夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09592

病は気から? ~心と体のバランスを整える「鍼灸」の力~

心と体を一つのものと考える東洋医学

 最近、肩こりや頭痛がひどい、よく眠れない、朝起きられない、体がだるくお腹の調子が悪いといった不調を感じることはありませんか? こうした症状を自覚しているのに、「部活やテスト勉強で忙しいからちょっと調子が悪いだけ」と軽く考えているとしたら要注意です。人間関係や進路などの悩みでストレスが大きかったり、長く続いたりすると、心と体のバランスが崩れ、病気ではないけれどさまざまな不調があらわれます。
 このようなとき、鍼灸(しんきゅう)をはじめとした東洋医学は、個人の体質や生活習慣、体内のバランスの乱れなどを不調の原因と考え、心と体のバランスを整える治療を行います。

鍼灸は心と体のバランスを整える治療法

 鍼灸治療というと肩こりや腰痛がつらいときの治療法として知られていますが、鍼や灸の刺激は神経と血流を調節できるため、神経や血流の異常でおこる片頭痛、うつ病や不眠などにも効果的なことが最近わかってきました。また、薬を使わないため副作用もなく、スポーツ選手や妊娠・授乳中の女性でも安心して受けることができます。「病は気から」という言葉があるように、心と体は密接につながっています。ですから、「病を治療する」西洋医学に対して、人間の病気を総合的にとらえ「心と体を治療する」鍼灸が今注目されているのです。

西洋医学との相乗効果

 投薬を行わずに施術を行う鍼灸師は、プロスポーツ業界でも注目され、アスリートのコンディショニングやリハビリテーションの指導を行っています。また、鍼灸の施術を美容の分野に応用した美容鍼灸を行うクリニックやサロンも増えるなど、鍼灸師はさまざまな領域で活躍しています。
 近年、現代病といわれるがんやうつ病患者が増加しており、西洋医学に偏った医療は見直しの時期にあると言っても過言ではありません。西洋医学は科学的で分析的な反面、個人に合わせたテーラーメード医療を苦手とします。そんな弱点を補い、治療の効果を高める医療として、鍼灸を中心とした東洋医学への期待が高まっています。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

不調の原因とは

アイコン

東洋医学の考え方とは

アイコン

心と体の両方を治療する統合医療

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 東洋医学、鍼灸学

帝京平成大学
ヒューマンケア学部 鍼灸学科 教授
久島 達也 先生

メッセージ

 これまで、鍼(はり)の刺激が自律神経系や脳血流に及ぼす影響を研究してきましたが、近年、顔の感覚をつかさどる三叉(さんさ)神経に鍼の刺激を与えることで、脳の血流がよくなり、片頭痛やうつ病、睡眠障がいなどにも効果的であることがわかりました。また、ツボを刺激することで変化する血流量を測定し、ツボ刺激の効果を数値やデータで科学的に証明することにも取り組んでいます。
 客観性に優れた西洋医学と、心と体のバランスを整える東洋医学のそれぞれの利点を合わせた「統合医療」は、21世紀の医療として注目されています。

先生の学問へのきっかけ

 幼い頃から絵を描いたり、図面を書いたりするのが好きで、大学では建築を学ぶつもりでした。しかし、10代の終わりに交通事故に遇い入院します。奇跡的に外傷はなかったものの、退院後にむち打ちの症状がひどくなり、ついに首が動かなくなってしまいました。鍼灸院で治療を続けていたところ、東洋医学の魅力に誘われて一念発起、鍼灸師をめざすことを決意しました。大学・大学院に進学し、現在は大学で学生に鍼灸の指導をするかたわら、研究や大学に併設する鍼灸院・鍼灸臨床センターで、患者さんに鍼灸治療を行っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

鍼灸院鍼灸師/鍼灸整骨院鍼灸師/病院鍼灸師/美容鍼灸鍼灸師/スポーツチームトレーナー/スポーツクラブトレーナー

大学アイコン
久島 達也 先生がいらっしゃる
帝京平成大学に関心を持ったら

 「実学の総合大学」、帝京平成大学。
 首都圏の4つのキャンパスには、あなたの学びたい思いに応える医療からグローバルまで5学部19学科の学びがあり、約10,000人の学生が学んでいます。各キャンパスではそれぞれ、地域の医療や暮らしに関する拠点となる施設・環境を整え、学びに応じた実学教育を展開。学生は実習を積み重ね、実践能力を身につけています。

TOPへもどる