夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09483

遺伝子の個人差を特定できれば医療が変わる!

人にはどうして個人差があるのか

 人には姿かたちや能力などに個人差があり、その違いは親からの遺伝によることが知られています。最近では、ゲノム(遺伝情報全体)の解読技術が進み、個人差の仕組みが詳しくわかってきました。人には約30億塩基対のゲノムがあり、そのうち1000塩基に1つの割合で個人差があるといわれています。全部合わせると300万~400万カ所に違いが見られるわけです。これがもし2カ所の違いだけなら人間は2×2で4タイプしかないことになりますが、300万カ所だと、2の300万乗という果てしない数のタイプができることになります。つまり、人の個性のバリエーションは限りないのです。実際は、このゲノムを両親から1人あたり2セット受け継ぐため、さらに多様になります。

遺伝子情報による先制医療

 現在は遺伝子の型をいろいろな集団で調べる研究が積み重なり、遺伝子と個人差の関係がわかってきました。また、遺伝子検査によって遺伝子の型を調べることで、自分の体質やかかりやすい病気を知ることができるようになってきています。
 糖尿病や高血圧などは環境要因と遺伝的要因が合わさって発病する「多因子性疾患」です。遺伝要因が特定できれば、当てはまる人は環境要因を取り除くことで発病が防げます。今後めざしていく先制医療とは、病気になる前にリスクのある人を見つけて予防医療を行うことです。リスクがある人は生活習慣の改善や、予防薬の投与により病気を防ぐことができます。

その人に合わせた薬の使用

 薬の効き方にも個人差があり、これも遺伝子の型が関係しています。個人の遺伝子の型がわかれば、その人に合わせて薬を選択したり服薬量を調整したりすることが可能です。薬を代謝する機能が弱い体質の人は副作用が起こりやすい傾向にあるので、量を減らすことで危険を防ぐことができます。治療の効果が上がるだけでなく、医療費を抑えるというメリットも超高齢社会では重要となるでしょう。また、難病といわれる病気の治療法発見にも遺伝子の型の特定が期待されています。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 生命科学

明治薬科大学
薬学部 生命創薬科学科 准教授
紀 嘉浩 先生

メッセージ

 私たちは普段、体を動かしたり考えたりすることを意識せずに行っていますが、その背後には、それらを可能にする仕組みが備わっています。生命科学を学ぶことで、体の仕組みについて多くの知見を得ることができます。その仕組みはとても不思議で面白く、時には生命の営みの精巧さに驚くようなこともあります。
 薬学部では人を中心にとらえた生命科学を学べます。薬剤師をめざしているならもちろん、医療に関わる側面を重視した生物学や化学を学びたいと考えているなら、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 私は、実は高校生の頃は文系コースに進学していて、理系の研究者になることは全く考えていませんでした。たまたま当時の生物の先生が厳しくて、負けないようにと勉強しているうちに、生物に興味を持ち始め、結局理系で大学受験しました。大学に入学してから文系と迷うこともあり、理系と文系の両方を持ち合わせた教養学部を選びました。やがて生物系の研究室に入り、恩師が疾患の研究をしていたことがこの分野との出合いです。それからは、筋強直性ジストロフィーという病気や認知症などの神経内科関係の病気を一貫して研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

国立研究開発法人研究員/医薬品開発受託機関臨床開発モニター/培地メーカー品質管理/製薬会社MR/病院薬剤師

大学アイコン
紀 嘉浩 先生がいらっしゃる
明治薬科大学に関心を持ったら

 建学の精神:薬学の普及と社会に有用な薬剤師を養成し、医薬分業を実施し、もって国民の保健衛生へ貢献する。
 大学の理念:ソフィア(純粋知)とフロネシス(実践知)を兼備えた人材を育成する。
 大学の教育目標:1.薬物治療に責任を持てる薬剤師を養成する。2.強い探究心と洞察力を持つ、独創的発想力豊かな人材を育成する。3.柔らかな心と豊かな人間性を持った国際的に通用する薬学人を育成する
 オープンキャンパス(8月)、進学説明会(9月)、進学相談会(10月)等のイベントも実施!詳細は本学HPをご確認下さい。

TOPへもどる