような猛暑が起きる条件とは何でしょうか?
 2007年8月16日に、熊谷市が40.9度を記録したときの状況を検証した研究があります。まず前提として、その年の8月は日本全国で暑い日が続いていました。熊谷では、40.9度を記録した16日の半月前から、雨のない日が続いていました。さらにその年はラニーニャ現象といって赤道東太平洋付近の海面水温が平年より低くなる現象が起こっていたのです。ラニーニャ現象が起こるときは、統計的に日本付近は猛暑になることがわかっています。そうした地球規模の現象の影響で、日本全体が暑くなり、そのうえ天気のいい日が何日も続き、熱が蓄積されていたことで猛暑となったのです。

海風の吹かない熊谷

 加えて、熊谷は内陸部にあるので、海の影響が少ないことも暑さの要因のひとつです。東京のように海に近いところは、天気がいい日は日中が海から陸へと吹く海風、夜間が陸から海へと吹く陸風となる海陸風の影響を受けます。日中の海面は陸面よりも温度が低いので、日中に海風が吹くと、地上の温度は下がります。ですから東京では、海風が吹くと温度が下がるのです。しかし熊谷は、東京湾から70~80キロ離れており、最高気温をむかえる午後3時頃までに海風が入ってこないことが多いので、気温が下がりません。

フェーン現象が海風をブロック

 さらにその日はフェーン現象が起こっていました。フェーン現象とは、山の向こうから吹いてきた風が山を越え、暖かく乾いた下降気流となってその土地の気温を上げる現象です。その日の関東付近は北西寄りの風が入りやすい気圧配置となっていました。その影響で日本海からの風が山を越えてフェーン現象が起き、関東地方の気温を上げたのです。ちょうどさいたま市のあたりで、海からの風と山からの風がぶつかる形になり、涼しい海風もブロックされ、熊谷では気温が下がらなかったという事情も重なったのです。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 気象学、気候学

立正大学
地球環境科学部 環境システム学科 教授
渡来 靖 先生

メッセージ

 まずはいろいろなことに興味を持ってください。物事に興味を持てば、そこから自分でもっと調べてみようと思うはずですし、手に入れた情報をどのように整理すればよいかもわかるようになるでしょう。今は情報社会なので、情報は簡単に手に入りますから、何が正しくて何が正しくないかを判断する力がいっそう大事になってきています。
 探究心があれば、多くの情報サイトを見比べたり、本を読んで確認したりして、より正しい情報に行きつくことができるはずです。学びたいと思ったことは、どんどん勉強してください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から天気や天気予報を見るのが大好きでした。大学でも地球科学を専攻し、気象を専門にしたいと思っていました。とはいえ、大学入学時には、ほかの分野に対する興味もあり、完全には決めかねていました。決め手となったのは、大学2年生のときに受けた気象学の講義です。そこで、ブロッキング現象という不思議な現象のおもしろさに魅了されます。ブロッキング現象は異常気象の原因ともなる、予測がむずかしく、謎の多い現象なのです。天気予報の精度は上がってきていますが、わからないことはまだまだたくさんあります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

民間気象会社システム開発/コンピュータ関連会社システムエンジニア/航空会社サービス

大学アイコン
渡来 靖 先生がいらっしゃる
立正大学に関心を持ったら

 立正大学は、人間・社会・地球をトータルでケアできる人材を育成する8学部15学科を有し、多彩な学問分野において広く深く学ぶことができます。加えて充実したキャリア形成支援により、社会の多方面で活躍する優れた人材を輩出しています。本学は1872年(明治5年)東京・芝に開校の起点となる小教院を設立し、2019年で開校147年を迎えました。品川キャンパスは山手線2駅から徒歩5分の都市型キャンパス、熊谷キャンパスは東京ドーム約8個分の広大な自然環境型キャンパスをもつ、学生数1万人を超える総合大学です。

TOPへもどる