夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09490

多文化理解で視座を上げよ

異文化交流が当たり前の時代

 高齢化と少子化により、70年後には日本の人口は現在の半分になると試算されています。また、訪日する外国人観光客は年々増加しており、政府は、2030年には観光客が6000万人になることを目標としています。つまり、70年後までには、日本の人口を超える外国人が日本を訪れることになるのです。海外へ進出していくための多文化理解ということがよく叫ばれていますが、もはや日本にいたとしても、多文化を理解することはごく当たり前の時代になっていくのです。
 インターネットの浸透によって、世界は一気にグローバル化したともいわれています。ある面では、世界の文化のフラット化(均一化)が目立つようになってきました。

海外進出する日本企業の落とし穴

 しかし、現在でも当然、文化の壁はあり、文化の違いをきちんと認識しないと、人間関係を損ない、ビジネスにおいては失敗します。例えば、日本の企業が海外に進出する場合、現地企業のトップに日本人が立って、日本型の経営を押しつけるという方法では、現地の文化になじまず、結果的に撤退していく例が多く見られます。重要なのは、その文化を知識として学ぶだけではなく、現地の文化と人々の心理に実際に触れ、受け入れられるやり方を実践することです。

多国籍チームのメリット

 多国籍の人が集まったチームでプロジェクトを進めようとすると、最初は混乱することがありますが、違いを認め、相手の文化をリスペクトすることで、視座を上げることができます。上に視点を置くことで、視野が広がり、より俯瞰(ふかん)的にものが見えます。また、A国企業がB国でビジネスをするなら、ただA国のやり方を持ち込むより、B国の文化を取り入れることで発想も変わり、相乗効果を生むことができるのです。
 今後、ますます多文化共生の時代が進んでいくでしょう。ビジネスにおいても、人間関係においても、多様性を尊重し、他者の価値観を受容する姿勢が求められることになります。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経営学、社会心理学

共栄大学
国際経営学部 国際経営学科 教授
平林 信隆 先生

メッセージ

 虹が7色に見えるのは、日本人特有の認識だということを知っていますか? ある文化では3色であり、ある文化では赤と黒の2色だととらえます。虹のようにはっきり目に見えるものに対しても、文化の違いで見え方、認識の仕方は変わってくるのです。
 私の研究では、そのような文化による価値観や認識の違いをとらえ、それをコミュニケーションにどう生かしていくかを考えています。私のゼミは、学生の半数が海外からの留学生で、多様性を楽しむ中で、毎日新しい気づきがあります。そんな気づきを私と一緒に経験してみませんか?

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃は野球に夢中になる一方、本を読むことも大好きでした。大学では経営学を学びましたが、卒業論文は心理学が絡んだものを書いており、その頃から人間の心理に興味がありました。卒業後はソニーとその関連会社に長年勤め、システムエンジニアやマーケティング、物流、財務などの職務を担当し、海外生活も経験しました。50歳を過ぎた頃、出世して人から認められることよりも自立して社会貢献がしたい、自分が生きた証として企業や海外で学んできたことを社会に生かしたいと考え、それを継承する方法として大学教員を選びました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

金融サービスコンサルタント/製造小売業(SPA)運営など

大学アイコン
平林 信隆 先生がいらっしゃる
共栄大学に関心を持ったら

 共栄大学は【少人数】×【現場主義】=【就職力】
 
 一人ひとりに目が行き届いた中で、座学だけではなく授業で学んだ知識を実際のビジネス・観光・スポーツや教育の【現場】で実践する。
 それが共栄大学の学びのスタイルです。1年次より、将来のビジョンを担当教員とじっくり話す時間を設け、さまざまなプログラムを通じて自ら道を切り拓き、社会で活躍できる人材を育てます。

TOPへもどる