夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09452

四国でIT、東京でアニメ……! 産業が集まり、地域経済が活性化する

経済地理学とは?

 地理学的立場から経済を考える「経済地理学」という学問分野があります。市町村や県といった小さな単位から、首都圏、日本、アジア、世界全体まで、さまざまなスケールでの地域を対象とし、そこから経済活動の空間的、地域的側面を調べていく学問です。
 地域について学ぶためには、対象の地域を分析するだけでなく、ほかの地域との関係や、より広い地域全体の経済動向や政策などについて幅広く分析する必要があります。例えば日本国内では、大都市に人やものが集まる一方、地方では過疎化が進んでいます。地方の過疎化問題は、大都市への人口集中が背景にあるなど、両者はコインの表裏のような関係にあり、双方について考える必要があります。

四国の山間部や漁師町にIT企業が集まる

 地方では過疎化対策として、一昔前までは、大企業を誘致し、雇用や産業を生み出すという方法がとられていました。しかし、そうした企業や工場は、さらに人件費や土地代が安い海外に進出してしまい、いま地方は危機にさらされています。
 一方、元気な町もあります。例えば徳島県の神山(かみやま)町や美波(みなみ)町では、2010年頃からIT企業を中心にサテライトオフィス(本部から離れたオフィス)を誘致して地域づくりに生かしています。徳島県では、山間部も含め、ほぼ全域で光ファイバー網が整備されていたという下地があったとはいえ、こうした動きは注目されています。

金属加工にアニメも

 昔から特定の産業が集まり、地場産業のまちとして発展してきた場所もあります。愛媛県今治(いまばり)市のタオル、新潟県燕(つばめ)市の金属洋食器などです。東京にも地場産業的なものはあり、大田区の金属加工、台東区や墨田区のファッション製品(靴、バッグ、ニット)など、ものづくりの中小企業が集まっている地域があります。また練馬、杉並、武蔵野といったエリアには、アニメの制作会社やスタジオが集まるようになりました。こうした場所では産業を中心としたコミュニティが生まれ、地域全体に活力をもたらしています。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経済地理学

成蹊大学
経済学部 現代経済学科 ※2020年4月開設 教授
小田 宏信 先生

先生の著書
メッセージ

 「経済地理学」は、地理学の一分野であるとともに、経済学の一分野でもある学問です。現場を歩きつつ、自分の体で地域の経済状況を感じ取りながら、それを理論やモデルを使って概念化していきます。
 地理や旅行が好きな人はもちろんですが、研究過程ではマニアックな要素が求められる場面も多く、打ち込める何かを持っている人に向いていると思います。また、実際のフィールドワークでは、現場を訪れ、さまざまな人と話をするので、コミュニケーション能力も重要です。人間味のある経済地理学を、一緒に勉強しませんか。

先生の学問へのきっかけ

 両親が旅行好きで、小さい頃からいろいろな場所に連れて行ってもらいました。地域の様子が変わっていくということに無意識のうちに興味を持っていたのかと思います。乗り物系の趣味にも没頭していました。そういったこともあって、中学や高校の地理の授業は大好きで、先生方からの影響で地理学の道を志しました。経済学への興味は、大学入学後に芽生えました。在学中、京都の友禅染の工房でアルバイトをしていたのですが、近隣の取引先の人が頻繁にやってくるのを見て、地域の中での取引構造やお金の流れに関心を持ち、研究を始めました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教員/中学・高校教員/公務員/銀行員/不動産/建設/IT企業

大学アイコン
小田 宏信 先生がいらっしゃる
成蹊大学に関心を持ったら

 成蹊大学は、経済学部※・経営学部※・法学部・文学部・理工学部からなる総合大学です。文系・理系のすべての学生が4年間、緑豊かな吉祥寺のキャンパスで過ごすので、所属学部以外の友人との交流や学年を越えたネットワークづくりも可能です。また、先生との距離が近く学生一人ひとりの個性を尊重する少人数教育やキャリア教育が充実しています。さらに、2020年度より、各自が自分の興味関心やニーズに沿った学習を進められるよう副専攻制度を設けます。詳細は成蹊大学ホームページをご確認ください。 ※2020年4月設置構想中

TOPへもどる