夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09464

土木とは、まさに日本の国づくり!

土木がめざすもの

 あなたは「土木」と聞くと、道路工事や橋の建設を思い浮かべるかもしれません。土木というとそのような「もの」に目がいきがちですが、実はもっと大きな意味があります。そのような1つひとつのものづくりを通して、国土をつくり、国をつくっていくことそのものが土木なのです。そしてその目的は、世を治め困っている民を救う、「経世済民(けいせいさいみん)」です。土木とは、この国をよくしていくためにはどうすればいいかを考えて実践する学問なのです。

地震による被害を防ぐのも土木

 具体的な例を見てみましょう。例えば、南海トラフ地震と呼ばれる大きな地震がくると言われています。この地震が本当に来た場合、地震による建物の倒壊や、津波によって多くの被害が出るはずです。その場合の日本の被害総額は、巨大な地震が発生した場合は少なく見積もっても1,400兆円と言われています。しかし適切な対策をとることで、被害は減らすことができます。このような災害に対し、どのような対策をとればいいかを考えるのも、土木の重要な役割なのです。その意味では、土木は防災の考え方と近いところにあります。

東日本大震災から考え直す日本の土木

 また、日本の交通網が首都圏に一極集中していることも、土木の考えるべき課題です。首都圏に交通インフラが集中することで、人口が首都圏に集中し、結果として地方が過疎化し、疲弊していきます。実際、東日本大震災で被災した東北の沿岸部には、新幹線も通っておらず、高速道路もありませんでした。そこへ大津波が襲い、さらに痛手を負ったわけです。そこで、改めて東北の交通が見直され、復興道路がつくられることになりました。このように、社会の中にある偏りを是正するマネジメントも、土木の役割です。
 ちなみに、東北の自動車道には、冬になると凍結防止剤がまかれます。この凍結防止剤が鋼を腐食させ、コンクリートを劣化させる原因になります。そのような凍結防止剤に強い道路をつくる技術を開発するのも、もちろん、土木の役割です。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

文明のための工学

アイコン

防災の観点から~極めて残酷な自然

アイコン

自然に適切に手をかけていくこと

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 土木工学、地震工学

横浜国立大学
都市科学部 都市基盤学科 教授
細田 暁 先生

メッセージ

 あなたが生きるのは、激動の時代に違いありません。その激動の時代を生き延び、闘っていくために、ありとあらゆる能力を磨いてほしいと思います。勉強だけでなく、スポーツも芸術もです。
 そして一番大事なのは、感性を磨くことです。感性を磨くためには、一流のものに触れて、感じる機会を多く持つことです。最初はその価値がわからなくても、一流のものに触れることによって感性はついてきます。心がふるえるようなものに、たくさん触れておいてください。感じることがすべての基礎です。

先生の学問へのきっかけ

 私は大学で専門分野を決める際、実は消去法で土木の道を選びました。しかし、実際に勉強してみると、土木とは社会のための基盤づくりであり、国づくりあることがわかりました。時間的にも空間的にも大きなスケールを持っている土木の世界で、何をやりたいかははっきり決まっていなかったけれど、何かスケールの大きいことをやりたいと思っていた私に、土木はぴったりの学問でした。
 今では生まれ変わっても土木の道に進みたいというほど土木が大好きです。コミュニケーション能力を生かし、社会全体とつながりながら研究を進めています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

建設会社/官公庁/鉄道・道路・エネルギー事業者/建設系コンサルタント/計画系コンサルタント/建設材料メーカー

大学アイコン
細田 暁 先生がいらっしゃる
横浜国立大学に関心を持ったら

 横浜国立大学は、高い国際性と実践的な学問を尊重し、社会に開かれた大学をめざします。全学部の学生がひとつのキャンパスで学び、学部の垣根を越えた交流ができ、国立大学には数少ない経営学部も置かれています。新しい潮流を起こして21世紀の人類社会に貢献できるよう、社会からの要請を的確に把握し、国民から委ねられた資源を有効に活用しつつその活動を開放し、社会の期待に応えます。

TOPへもどる