夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09470

AI発展のカギになる? 他者の感情の理解を支える「多感覚知覚」

日本人と欧米人では非言語情報のとらえ方が違う?

 地下鉄のホームなど騒音のする場所で友だちと話していると、無意識のうちに相手の口元を見ていることがあるでしょう。これは聴覚だけではなく、視覚を組み合わせて発言を聞き取ろうとしているからです。このように、複数の感覚を組み合わせて脳の中で結びつけることを「多感覚知覚」といいます。
 コミュニケーションにおいて、人間は大きく2つの情報をやりとりしています。ひとつはセリフのような言語情報、もうひとつは声色や表情など、多感覚で受け取る非言語情報です。非言語情報の中でも声色と表情のどちらを重視するかは、国によって違いが見られます。例えば、声色と表情が矛盾する場面に遭遇した場合、日本人は声色で判断し、欧米人は表情で判断する、という実験結果が出ました。

年齢によって敏感な感覚は異なる

 感情を読み取る力には、年齢によって違いが見られます。声色と表情が矛盾している場合、5~6歳の子どもは主に表情で判断し、7~8歳以降になると徐々に声色も重視するようになることがわかっています。乳児期には聴覚が先に発達した後に視覚が追いつくように発達し、児童期になると再び聴覚が視覚に追いつくように発達する、というように、感覚は互いに競い合いながら発達していきます。ですから、それぞれの感覚が敏感な時期にその能力を伸ばすような教育を行うと、効率よく感覚を発達させることができるかもしれません。

多感覚知覚はAI発展の可能性を秘めている

 多感覚知覚の研究結果を応用して、AI(人工知能)が人間の心を読み取れるようにする研究も行われています。AIに視覚と聴覚に関する情報を別々に認識させる手法はすでに行われています。しかし人間のように、視覚と聴覚が矛盾する場面でそれらを結びつけて感情を推定する、という技術はあまり進んでいません。多感覚知覚の研究結果をAI開発に応用することで、人間の感情を読み取るような、より人間らしいコミュニケーションがとれるAIが実現するかもしれません。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

錯覚は視覚だけではない!?

アイコン

他者の感情を知る手がかり~表情編~

アイコン

表情の伝え方は国によってそれぞれ

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 認知心理学、基礎心理学

東京女子大学
現代教養学部 心理・コミュニケーション学科 心理学専攻 教授
田中 章浩 先生

先生の著書
メッセージ

 「心理学」と聞くと、カウンセリングなどの臨床心理学を想像すると思います。しかし、実験で心を探る認知心理学という分野もあります。統計の知識が求められることもありますが、数学が苦手でも不安に思うことはありません。私も高校時代は数学があまり得意ではありませんでした。
 認知心理学では、日常のちょっとしたことに疑問を感じて問題を発見できる感性がもっとも大切で、理系の知識はあとからついてきます。もしあなたが心そのものに興味を抱いているなら、一緒に認知心理学を勉強してみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 私が人間の心やコミュニケーションに興味を持ったきっかけは、子どもの頃に趣味にしていたコンピュータゲームの制作です。コンピュータはプログラムしたことは完ぺきにこなせますが、そうでないことには融通が利かないことに気づき、人間はどのように言葉を理解しているのか、ということに興味を持ちました。そこで人間の言葉を理解できる心の仕組みについて学ぶため、大学では認知心理学を専攻しました。現在は、将来的にコンピュータと人間が会話できるようになることを目標に、認知心理学や多感覚知覚の研究を行っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

電機メーカー研究員/大学教員/科捜研研究員/病院言語聴覚士/外資システムエンジニア/航空会社客室乗務員/テレビ局アナウンサー/広告代理店プランナー

大学アイコン
田中 章浩 先生がいらっしゃる
東京女子大学に関心を持ったら

 東京女子大学現代教養学部は、全学的に国際性、女性の視点、実践的学びを重視した教育を展開しています。100周年を迎えた2018年に「国際英語学科」「心理・コミュニケーション学科」を新設。また、国際社会学科に新たに「コミュニティ構想専攻」を設置しました。キリスト教精神に基づくリベラル・アーツ教育で自ら考え、知識や能力を行動へとつなげ、社会に出てからも学び続け、さまざまな問題を解決する力を身につけたリーディングウーマンを育成します。

TOPへもどる