夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09597

終末期の患者さんと最期まで向き合う、緩和ケアの必要性

患者さんとともに歩み、苦痛を取り除く

 緩和ケアとは、苦しむ患者さんの苦痛を取り除くことです。病気の初期段階から終末期の患者さん、すべてが対象となります。看護師はあらゆる患者さんにとって、緩和的存在であることが求められます。患者さんの痛みの状態に合わせて薬を投与したり、安楽な姿勢を整えるのはもちろん、日々会話をする中で、その人がどんな苦痛を抱え、痛みのもとはどこにあるのかを探っていきます。患者さんと二人三脚で歩み、ともに苦しみを和らげる方法を見つけ出す、それが緩和ケアです。

苦痛を見極め適度な距離で接する

 終末期の患者さんの苦痛は4つに分けられます。身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛の3つに加えて、人生の意味への問いや死生観に関するスピリチュアルペインの計4つです。人生の終わりを前にしたとき、残された家族のことが心配になったり、なぜ自分がこんな目にあうのかと思ったり、それぞれの苦悩があります。その不安な気持ちを人にどう伝えたらいいか、わからない場合もあるでしょう。そうなると、看護師に対して素っ気ない態度を取ってしまうこともあります。しかし、看護師はそれを表面的にとらえず、その態度の裏にはどんな心の状態があるのかを考え、適度な距離で対話を試みます。患者さんが表出するすべての態度をしっかりと受けとめることで、看護師は患者さんから信頼してもらえるようになるのです。

人生の最期まで生きることを支えるケア

 終末期の患者さんは、治療の選択や療養場所など、自分の意思を決めなければならないことがあります。看護師は、患者さんや家族の望みを一緒に整理して考え、最期の時間をどう生きたいかを決定するお手伝いをします。かつては、生前から死を考えることはタブー視されがちでしたが、近年は、自分が人生の最期をどう生きたいのか、あらかじめ家族や親しい人と話し合っておくべき、という考えが広まりつつあります。その実現のためにも、患者さんと最期まで向き合う緩和ケアが欠かせないのです。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

日本人の死因第一位!?

アイコン

どちらの看護師が良い?

アイコン

看護師にとって大切なこと

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 看護学

聖徳大学
看護学部 看護学科 講師
西田 三十一 先生

メッセージ

 看護師は、実際の現場ではさまざまな年代の患者さんと接します。患者さんと関わるときには、看護師一人ひとりの人生観、価値観が問われます。看護師をめざす人は、高校生のうちからいろいろなことに興味を持ってチャレンジして、人と関わる体験をして感性を磨いておきましょう。多くの人と接することで視野も広がり、人としての幅も広がるでしょう。
 看護師の仕事で必要なのは、「患者さんとともに歩む姿勢」です。易しいことのように思えるかもしれませんが、とても難しく、やりがいのある仕事です。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代に看護体験をしてやりがいを感じ、看護師になることを決めました。以前から人と関わる仕事がしたいと考えていた私にとって、看護師は最適な職業でした。患者さんのためになる看護を実現したいという熱い思いに燃える毎日でしたが、患者さんとうまくコミュニケーションが取れなかったり、思うような看護ができなかったりして、悩む時期もありました。このような現場での経験から、日常的に人の死と接する看護師の内面をサポートする体制が必要だと考え、研究の道に進みました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

病院看護師(大学病院・総合病院・がんや循環器などの専門病院)/行政保健師(都道府県庁・市町村)

大学アイコン
西田 三十一 先生がいらっしゃる
聖徳大学に関心を持ったら

 伝統ある「保育の聖徳(R)」で心優しい保育者に。聖徳大学は幼稚園教員・保育士採用数全国1位(2018年大学通信調べ)。
 大学は児童、心理、福祉、文学、栄養、看護、音楽を、短期大学部は保育、総合文化という幅広い分野の学びが揃っています。2019年のオープンキャンパスは、4/28(日)、5/26(日)、6/9(日)、6/23(日)、7/7(日)、7/28(日)、8/11(日・祝)、8/24(土)、8/25(日)。詳細は決まり次第、随時ホームページで公開いたします。キャンパス見学は毎日受付中!

TOPへもどる